チョップの練習

今日はチョップの練習について書いちゃおうかね。

チョップの練習は、まず筋肉を鍛える事から始まる。上腕の筋肉、胸の筋肉、手首を回転させる筋肉の3つを鍛える。鍛えるといっても、ただ力をだす筋肉を鍛えるのではない、スピードを出す筋肉を鍛えるのである。

チョップは力を入れてチョップしているのではなく、力を抜いてスピードをかけてチョップしているのです。

だから、ダンベルを持ち上げて鍛えるわけではない。筋肉をスピードを出して動かして鍛えるのである。

上腕の筋肉、胸の筋肉、手首を回転させる筋肉のスピードを付けるトレーニングを各30回づつ毎日続けるのである。大変なのは、このトレーニングを一生続けなければいけない事である。一日でもトレーニングをサボってしまうと、チョップのスピードが出なくなってしまうのです。

この練習が続く日が本当に長かった。師匠は当初1年で開業出来ると言っていたのに半年経とうが1年経とうがずーーーとこの練習だけをしていた。いつになったら次の練習に移れるのか聞いても、「筋肉がついたらいいよ」の一言だけ。さらに「俺はチョップ出来るようになるまで5年かかった。」と私を突っぱねる。

えーー聞いてないよー1年で開業できるって言ったじゃない~

「カイロプラクティックは簡単だよ」と最初は言っていたのに、今では「カイロプラクティックを甘く見るなよ」と言われる。
んんんー参ったね

そうこうして1年半も経つと、やっと次の練習に移る事が出来た。練習機を使ってのチョップの練習である。ターゴスピーダーと呼ばれている練習機でこれを使って1日30回、毎日練習をする。

たった30回しかやらないの?少なくない??もっと練習すればいいのに???とお思いでしょうが、これがかなりの重労働。チョップをするには全身を使うのでものすごい疲れる、チョップを10回もやると汗だくになって腕やら腰やらパンパンになってしまうのです。

この練習機を使った練習ももう半年はやっている。こっちは学生で仕事はしていない、早く開業して収入を得ないと、もう貯金もだいぶ減ってしまった。開業資金は残っているのか??ただただ気だけがあせってくる。早く開業したい。

そうこうしているうちにやっと師匠から「開業出来そうだね」の声が!でも、「開業は半年後じゃない」だって。まだまだ先じゃん。。貯金が・・・

ええーん

コメントを残す