ブログ

院長のブログです。

ブログ一覧

肉を食べないと病気は治らない

こんにちは、秋澤順一です。

 

肉を食べないベジタリアンの人って結構世の中にいるんですよね。

うちの患者さんの中にも肉や魚を食べない方って本当に多いんです。

 

年配の方なんかは、肉を食べる事に罪悪感があるみたい。

 

コレステロール値が上がってしまうとか、中性脂肪があがってしまうとか。

でも、お肉も体を作るのに重要な栄養素なんですよね。

 

 

開業したての頃、千葉から来てくれる、70歳前後のご夫婦がいらっしゃいました。

 

千葉でも、南の方にお住まいだったので、当院に来るまでは電車で3、4時間かかる距離でした。

 

かなり遠くから来て頂いたのですが、月に1回ぐらいきて、4回ぐらい通っていただいたかな。

 

でも、肩こりだったり、腰痛だったり、少しは変化したかなぐらいで、ほとんど良くならなかったんですよね。

 

そしたら、4回目の帰りに突然怒り出したんです。「もう何回も通っているのに一向によくならない!」って。

 

物腰の柔らかいご夫婦だったのに、突然文句を言われたことにビックリしましたが。

 

でも、なんで良くならなかったのか原因を探らなければいけない。施術は完璧で問題はない。他に問題があるはず、だからご夫婦の食生活を聞いたのです。

 

すると、二人とも肉は全く食べないそう。魚も週に1回ぐらいお寿司を食べる程度。タンパク質と呼べるものは豆腐や納豆を食べる程度なんだそう。

 

この時は、腰痛や肩こりが良くなっていかない原因が肉や魚を食べない事だとは思ってもいませんでした。

 

しかし、この日を境に痩せている人には食生活を聞いて、肉を食べていないようだったら肉を食べるように進めるようにしたのです。

 

すると、効果はてきめん。うちに通っていた年配のお父さんや、高校生、主婦など単に施術を受けるだけより、顔色がよくなり、肌につやが出て、症状が一気によくなったのでした。

 

肩や腰の痛みだって、たんぱく質が足りなかったら治っていかないのです。

 

なぜなら、傷んだ細胞が生まれ変わって、新しい細胞が作られてこなかったら痛みもなくならないから。新しい細胞を作るのに大量のたんぱく質が必要なのです。

 

摂取するたんぱく質は肉系の物がよいと言われています。それは植物系に比べてすぐに筋肉になるから。

 

しかも、魚より肉の方がいいそうです。

 

NHKの放送でも、もう何度も放送しています。肉を取らないで、魚をメインにしている高齢者に骨粗しょう症が多いという話。もう、膝が痛くなって歩けない人がいっぱいいるんだそう。

 

みんなテレビを見たりしないのかな、本当にお肉を食べない人が多いです。

 

最近の本なんかでは、体に必要な一日のお肉の量は200gという人もいます。

 

200gとは肉を食べない人には結構な量でしょうね。

 

魚だったら、サンマを5匹食べなければいけないんだそうです。こっちの方がもっと厳しんじゃないかな。

 

お肉は苦手だよ~と言う人は、玉子でも構いません。一日に玉子1個、もしくは2個食べても構いません。

 

私は2個食べるようにしています。

 

故森光子さんなんかは、玉子を1日3個食べていたなんて話もありました。

 

玉子の食べ過ぎがコレステロールを上げるという話は過去の話。最近の研究では玉子を毎日食べても大丈夫となっています。

 

ベジタリアンの人、肉を食べない人、食べても量が足りていない人、こういった方達は本当に具合が悪いです。

 

肩こり腰痛、内臓系の病気、精神的な病気。全ての病気の元がたんぱく質不足といっても過言ではないくらい。

 

体に不調を抱えている方は、まずは食生活を見直して見てはいかがでしょうか?

 

ではでは。

 

なぜカイロプラクティックでやせるのか?

