なぜカイロプラクティックでやせるのか?

こんにちは、秋澤順一です。

 

肩が痛かったり、腰が痛かったりしてくるうちのお客さんですが、施術を受けてから半年後ぐらいに、たまにある報告を頂く事があるんですよね。

 

その報告というのが、「ダイエットをしたわけではないのに自然とやせた。」という。

 

いままでに自然にやせたという方が結構いるんですよね。そうなんです、カイロプラクティックってダイエットにも効果があるんです。

逆に、うちに来てから太ったという方も結構いるんですよね。はて?どういうこと?やせたり、太ったり?

 

実はカイロプラクティックを受けると、太っている人はやせて、やせている人は太っていくんです。

 

ようは、適正な体重になるんですよね。

 

では、なんでカイロプラクティックで体重が変化していくのですしょうか??

 

人のあらゆる病の原因は首の第一頸椎にあります。第一頚椎は脳と体をつなぐ関所のようなもの。

 

この第一頚椎がズレてしまうと、頚椎の中を通っている神経(脊髄)が押しつぶされて、脳と体を行き来する神経の流れが悪くなってしまうのです。

 

神経の流れが悪くなってしまうと様々な病気を引き起こすわけ。

 

例えば肥満なんかもそう。

 

脳と胃は神経でつながっています。

 

ご飯を食べて、胃がいっぱいになると、胃から脳に、「もう胃の中が食物でいっぱい」という信号が神経を伝わって脳に届く。すると脳にある満腹中枢が刺激され「お腹がいっぱい」という満足感を得る。

 

そして、食べる事を止めるわけです。

 

しかし、第一頸椎のズレによって神経の流れが悪くなると、胃からの信号が、第一頸椎の所で止まってしまい、脳まで届かない。

 

すると、胃には十分な食物で満たされているにも関わらず、脳がまだお腹がすいていると判断し、通常よりも多く食べてしまう。そして肥満となるのです。

 

ですから、第一頸椎のズレを取って、神経が100%流れるようになれば、通常の食事量で、胃から脳に正常な信号が届き、満腹感を得られるようになる。

 

肥満の人が通常の食事量になれば、自然とやせていくのです。

 

なぜなら、肥満の人は、体重が重い分、通常の人に比べ多くのカロリーを必要とする。だから通常の食事量になるとカロリーが足りないので自然とやせていくのです。

 

カイロプラクティックで第一頸椎のズレを取ったら、食事制限をしたり、炭水化物を抜いたりする必要は全くありません。

 

自分の食べたい物を、食べたい料だけ食べればいいのです。それが通常の量になる。そしてやせて行く。

 

適正体重までやせたら、そこでストップ。通常量の食事を取っていれば体重維持となるのです。

 

 

ただし、カイロプラクティックを受けても、やせない人たちもいます。というか、やせない人たちの方が多いかな。

 

なぜなら、お酒を飲む人は痩せません。せっかく、第一頸椎のズレを取って神経が流れるようにしても、アルコールが脳や神経を妨害して、いくら食べても満腹にならない。だから、たくさん食べて太ってしまう。

 

お酒を飲む人は痩せて行かないですね。私もそうですが。。逆に私の場合は禁酒をすれば自然とやせて行きます。

 

そして、もう一つの原因がストレス。やっぱり、ストレスがあると、脳や神経の働きを妨害してしまい、食事量が増えてしまい、やせられない。

 

逆に食事量が減る人もいますけれどね。

 

第一頚椎のズレを取り、お酒とストレスがなければ、やせられます。

 

ではでは