カフェイン・アルコール抜き大実験5

暑い、とにかく暑い!ここ数日、東京は35度以上の猛暑日が続くこと、続くこと。まだ7月だというのに何ってこった。明日からの8月がどうなることやら、おそろしいかぎりです。

久々にカフェイン・アルコール抜き大実験の続きです。

実はまだカフェイン・アルコール抜きを2週間達成していないんです。
というのは、どんなに気を付けていても、知らぬ間にアルコールなどを取ってしまうんですね。。

例えば今までどんなものがダメだったかというと。

◆家で作って食べた、野菜炒め、中華丼
野菜炒めや中華丼に料理酒を入れて食べましたが、アルコールはとんでいないようです。
アルコールは60度以上で蒸発するので大丈夫とよく言われていますが実験した感じでは完全に蒸発させるのは難しいようです。
野菜炒めなどで完全に液体が無くなるまで、料理酒を蒸発させれば大丈夫ですが中華丼のあんなど、液体に料理酒を入れた場合はどうしてもアルコールが残るようです。

◆レストランで食べたハンバーグ定食
ハンバーグのデミグラスソースに入っている赤ワインがダメでした。

◆鳥のから揚げ定食
からあげにかかっていた甘酢に料理酒が入っていました。

◆家で口にした、オイスターソース、焼き肉のたれ、ポン酢のようなたれ
これらの調味料にも、原材料には書いていないのにアルコールが含まれているようです。

◆サーティーワンのホワイトチョコのアイス
黒いチョコは食べないように警戒していましたが、うっかり白いチョコの入ったアイスを食べてしまい、カフェインを取ってしまいました。

◆道ですれ違う人が吸っているタバコ、副流煙
他人が吸っているタバコには5回ぐらいやられました。喫煙所などで吸っていてくれたら、息を止めて喫煙所の前を歩くなど注意する事が出来るのですが、歩きタバコだけは気を抜いて歩いていると、ふとタバコの臭いがし手遅れとなってしまいます。その度に実験は失敗となり、岩盤浴へ再度行くはめに、本当に歩きタバコをしている人に怒りを覚えます!!

また、実験は失敗か~、また岩盤浴へ行かないといけないのか~というがっかり感は相当すごいです。それが、他人のタバコとなると本当にこのがっかり感をどうしていいやら、この怒りを誰にぶつけたらいいやら。

今まで意識していなかったのですが、世の中こんなにも歩きながら煙草を吸っている人が多い事に気づきました。

これらのように、カフェイン・アルコール・タバコを体に入れてしまうと、私の場合は1分ほどで首が固くなってきて、顔が赤くなってきます。また、古傷の足首も痛くなってくるので、すぐにこれらの毒を取ってしまったと気が付きます。

また、妻の場合はこれらの毒を取ると、私ほどではありませんが、少し首が固くなります。それと、耳が詰まるような感じになり、少し頭痛が起こるのと、腰が痛くなってきます。

妻の場合は、これらの毒を取り入れても早い時は1時間ほどで症状が消えたり、遅くても夜寝て朝起きると症状は消えているようです。(自分で解毒しているのかも)

私の場合は岩盤浴へ行くまでは首が固いままでいます。とはいっても、昔の頸椎ヘルニアで苦しんでいた時ほど固くなったり、痛くなったりすることはありませんが。

ということで7月末の今現在、いまだにカフェイン・アルコール・タバコ抜き実験2週間は達成しておりません。

夏はビールがおいしい絶好のシーズンです。実験もうまく行かないし、とりあえずお盆まではビールを飲んで楽しみたいと思います。実験はそれまでお休みです!夏のビールに乾杯!!

妻は何気にカフェイン・アルコール抜き2週間を何度も達成しているので、妻の体がどうなったかを次回のブログで紹介します。

コメントを残す