こんにちは、秋澤順一です。

 

肩が痛かったり、腰が痛かったりしてくるうちのお客さんですが、施術を受けてから半年後ぐらいに、たまにある報告を頂く事があるんですよね。

 

その報告というのが、「ダイエットをしたわけではないのに自然とやせた。」という。

 

いままでに自然にやせたという方が結構いるんですよね。そうなんです、カイロプラクティックってダイエットにも効果があるんです。

逆に、うちに来てから太ったという方も結構いるんですよね。はて?どういうこと?やせたり、太ったり?

 

実はカイロプラクティックを受けると、太っている人はやせて、やせている人は太っていくんです。

 

ようは、適正な体重になるんですよね。

 

では、なんでカイロプラクティックで体重が変化していくのですしょうか??

 

人のあらゆる病の原因は首の第一頸椎にあります。第一頚椎は脳と体をつなぐ関所のようなもの。

 

この第一頚椎がズレてしまうと、頚椎の中を通っている神経(脊髄)が押しつぶされて、脳と体を行き来する神経の流れが悪くなってしまうのです。

 

神経の流れが悪くなってしまうと様々な病気を引き起こすわけ。

 

例えば肥満なんかもそう。

 

脳と胃は神経でつながっています。

 

ご飯を食べて、胃がいっぱいになると、胃から脳に、「もう胃の中が食物でいっぱい」という信号が神経を伝わって脳に届く。すると脳にある満腹中枢が刺激され「お腹がいっぱい」という満足感を得る。

 

そして、食べる事を止めるわけです。

 

しかし、第一頸椎のズレによって神経の流れが悪くなると、胃からの信号が、第一頸椎の所で止まってしまい、脳まで届かない。

 

すると、胃には十分な食物で満たされているにも関わらず、脳がまだお腹がすいていると判断し、通常よりも多く食べてしまう。そして肥満となるのです。

 

ですから、第一頸椎のズレを取って、神経が100%流れるようになれば、通常の食事量で、胃から脳に正常な信号が届き、満腹感を得られるようになる。

 

肥満の人が通常の食事量になれば、自然とやせていくのです。

 

なぜなら、肥満の人は、体重が重い分、通常の人に比べ多くのカロリーを必要とする。だから通常の食事量になるとカロリーが足りないので自然とやせていくのです。

 

カイロプラクティックで第一頸椎のズレを取ったら、食事制限をしたり、炭水化物を抜いたりする必要は全くありません。

 

自分の食べたい物を、食べたい料だけ食べればいいのです。それが通常の量になる。そしてやせて行く。

 

適正体重までやせたら、そこでストップ。通常量の食事を取っていれば体重維持となるのです。

 

 

ただし、カイロプラクティックを受けても、やせない人たちもいます。というか、やせない人たちの方が多いかな。

 

なぜなら、お酒を飲む人は痩せません。せっかく、第一頸椎のズレを取って神経が流れるようにしても、アルコールが脳や神経を妨害して、いくら食べても満腹にならない。だから、たくさん食べて太ってしまう。

 

お酒を飲む人は痩せて行かないですね。私もそうですが。。逆に私の場合は禁酒をすれば自然とやせて行きます。

 

そして、もう一つの原因がストレス。やっぱり、ストレスがあると、脳や神経の働きを妨害してしまい、食事量が増えてしまい、やせられない。

 

逆に食事量が減る人もいますけれどね。

 

第一頚椎のズレを取り、お酒とストレスがなければ、やせられます。

 

ではでは

 

 

 

 

著書の増刷が決定!

こんにちは、秋澤順一です。

 

今日の東京は、今シーズンで一番寒いそうです。ブルブル

 

 

風邪などひかないよう温かい格好で過ごしましょうね^^

 

そうそう、出版社から連絡がありました。

 

我々の著書、「手づくり枕整体」の増刷が決まりました!

