カフェイン・アルコール抜き大実験 カフェインの悪

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

私が実験している、カフェイン・アルコール抜き大実験ですが、

詳細は過去記事で
http://ameblo.jp/kameichi13/theme-10094026527.html

本日カフェインが体に与える影響について日経新聞に掲載がありました。

さらに、日経電子版に詳細が書かれています。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO95861590X00C16A1000000/

新聞によると、カフェインの摂取のし過ぎは、不眠、下痢、頭痛の原因になり、最悪の場合は死に至るそうです。

そして、カフェイン摂取の適正量は体格によって異なり、細い成人女性だと缶コーヒー1本で超えるとうです。。

なんだか怖いですね。

最近、私の周りではカフェインをやめる人も増えてるんですよね。私がブログを書いているせいかな!?

新聞には不眠、下痢、頭痛と書かれていますが、カフェインの本当の怖さはこれだけではないんですよ。

カフェインの本当の怖さは神経に影響を与えて、筋肉を固くすることなんです。生理学の教科書にも小っちゃく書かれているのですが。

筋肉を固くすると、首こり、肩こり、腰痛など様々な症状を引き起こします。

さらに、内科的病気、精神的病気の原因の一つになっている場合があります。

この症状が出る場所が人によって違ってくるだけなのです。

俺は健康だよーという人も、首がこったり、腰が痛かったりしませんか?

もしかしたらそれはカフェインのせいかもしれません!

でも、カフェインを抜くの大変なんですよね~

およよ

コメントを残す