腰部脊柱管狭窄症の治療

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

当院へお越しのお客様で一番多い症状は腰痛です。

 

腰痛で病名が付いた者の中で一番多いのが、腰椎椎間板ヘルニア、次に多いのが腰部脊柱管狭窄症。

 

腰部脊柱管狭窄症で当院で治療を受けられた方はいままに結構いますね~

 

どのくらい来たのかな~、50人ぐらいは来たと思うんだけど。結構みなさん良くなりましたよ。

 

腰部脊柱管狭窄症の治療でいままで一番記憶に残っているのは、早稲田大学でハンドボールをやっていた学生さんが来た時かな。

 

基本的にプロスポーツ選手は当院の治療では治っていかないのでお断りをしているんですよね。

 

だって、運動が原因で腰が痛くなったのに、ハードな運動で腰を酷使したらそりゃ治らないでしょ。

 

それに、当院は体の歪みを取る事で体を治すのですが、ハードな運動をしていたらすぐに歪んでしまう、だからお断りしているんですよね。

 

でも、早稲田のハンドボール部でトレーナーをしている鍼灸師さんが私の知り合いで、どうしても次の大会に出させたいから治療してくれとお願いされたんですよね。

 

だったら、2週間練習をしないことを条件に治療してもいいよと条件を出して治療する事になりました。

 

すると、1回目の治療で腰部脊柱管狭窄症が原因の腰痛はととんど良くなったとの事。

 

2週間後に2回目の施術に来てもらったのですが、調子がいいから練習を開始したそうで。。

 

良くなったかな~とか心配していたのですが、拍子抜けでした。

 

2週間は練習しないと約束してたのに、まったく!

 

体は歪んでいましたが、本人が腰部脊柱管狭窄症による腰痛が全くなくなったと言っているので、まあいいでしょう。

 

若いからすぐに良くなったんでしょうね。

 

解剖学的に25代以下は体が子供なんだそうです。成長ホルモンがドバドバ出て、骨や筋肉はどんどん回復していく。

 

25歳以下だとやっぱり治りが早いですね。

 

他の方でも腰の痛みが1回で治っている方は結構いますよ。

 

私がテレビに出た時にテレビ局の方が施術を体験してくれたのですが、レポーターの方は来た時にはコルセットを巻かないといけないくらいひどかった腰の痛みが、1回施術を受けて帰る頃にはすっかり良くなって、コルセットを巻かずに帰って行きました。

 

こちらがその時のテレビです。

 

当時はチョップ整体院として営業していました。現在はアキサワ東京カイロプラクティックです。

 

ではでは

 

コメントを残す