施術者紹介

院長

秋澤 順一

1973年10月16日生まれ 長野県出身



大学卒業後、日本ヒューレットパッカード、凸版印刷などの
会社を渡り歩き、14年間会社勤めをする。

しかし、33歳の時、頚椎ヘルニアで働けなくなり、会社を休職。同じ時期、妻もうつ病を悪化させ会社を退職。2人して働けなくなり家に引きこもって夫婦で寝たきりの生活をするはめに。

お互いに病院に行っても、整体院や鍼灸院に行っても治らずこのまま治らなかったら二人とも仕事も出来ず、生活保護になってしまうと途方に暮れたまま毎日を過ごす日々。

そんな時、都内で首を1回施術してあとは8時間寝るだけというカイロプラクティックに出会う。そして、奇跡的に2人して病から生還し会社に復帰。

その後、治していただいたカイロプラクティックの先生は高齢で後継者がいない事を知る。

先生が引退してしまったら、誰が自分たちを治してくれるのか?この素晴らしい技術は後世に残さなければ行けない!と立ち上がり、2人で師匠に弟子入りし3年間カイロプラクティックを教えてもらう。

会社を辞め日本鍼灸医療学校で生理学と解剖学を勉強したのち国分寺で「チョップ整体院」(現在のアキサワ東京カイロプラクティック)を開業する。

最初の1年は患者さんが全く入らず、苦しい生活をしいられたが、面白い名前の店名と、1回で治ってしまうという患者さんの評判から、開業1年目からプロレスラー大仁田厚さんとの雑誌での対談やラジオへの出演。

開業2年目にはテレビ東京の「もやもやさまぁ~ず2」、TBSの「Gメン99」など2度のテレビ出演を果たす。特に「Gメン99」ではレポーターの方の腰痛を1回で治してしまう映像が放送され、その後最長で予約9ヶ月待ちの治療院となり、全国からどこへ行っても治らないという重症の方が多く訪れるようになった。

テレビに出演する為に「チョップ整体院」というユニークな名前を付けたが、今ではテレビへ出演する役目を果たしたので「アキサワ東京カイロプラクティック」と普通の店名に変更し、世の中の病気で困っている方達を助けている。


秋澤 順一の過去の病気

不眠症、うつ病、頸椎ヘルニア、肩こり、潰瘍性大腸炎、股関節痛、足首の痛み、花粉症、高血圧、冷え症など 

これらの病気全てを自分のカイロプラクティックで治しました。



院長(当時41歳)の潰瘍性大腸炎が治りました!

潰瘍性大腸炎とは国から難病指定されている病気の1つで治る事はないとされています。治る事はないので、国から治療費の補助がもらえます。

潰瘍性大腸炎は大腸にビランと呼ばれる炎症が現れる事が特徴。施術前の写真はビランと呼ばれる炎症が直腸全体に広がっていますが、施術後の写真ではビランが全くなくなって、きれいな大腸になっています。

潰瘍性大腸炎の症状である下痢や血便は施術後3ヶ月ほどでなくなりました。

ただし、ビランと言われる炎症が完全になくなるまでには4年ほどかかりました。最後はお酒とカフェインが原因だったようで、それらの物質の摂取をやめたらしばらくして完全に治りました。

国から難病指定されている、病院では治らない病気も当院では施術の対象となります。

副院長

あきさわ かずみ
1976年8月14日生まれ 横浜出身





大学卒業後、広告代理店にて経理、JALグループ年金基金にて年金経理を担当、27歳で結婚し国分寺で生活を始める。

小学校時代から続く頭痛、高校時代から時々発症するぎっくり腰と病院へ行っても原因不明と見放され、長い間病と闘う事に。

さらに25歳の時、実家で飼っていた愛犬が他界、ショックのあまり右耳が聞こえなくなる突発性難聴と、めまいを度々起こすようになる。

さらに極めつけは、結婚後、国分寺から1時間半かけて会社のある天王洲アイルに通勤する事が原因でうつ病を発症。不眠やパニック症などもともなって働けなくなり会社を退職。専業主婦となることに。

その時、夫と同じ都内のカイロプラクティック院でうつ病やそのほか全ての病を治してもらう。

肩こりが全くない世界というものがある事を初めて知り、これを多くの方に知ってもらいたいと思うようになった。

そして、夫と共に治していただいた先生に弟子入りし3年間カイロプラクティックを勉強する。

もともとカイロプラクティックや開業する事に興味はなかったが、夫がカイロプラクティックを始めたいということで何となく一緒に勉強した。当然何となく始めた事なので、理解も遅れがちで技術的にも夫より劣っていた。

ところが、開業当初は夫の手伝いをするような形だったが、経験を重ねるうちにメキメキと頭角をあらわし、枕調整の技術や触診などの技術は夫を超えるようになった。

今では患者の体に触れずに、体の歪みをミリ単位で計測する技術を身に付け、この技術は日本で彼女一人しか出来ない。また、触っただけで神経の流れを見極める技術は日本で師匠と彼女の二人しか出来ない。

検査の技術は彼女が日本でナンバー1であると思われる。

健康と美容に関する興味は多岐にわたり、月間20冊以上の本を読んで常に知識を高めている。最近では健康と美容には食事が大切であることを実感し、食事に関する研究を進め、アドバイスを行っている。



過去の病気

頭痛、肩こり、腰痛ヘルニア、ぎっくり腰、子宮内膜症、PMS、ニキビ、肌荒れ、突発性難聴、めまい、メニエール、高血圧、脚のむくみ、花粉症、低体温、冷え性、飛蚊症、不眠症、パニック症、うつ病など

これらの病気全てを自分のカイロプラクティックで治しました。

副院長(当時36歳)の腰椎椎間板ヘルニアが治りました!

施術前の写真を見ると背骨が右の方に傾いていて、体が歪んでいます。そして、矢印部分の腰椎4番と5番の間が狭くなっていて、椎間板が飛び出しているヘルニアの状態になっています。

それが、施術後の写真では、背骨が真っ直ぐになり体の歪みが取れました。さらに腰椎の4番と5番の間が広くなり、飛び出していた椎間板が元に戻りました。



ラジオ番組に出演

渋谷クロスFMのラジオ番組に出演しました。

番組のタイトルは「ザ・エミリーの世界につなげよう・JOIN US」

ラジオですが、放送の様子をYoutubeで流しています。本人が出演した部分だけを編集しましたので動画をご覧ください。