枕セミナーの合間に釣り

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

昨日は神奈川県の松田町で妻が枕セミナーを開催しました。

 

松田町とは小田原の近くね、箱根のふもとあたり。

 

箱根に住んでいる知り合いの方と妻が共同で開催し、10人ほどの方が枕セミナーにこられたそうです。

 

静岡からとか、横浜からとか結構遠方から来てくれたみたい。

ベットがないのにどうやって枕セミナーをやるのかな~と思っていたのですが、畳があれば寝れるんですね~

 

枕セミナーにはちょうどいい会場だ。

 

そして私は、女性だらけのセミナーに参加するのも恥ずかしいので、家で留守番をしていてもよかったのですが、妻を松田町まで車で送って行ったのです。

 

そして、妻が働いている間、私は小田原の早川漁港に行って、夕飯の食材を調達に。

 

去年の11月か12月頃にも早川漁港に釣りに行ったんですけど、その時はイワシを100匹ぐらい釣って大量だったんですよね。

 

今回もイワシでも釣ろうかな~と思って行ったのですが、海を見てもイワシの影が全く見えない。

 

というより、魚の影が全く見えない。。

 

15分ぐらたっても何にもつれない。。。

 

すると、となりに釣り人のおじさんがやってきて、「隣で釣ってもいいですか?」と声を掛け来ました。

 

そして、おじさんと一緒に釣りをする事に。

 

おじさんは色々教えてくれて、イワシは2週間前にいなくなったそうで、代わりに今は稚鮎が釣れるとの事。

 

だいたい午前中は漁港の奥の方から釣れ始め、自分たちの場所では午後ぐらいから釣れるようになるとの事。

 

川に住んでいる、鮎の子供が釣れるんですって。ビックリですよね。

 

早川漁港近くに流れている、早川という川で鮎をつったら違法なんですが、早川港の中に迷い込んできた鮎を釣るのはいいんだそうで。

 

でも小さい魚を釣ったらリリースしなきゃいけないんじゃないかな~

 

と思ったのですが、「稚鮎をかき揚げにすると美味しいよ~」という言葉に負け、他にも鮎狙いの人が5人ぐらいいたので、私も鮎釣りパーティーに参加する事になりました。

 

まず仕掛けはウルトラパニックというサビキ釣り仕掛けの1号か1.5号を使います。早川漁港の近くの釣具屋さんで買ってきました。

 

この針、東京じゃ売ってないんですよね~、しかも1号というのは地元の釣具屋さんがメーカーに特注で作ってもらっているそうで他では売ってないんですって。

 

 

鮎がワカサギ並みに小っちゃいんですよね。だから針も小っちゃい。

 

そして、サビキ釣りで釣るのですが、コマセは最初に魚をおびき寄せるためにまくだけで、魚が寄ってきたらまかないようにしなければ行けません。

 

稚鮎は内臓も食べるので、コマセを食べた鮎は味が落ちるんだそうで。

 

早川漁港の常連である、イワシ釣り名人もやってきて、「コマセはまいちゃだめだよ~」と声を掛けられます。

 

そんなこんなで夕方までに100匹以上の釣果をあげました。

小っちゃいでしょ?クーラーボックスにいれても全然いっぱいにならない。

 

これで20匹ぐらいの釣果かな。

 

家に帰ってボールに入れても100匹がこの程度。

両手に山盛りぐらいにしかならないんです。

 

そして、料理。

 

イワシと違って、ウロコがないから楽なんですよね~

 

前回イワシを釣った時は誰もイワシ釣りをやっていなかったのに、鮎になったら5人ぐらいが狙っていました。イワシは下処理がめんどくさいんですよね~

 

平日は釣り人も少なく快適なんですが、土日は混雑でギュウギュウ詰めになり大変な事になっているんだそう。車も止める所がないそうです。

 

こおいうとき平日休みってありがたいですね。

 

そして話を戻して、鮎はかき揚げになりました。

 

 

100匹の鮎がかき揚げにすると6個ぐらいにしかならなかった。

 

私が揚げたのですが、見事にサクサクに!

 

かき揚げを食べてみると、全く癖のない味です。ワカサギを癖のない味にした感じ。頭も骨も全く感じずやわらかい。そして、あとから内臓の苦みがほんのり感じる程度。

 

これはめちゃめちゃうまいです!病みつきになりそう。お酒によく合う。

 

となりで釣りをしていたお父さんも、3日前に初めて稚鮎を釣ってかき揚げを食べたそうですが、あまりのおいしさにまた来てしまったんだそう。

 

奥様にめいどの土産にもう一度食べさせてあげたいと言っていました。。

 

また早川漁港へ行きたいな~、今度は200匹ぐらい釣り上げたいな~

 

めいどの土産にもう一回食べたい!

 

ではでは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す