潰瘍性大腸炎が1回で改善

こんにちは、秋澤順一です。

 

だいぶ寒くなってきましたね。明日は季節外れの寒波だそうで、かなりの冷え込みが予想されます。

 

こんな日は、温泉にでも入って温まりたいものです。んん~明日も仕事なんだよな。。

 

ということで、今週のピックアップ患者さんのコーナーです。

 

今週は愛知県からお越しの50代の女性です。

 

12年前に発症した潰瘍性大腸炎でお悩みでお越しになりました。

 

潰瘍性大腸炎とは国から難病指定をされている病気で決して治らないとされている病気なのですよ。不治の病といったやつです。

 

症状としては大腸の中に潰瘍性大腸炎特有のビランと呼ばれる炎症が出て、お腹の痛みと下痢、出血があります。

 

酷い人だと、揚げ物など脂っこい物を食べるとお腹が痛くなるので、うどんや流動食などしか食べられない人もいるそうです。

 

こちらの女性もかなりお腹は痛かったそう。

 

3ヶ月ほど前に1度来て頂いて施術を受けてから、しばらくして潰瘍性大腸炎はすっかりよくなったそうです。お腹の痛みもなく、出血もない。薬も飲んでいないとのこと。

 

いや~良かったですね~

 

1回で良くなるなんてうらやましい。

 

他にも頭痛、肩こり、腰痛、背中痛、不眠、冷え性、手のこわばりなどもありましたが、全て改善したそうです。

 

たまに肩こりにはなるそうですが寝れば治るとの事。

 

今回は、体が歪んできたのが自分で分かり、もう少し放置すると体がまずい事になると察知して早めにお越しになりました。

 

これでまた調子がいい状態が続くと良いですね。

 

ではでは。