潰瘍性大腸炎が治った2

前回の続きです。

病院の先生は薬は絶対飲まないといけないと言っていましたが、自分としては、カイロプラクティックで潰瘍性大腸が治ると思っていたので、病院へ行くようになって1年ほどしてからは勝手に薬を飲むのをやめました。

血便は出なくなったので良いのですが、下痢はずーと続いていました。そして、一年に1回受けなけらばいけない大腸カメラも2年目、3年目と受診するのですが、良くはなっているものの、潰瘍性大腸炎特有の「びらん」が少しあるという事で完治する事はありませんでした。

おかしいなぁ~、カイロプラクティックで潰瘍性大腸炎は治るはずなんだけど、なんでだろ~なんでだろ~

そう、カイロプラクティックで首のズレ、体のズレがないにもかかわらず治っていかない原因はそうアルコール!

そりゃそうですよね、カイロプラクティックでもお酒はダメと本に書かれていますが、世間一般的にもお酒の刺激が胃や腸を刺激して良くないと言われてますもんね。

そこで潰瘍性大腸炎を発症して、5年目の大腸カメラでは半年ほど禁酒をしてから検査を受ける事にしました。

禁酒をすると、やはり、2週間から1ヶ月ほど経ったあたりから、おなかがゆるくなる事がなくなりました。ついに潰瘍性大腸炎がなおりました!やりました!!

そして、一度良くなってしまうと時々お酒を飲んだぐらいではおなかがゆるくなる事もなくなりました。一週間毎日飲み続けるとさすがにお腹がゆるくなりますが、週に一度飲まない日をもうければお腹はとっても調子がいいです。

週に一度は休肝日をもうけようと良く言いますが、やっぱりあったってますね。週に一度お酒を飲まなければ腸も休まるようです。

ところが、大腸カメラの検査前、突然仕事が忙しくなってしまい、2ヶ月で1日しか休みが取れない状態になってしまったのです。ストレスがマックスになり、さらにお酒を飲めない事がストレスの上乗せになり、結局ストレスでお腹がゆるくなってしまいました。

そして、大腸カメラをしてみると、まだほんの少しですが直腸の辺りだけ少し炎症(びらん)がありますね、という事になってしまったのです。でも、先生に聞くと、この炎症は潰瘍性大腸炎の炎症か、普通に誰でもなる炎症かは判断出来ないという事でした。それくらい少しの炎症だったのです。

そしてさらに待つ事一年、先週6年目の大腸カメラを受診してきました。

もちろん、今年も禁酒をし、今年はカフェインも抜いています。

そして検査の結果今年の大腸カメラでは全く潰瘍性大腸炎の炎症(びらん)は無くなっていたのでした!

その写真がこちら。


ついでに、6年前の悪い状態の写真がこちら

表面がちょこちょこ赤く見えますが、これは正常だそうです。全く問題なしだそうです!!
やりましたー、ついにカイロプラクティックで潰瘍性大腸炎を直しました!!!おめでとーーー

と、一人心の中で喜んでいると、病院の先生が「潰瘍性大腸炎は治る事はなく、今は調子がいいだけです」との一言。

「本来は調子が良くても薬は飲まなくては行けません。秋澤さんは特別に薬を飲まなくてもいいですが、半年後にまた病院へきて問診をし、これからも1年に1回は大腸カメラを受けて下さい。」

と、半年後の予約を取らされたのでした。

はぁ~これでも治ったと認めないのね。健康なのに病院へ行かなければ行けないとは。。

とりあえず、来年も大腸カメラは受けようと思います。何回正常な状態を続けたら、病院の先生も直ったと認めるか勝負してみたいと思いますので。ここは医学対カイロプラクティックの戦いです!男と男の勝負だ!

・・・、なんのこっちゃ。

常識がいつも正しいとは限らないんです。そう、多くの人が治らないと言っている常識も、少数の人が治ると言っている非常識の方が正しい事だってあるんです。

チョップ整体院の非常識がいつか多くの人に支持され常識になるといいですね。

その為にも後継者の育成をがんばらないと!

コメントを残す