潰瘍性大腸炎&ポリープ

新年明けまして、今年もよろしくお願いします。

去年は震災で多くの犠牲者が出てしまった為、新年のあいさつや年賀状に「おめでとう」の言葉を使わない方がいいという意見が世の中にあるようで、このような出だしにしてみました。

年明けに初めて会う親戚や学校の方々にも「おめでとう」の言葉を意識して使わなかったんだけど、何かしっくりこないのね。今年のスタートはおとなしく、おごそかに始めましょう。

ということで、前回の健康診断の話の続きから。

3年ほど前の会社の健康診断で、血便で引っかかってしまった。そういえば、数年前から血便は時々あったな~ひどい時は血便というより、血だけがブブーとお尻から出る事もあったりして。。結構まずいんじゃないかと思って、気にはなってたんだよね~

血便の場合は大腸に何か問題があるという事で、会社の診療所より強制的に大腸カメラを受けるようにと指令が出てしまった。

そして、検査を受け、結果を聞いて驚いた。潰瘍性大腸炎とポリープが1つありますとの事。初めは潰瘍性大腸炎なんて名前を聞いた事がなかった。

医師から説明を受け大腸の写真を見せてもらうと、確かに大腸は赤くただれてトロトロになり、あちらこちらで血がにじんでいる。ポリープもひょっこり顔を出し、こんにちはしているし、うううっーーショック!

「潰瘍性大腸炎は国から難病指定されているので、申請すれば治療費が全額出ますので安心して下さい」だって。難病と聞いて安心できるか!!!

家に帰って、潰瘍性大腸炎について調べてみると、ひどい人はお腹がとてつもなく痛く、流動食しか食べれず、どんどん痩せ細って行く病気なんだそうだ。良くなったり悪くなったりを繰り返し、入退院を繰り返すそうだ。いやいや参ったね~~

ポリープだってどうすんだよ、俺はまだまだ30半ばだで><

結局、潰瘍性大腸炎もポリープも治るものではなく、悪化してガンになっていない事を確認する為に、年に1度、大腸カメラの検査を行はないといけないという事でした。

身体はもうボロボロ、50代だねこりゃ。。

ワンワン

コメントを残す