もはや芸術が理解できない件

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

GW真っただ中、あ~休みって本当にいいですね

私たちも営業日通りですが、昨日から3連休!

遠出の予定はないのですが、ちょっとリフレッシュしようかなと思います。

そこで第一弾として、昨日は生け花の展覧会に行ってきました。

龍生派創流130周年 記念展”RYUSEI IKEBANA JAPAN

というイベント。

普段あまり生け花を見る機会がないのですが、母が生け花をやっていて、展覧会のチケットをくれたので、行ってみる事に。

場所は渋谷のヒカリエ。とにかく人がすごい。

お花業界の人ってこんなにいるのかというぐらい。

全国から関係者やお花ファンが集まっていました。

さすがに一大イベントのようで、私が見てもハイセンスなお花たちが並んでします。

さらに近未来を創造させるような変わった生け花も多数。

生け花って、ただ植えるだけではないんですね。

いろいろなアイディア満載の生け花たち。

でも中には私には理解出来ない生け花も。

さといもが並べられている。。

これも芸術だよね(@_@)

さらに。

プチプチの梱包材に包まれている(@_@)

梱包材を取り忘れたのかな??

でもデザインて、人によって良いという人もいれば、悪いという人もいますからね。

最近ではオリンピックのエンブレムが決まって評価が分かれていますよね。

悪いという人が多いようですが、専門家の方達は大絶賛のようですし。

私はオリンピックのエンブレムは全然良くないと思うのですが、妻は大絶賛。

本当にデザインて、理解できないです。。

最高のデザインというのは紙一重の差何でしょうね。

私には難しすぎる( ゚Д゚)

およよ

コメントを残す