腰椎椎間板ヘルニア

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

当院へお越しのお客様で一番多い症状は腰痛です。

 

その中でも一番多いのが、腰椎椎間板ヘルニア。

 

いままでのどれくらい来たのかな~、もしかしたら100人ぐらい来てるのか~

 

そして結構な割合でほとんどよくなっていますよ。

 

ヘルニアの原因は腰椎と腰椎の間が狭くなって椎間板と呼ばれる骨の間にある軟骨が飛び出て神経を刺激する事で痛みが生じます。

 

だから、この痛みを根本的に治したかったら、腰椎と腰椎の間を広げて、椎間板が元の位置に戻るようにしなければいけないわけです。

 

でもこんな器用な事、病院だって出来ないでしょう?

 

手術をしたって、腰椎の位置を動かすことは出来ない、金具を付けて腰椎の間を広げるなんてこともしますけど、腰に金具入りじゃやですよね~一生腰に金具が入ったままなんて、そっちの方が痛い気がします。

 

一般的な手術だったら飛び出した椎間板を切り取ったりもします。

 

でも椎間板を切り取ると、その部分の椎間板が弱くなり、そのひずみが一つ上または下の骨や椎間板にしわ寄せが行き、上下のどちらかの椎間板に結局ヘルニアがまた生じてしまうんです。

 

また手術も成功すればいいですが、前よりひどくなったという方もいてなかなか難しいようですね。

 

当院にも手術をしたけど、あまり良くならなかったという方が結構いらっしゃいます。

 

でも当院だったら腰椎の間を広げて、椎間板を元の位置に戻すことが出来るんです。

 

こちらは妻が腰椎椎間板ヘルニアになった時の写真です。

 

腰椎第4と第5の間が狭くなり、背骨が右に傾いてしまっています。

こちらは私が施術をした後です。

 

腰椎の4番と5番の間が広がって、椎間板も元の位置に戻りました。

背骨も真っすぐになっています。

 

このように腰痛を治すには骨を治さなければいけないのです。

 

もしあなたが、医者から手術を勧められたら、その前に当院へお越し下さい。

 

手術で良くなる人も沢山いると思いますが、もし手術がうまく行かなかったら最後です。

 

そこで良くならなかった場合に、あとから当院へ来ても完全にはよくなりませんので。

 

ではでは。

 

コメントを残す