空気清浄機は健康に悪い

こんにちは、
カイロプラクターの秋澤です。

人間には自然治癒力というものがあります。

病気になっても自分の力で体を治していく力のこと。

例えば、細菌やウイルスが体の中に入り込んでも、体は熱を出し、熱で細菌やウイルスをやっつけてくれます。

そして、一度かかった細菌やウイルスは2度と体の中で繁殖しないよう抗体が体の中に作られるのです。

こうして様々な細菌やウイルスに強くなっていく。

これが人間の本来あるべき力。

それを最近の電化製品が人間の力を弱めているのです。

例えば空気清浄機。

部屋の中のほこりを取り除くだけでなく、細菌やウイルスまでも除去してくれる機種が販売されています。

こんなきれいすぎる部屋で生活していたら人間の本来持っている自然治癒力がどんどん失われて行きます。

特に赤ちゃん。

赤ちゃんは外界に出てきたばかりで、細菌やウイルスに対する抗体を1つも持っていません。

だから赤ちゃんは色々な病気にかかりやすい。

しかし、赤ちゃんのために空気をきれいにしようと、空気清浄機を導入してしまうと幼少期に培われる細菌やウイルスへの抗体や抵抗力がないまま大人になってしまうのです。

そして、体の弱い大人が誕生する。

小っちゃいうちは、細菌に沢山触れた方がいいんです、砂場に行って遊ぶ、砂をなめて、砂にいる多くの細菌に触れる事が大事。

そうやって体の強い人間が誕生して行くのです。

最近は昔と比べアレルギーを持った子が多いと言われていますが、家の中の綺麗すぎる環境や、外で遊ばず家の中で遊ぶ傾向が強い事などが影響しているんじゃないかな~

強い子に育てる為には、外で遊ばす。家の中の空気清浄機などもってのほか!

人間は細菌やウイルスを取り入れて進化して行くのでした。

およよ

コメントを残す