パチパチパチ

 

出版社としては増刷出来ると、その本での収益が黒字になるそうで、増刷されるかどうかが、その本の成功を現す目安になるそうです。

 

いや~よかった、とりあえず成功ということで。

 

せっかく出版社の人が苦労して作ってくれたのに赤字じゃ困っちゃいますよね。よかったよかった。

 

そして、今までは地方の新聞に広告をちょこちょこと掲載してくれていたのですが、今度、全国紙の毎日新聞に掲載してくれることになりました。

 

掲載予定は1/15(火)発行の毎日新聞だそうです。

 

ちなみに広告はこんな感じ。

 

今までは地方の人が新聞広告を見て本を買ってくれていたけど、今度は東京の人も新聞広告を見る事になるので、東京の人も本を買ってくれるといいな。

 

さらに、毎日新聞は地方紙に比べて発行部数が数十倍はあるので、一気に本が売れるといいんですけど。

 

さて、どうなることでしょう。

 

ではでは

 

2019年1月10日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

私のダイエット方法

明けましておめでとうございます、秋澤順一です。

 

2019年、新しい年になりました。当院も1/4日から営業を再開しております。

 

といっても、そんなに長く休めなかったかな。4連休ぐらいでした。

 

お客さんに話を聞くと、9連休だったり、結構長い休みが取れた方が多いようですね。

 

皆さんは年末年始ゆっくり過ごせたでしょうか?

 

正月と言えば気になるのが体重です。年末年始の食べ過ぎで、毎年3キロぐらい太っちゃうんですよね。

 

そして、なかなか体重を戻すことが出来ず、1年ぐらいかけて3キロを落とすといった感じ。

 

これが私のいつものパターン。

 

結局、1年間のほとんどを理想の体重よりかなり重く過ごしているのです。

 

もちろん健康診断でも毎年引っかかります。

 

毎年、肥満と判定され、ダイエットを試みる感じ。

 

でも今年は違います!

 

お正月に、体重が1キロしか増えなかったのです。

 

というのも、最近お酒をかなり控えています。

 

例年だったら、12月に入ってから1月の終わりぐらいまで毎日お酒を飲んでいるのですが、今年は、平日はほとんどお酒を飲まず、年末年始も、クリスマスに2日、正月前後に4日飲んだぐらい。

 

お酒を飲まないと食べる量も普通になり、太らないんですよね。

 

私のダイエット方法は禁酒をする事。

 

1ヶ月ぐらい禁酒すると自然と2キロぐらい痩せます。

 

お酒は体に悪いですよという本を出した手前、今年はお酒の量を減らそうかな。

 

今年の目標はお酒の量をかなり減らして、体重を5キロぐらい減らすこと。身体測定で、肥満と判定されないように頑張ります!

 

ではでは。

 

 

妻がうつ病を改善した方法

こんにちは、秋澤順一です。

 

前回、私がうつ病を改善した方法を書きました。私は、パキシルなど、うつ病の薬を飲んでいましたが、それを徐々に飲む量を減らして行く事で、うつ病をなおした。

 

詳しくは前回のブログを読んでね。

 

一方、妻もうつ病を改善しましたが、私とは違う方法でうつ病を改善したのです。今回はその方法を紹介しましょう。

 

妻は結婚してすぐぐらいだったかな、うつ病を発症し、薬を飲むようになりました。

 

まだOLをしていて、品川の天王洲まで通っていました。

 

天王洲までは実家からだと40分ぐらい、結婚して国分寺に住むようになってからは1時間半ぐらい通勤にかかりました。

 

この通勤時間が長くなったことが、うつ病になったきっかけでした。

 

でも、今になってよくよく考えてみると、20歳ぐらいからうつ病だったんじゃないかなと思います。でも、薬を飲むようになったのは結婚してから、28ぐらいの頃からですかね。

 

妻は通勤時間の長さで、完全にうつ病になってしまいました。あるときは、会社から電車に乗って帰ってくることが出来ず、途中の駅で下車してホームで泣いていたこともあったようです。

 

あるときは、途中の駅で保護されて、医務室で寝ている所を私が車で迎えに行ったこともありました。

 

