第1章 睡眠の質を改善し健康になろう

① 日本人の約7割が睡眠で悩んでいる

眠れないってつらいですよね~

家でも会社でも世の中にはストレスがいっぱいある。会社の人間関係だったり、取引先に怒られたり、はたまた長時間の残業で心も体ももうくたくた。

私が会社勤めをしていた頃、嫌な事があったら思いっきり寝て、翌朝すっきりして会社へ行こう!とベッドに潜り込むのですが、こんな時に限って全然眠れなかったのです。

ベッドの中で今日一日であったの嫌なことが次から次へと思い出され、頭の中はグルグルと考え事ばかりで、寝たんだか寝てないんだか分からないまま翌朝を迎えていました。

眠たくて眠たくて仕方ない、お休みしたいけど休めないし、会社に行かなくっちゃぁ~の毎日でした。あ~眠い。仕方がないけど会社に行くか。

これでは1日の疲れは取れてないし、ストレスだって溜まったまま。こんな毎日が続いたらいやになっちゃいますよね~

でもこんな睡眠の悩み、割と多くの方が抱えているようです。

【平成25年 国民健康・栄養調査結果】厚生労働省HPより


平成25年の厚生労働省による国民健康・栄養調査の結果によると、睡眠に関する何かしらの悩みを抱えている方は全体で7割ほど。

この中で日中眠気を感じるという回答の人が4割程いて一番多いようです。日中眠気を感じるのは、寝つきが悪いとか、夜や朝方起きてしまうという、睡眠の質が悪いことからくるのでしょう。

中には仕事が忙しかったりと、そもそも寝る時間が無く、日中眠いという方もいらっしゃると思いますが。

仕事、家事、育児が忙しくて寝る時間が無いという方は、少し生活を見直してみることをお薦めしますが、今だけ!でしたらがんばりましょう。

私は、実はこむずかしい話、耳が痛い話をされてしまうと、相手が話している最中でも一瞬で立ったままでも寝てしまうんです。夫が仕事がらみの話をしてくる時は大抵、立ったまま寝てしまいます。

このような一種の現実逃避的特異体質の方も睡眠の悩みとは別の問題ですかね。

話を元に戻して、厚生労働省の調査結果からも不眠で悩んでいる方が世の中には大勢いらっしゃるという事です。

カイロプラクティックで働いていると、とってもお元気そうなのに睡眠導入剤なしでは眠れない方や、寝る時は必ずアルコールを飲まないと眠れないという方が多くいらっしゃるのです。

普段の生活の中で、周りの人に自分が睡眠導入剤を飲んでいるなんて話は特にする必要もないですし、なんとなく積極的に話すことでもないのですが、私が会社員の頃、睡眠導入剤を服用していた事をポロっと周りに話すと「私も睡眠導入剤飲んでるよ!」、「俺も!」「私も!」「「え~!みんな飲んでるの~?!」となって驚いたことがあります。

それだけ働く戦士たちは心と体を削って仕事をしているということだと思いました。

さらにいうと、働く戦士はうつ病の薬を飲んでいらっしゃる方が多いです。私もそうでしたが、実は会社に内緒にしながらうつ病の治療中という方は大勢いらっしゃいます。

会社にうつ病と告げるのは何となく勇気がいるし、評価が下がってしまうと私は思ったのと、なんとなくうつ病であることを認めたくなかったように覚えています。

次のページ

目次へ戻る