カフェイン・アルコール抜き大実験6

そうそう、今日は「足を組んだ方が体に良い理論」をホームページ上に公開しました。

当院に来られたことがある方だったら、常識ですよね、足を組んだ方がいいって。

足は組んではいけないなんて、世の中の常識が間違っている!そんな世の中に一石をとうじてやろう!常識をくつがえしてやろう!!

ということで、がんばってホームページを作って見ました。これで、世の中の常識が変わるのかな!?というより、そもそも誰か読んでくれるのかな??

よろしかったらせっかく作ったページなので読んでみて下さい。

足を組んだ方が体に良い理論~足を組むには理由があった~

今日は久々に皆さまお待ちかねのカフェフィン・アルコール抜き大実験のお話です。

今年の1月、2月くらいから実験を始めて、私はまだ2週間を達成していませんが、妻は何回も2週間を達成しているんです。

長い時は1ヶ月ぐらい達成していたかも。

そんな、妻がカフェイン・アルコールを抜いて何が変わったかを紹介したいと思います。

この実験を始めたきっかけは、私の事もありますが、妻の腰があまり調子が良くない事も発端でした。

妻が初めて腰痛ヘルニアになった時、当院の技を使ってヘルニアは治り、すぐに楽にはなったのですが、完全に痛みが取れるまでには半年ぐらいかかったんです。

そして、靴下の重ね履きをしたせいで2回目のヘルニアになってしまったのです。

その時の話はこちらから

さらにその3ヶ月後、ヘルニアが治って腰が楽になってきた、と思った時にすっっってーーーんと転び、腰痛を再発。その時は普通仙骨は下を向いているのに、仙骨が90°内側へ折れ曲がってしまい、ほとんど交通事故並みに悪い状態。

そこからも何ヶ月かして腰も仙骨も良くはなったものの、何か腰の調子がいまいちだな~という生活を送っていたのです。

当院の技を使えば時間はかかるけど、いつかは完全に治る事が分かっていたので、安心はしていました。

でも、妻の場合は一度腰を痛めると、半年ぐらい治るのに時間がかかるんですよね~

患者さんの中には、腰が痛くても、施術を受けて翌日から全く痛くないよ~~という人もいるし、施術を受けてから2週間ぐらいしてから全く痛くないよ~~

という人もいる、何でみんなこんなに早く治るんだろうとうらやましく思っていました。

そこで、アルコールとカフェインを完全に抜いたらすぐに腰が全く痛くなくなるのではという仮説を立てこの実験を始めたのです。

妻も実験当初はアルコールとカフェインを抜くのに苦労しました。

レストランでうっかりお茶を飲んでしまったり、外で食べたハンバーグのデミグラスソースにアルコールが残っていたり、うっかり試食用に配っていたクッキーを食べるとチョコレートが入っていたりと、何回も失敗し、その度に岩盤浴に行きました。

そして、妻の場合は実験を始めてから2ヶ月ほどで、アルコール・カフェイン抜き2週間を達成したのです。

その結果、腰の痛みが全く無くなりました!おめでと~~!!

約1年前の2回目のヘルニアから、途中転んだりした事も影響していますが、中々完治するまでには至らなかったのに、岩盤浴に入ってカフェインとアルコールを2週間抜いただけで腰の痛みが全く無くなったのです。

そして、完全に腰の痛みが無くなってしまえば、その後はカフェインやアルコールを飲んでも腰は多少おかしいかなという感覚はありますが、痛くなる事は無くなりました。

一度治ってしまえば、アルコールやカフェインを飲んでも多少は悪い方向へ戻りますが、以前の状態ほど悪い状態に戻る事は無いようです。

カフェインやアルコールを抜かなくても、当院の施術を受ければ、皆さん治っていきます。

でも、当院の施術を受け、アルコール・カフェイン・タバコ・薬を同時に抜くと、治るスピードが早くなるようです。

これまで施術してきた経験から、アルコール、カフェイン、タバコは口に入れませんという方はものすごく治るスピードが速いですね。

まだまだ、カフェイン・アルコールについては書きたいことがあるので続きます‼!

コメントを残す