そして、さすがにこれは可哀そうだということになり、会社を辞めて家で専業主婦を始めたのです。

 

専業主婦の仕事だけでも、うつ病のときはつらそうでしたね。

 

私が会社から帰ると、「料理が作れない」と言って、包丁を握りしめたまま、台所でしゃがみこんで泣いている時もありました。

 

あるときは、パソコンのメールが使えないと、泣いて電話が掛かってきたりして、もうメチャメチャでした。

 

そんな時、私は首の痛みで会社を休職し、二人で家に引き込まる事になったのです。

 

そして、首だけを1回調整するカイロプラクティックを受けたのでした。

 

私の首は何とか改善し、会社へ復帰する事が出来ました。

 

妻も肩こりや腰痛などはある程度改善したのですが、うつ病だけはどうしても治らなかったんですよね。

 

そんなん時、カイロプラクティックはガン以外何でも治るはずなのに、何でうつ病は治らないんだろう。

 

カイロプラクティックのおかげで体は歪んでいないのに、どうして妻は治らないんだろうと考えました。3ヶ月経っても半年経っても改善しませんでした。

 

そして、考えました。きっと、うつ病の薬を飲んでいるから治らないのではないかと。

 

ある時、医者に相談することもなく、うつ病の薬を飲むのを止めることにしました。

 

すると、翌日から大変なことに。

 

頭は痛いは、めまいはするは、薬を止めた事による解脱症状が激しく出たのです。

 

幻覚は見るし、悪夢も見るし、寝ているあいだも、大騒ぎ。夜中に突然起きて、壁に向かって話している事が何度もありました。

 

妻を隣で見ていて、本当に苦しそうでしたね。

 

でも、薬を再び飲むことをしませんでした。頭が痛かったり、めまいがしたり、具合が悪いのでただひたすら寝込んでいました。

 

そして、2週間が経過した頃、突然、うつ病がパッタっとなくなったのです。

 

頭痛やめまいも一切なくなりました。幻覚や悪夢も見ることもない。2週間で気分がスカッとしたのでした。

 

それからはすっかり体調が良くなり、しばらくしてOLに戻りました。

 

結局、うつ病の薬が原因でうつ病が治らなかったということ。

 

カイロプラクティックを受けて治らなかった場合は、薬が原因という事なのです。

 

私は、うつ病の薬を徐々に減らして行く方法で、最終的には薬を止めました。

 

一方妻は、薬を突然止めるという方法をとりました。

 

どちらの方法を選ぶにしても薬を止めるのは本当に大変です。

 

でもどのような方法でもいいので、薬を止めないとうつ病は治らないということがはっきりわかりました。

 

当院へ来たあるうつ病の患者さんも、妻をマネして薬を突然止めた事があります。

 

その方も大変でした、具合が悪くなって大変だったみたいです。うちが休みの日の朝の5時に電話が掛かってきて、「具合が悪いから今から見てくれ!」と言ってきたこともありました。

 

もう、頭は痛いし、目まいはするし、幻覚も見たりで解脱症状で頭がおかしくなっているんでしょうね。こっちの都合何て関係ない、もう大騒ぎでした。

 

でも、2週間後にうちに来ると、うつ病がすっかり良くなったと報告をいただいたのです。

 

この方も、薬を止めてからピッタリ2週間で良くなったとおっしゃっていました。

 

もう一人か二人いたかな、薬をいきなり止めた人。その方もピッタリ2週間で良くなったそうです。

 

この件があってから、患者さんに薬をやめるように言うのは控えるようにしています。うつ病の薬を突然止めると本当に大変なことになりますので。

 

睡眠薬だったらいいですけれどね、眠れないだけで死ぬことはないですし。うつ病の薬は解脱症状がきつ過ぎるので、お医者さんに任せるようにしています。

 

うつ病で悩んでいる方は、お医者さんに相談して、徐々に薬を減らして行く事をお勧めします。

 

ではでは。