潰瘍性大腸炎が治った!

雨ですね。。気象庁によると今年の梅雨は長くなるそうで。。。

早く梅雨が明けて、すっきり夏に突入して欲しいものです。

チョップ整体院の方はというと、先週お店の改装を行いまして、1日の施術枠が増えました。これまで新規の方のご予約が最大9ヶ月待ちとなっており、現在でも3ヶ月待ちとなっておりましたが、お待たせすることなく予約が取れるようになりました。

ただし、土日の新規の方のご予約は1ヶ月以上お待たせする事になりそうです。。そこで、8月からは第2、第4日曜日も営業いたしますのでもう少しお待ち下さい。

ということで、チョップ整体院は梅雨のすっきりしない中でも元気いっぱい頑張ります!おおーー

そろそろ、今日のブログの本題に入りますが、これまでカフェイン、アルコール抜きについて書いてきましたが今日はお休みして、私の持っている病気、潰瘍性大腸炎んが治ったのでそれについて書きたいと思います。

私が潰瘍性大腸炎になったのは、約6年ほど前、ちょうど師匠に出会って、師匠の施術を受け始めたころでした。そのころは、とにかく血便が出て、トイレが真っ赤になるような状態。1日中トイレに何度も行くような感じで、時には便が出ず、血だけが出てくるような事もありました。

そして、会社の健康診断で引っかかり、精密検査が必要といわれ、病院で大腸カメラの検査を受けることに。そうすると、腸の中が血がにじんでいるような感じで、腸がただれドロドロになっていました。さらに、ポリープもあるという事で、初めてそれを聞いた時には愕然としました。

さらに、病名を告げられ潰瘍性大腸炎だと医師から告げられました。

自分ではポリープがある事に愕然としましたが、潰瘍性大腸炎については全くピンときていませんでした。ところが、会社の診療所の看護士さんなどに話しをすると、大変だね~とものすごく可哀そがられるのでおかしいなと思い、潰瘍性大腸炎についてインターネットで調べてみました。

すると、潰瘍性大腸炎は国から難病指定されていて、治療には国からお金がもらえ、そして、絶対に治る事のない!病気だそうです。

いや~参りましたね。まさか自分の身にこんな事が起こるとは。。

そして、この病気は町医者では見る事が出来ないという事で、大病院である多摩総合病院へ移り治療を始める事になったのでした。

それでも当時は難病ではあるけれども、治るだろうという気持ちがありました。なぜなら自分はカイロプラクティックの治療を受けているし、カイロプラクティックの先生を目指しているわけだから潰瘍性大腸炎ぐらい直して見せると思っていました。

多摩総業病院で治療を受けてから1年ほどたった頃、1年に一度は大腸カメラをやらなけらばいけないという事で、大腸カメラの検査を受ける事になりました。

治療を受けてからは血便も出る事がなくなり、病院で直ったのか、カイロプラクティックで直ったのか解りませんが、状態はよくなっていました。ただし、下痢だけは続いていました。

そして、大腸カメラの検査を行って見ると、残念ながら潰瘍性大腸炎は治っていませんでした。しかし、ポリープがなくなっていました。そう、ポリープが消えたんです!病院の先生はポリープは消えないといっているので、カイロプラクティックでポリープが消えたんです。

このころの大腸カメラの映像がこちらです。


腸の赤い部分が異常な所で、潰瘍性大腸炎特有の「びらん」と呼ばれるものがあります。

この時は結構治っていて、症状も軽かったですし、画像も大したことがないです。この1年前にとった写真が本当にひどかったのです。腸から血がにじんでいて、腸がただれていました。そのひどい写真は違う病院で撮ったものなので今となっては入手出来なかったです、残念。

でも、よく1年でここまで回復したもんだと感心していました。しかし、病院の先生に言わすと、たまたま今は症状が軽いだけで、潰瘍性大腸炎は良くなったり悪くなったりを繰り返すので、つねに薬は飲んでいないといけません!との事でした。潰瘍性大腸炎は絶対に治りません!と。

ちょっと長くなってしまったのでまた次回。

コメントを残す