潰瘍性大腸炎が4回で改善

こんにちは、秋澤順一です。

 

世の中はお盆休みだそうで、今週の東京は人が少なく感じます。みんな田舎に帰っているのかな?

 

長い人だと一週間まるまるお休みだそうで、うらやましいかぎり。しっかり休んで、しっかりリフレッシュしましょう!

 

ということで、今週のピックアップ患者さんのコーナーです。

今週は埼玉県からお越しの40代の男性です。

 

潰瘍性大腸炎でお悩みで、半年ほど前に初めてお越しになりました。

 

潰瘍性大腸炎は国から難病指定されている病気で、絶対に治らないとされている病気なんですよ。

 

でも、私も潰瘍性大腸炎がカイロプラクティックで治ったし、潰瘍性大腸炎で来られる方が今まで、10人以上は来ているのですが、ほとんどの方がよくなっているので、私は全然難病と思っていないんですけどね。。

 

こちらの男性も、2回ぐらい施術を受けてからお腹の調子はよくなり、4回目の施術を受けてから半年ぶりにお越しになりました。

 

そして、お話を聞くと。

 

潰瘍性大腸炎はすっかりよくなったんだとか。病院で内視鏡の検査もしたそうですが、大腸がすっかりキレイになって、ポリープもあったはずなのに、ポリープも消えてなくなっていたそうです。

 

病院の先生も驚いていたとのこと。

 

ポリープも普通だったら消えないんですけどね。カイロプラクティックだったら消えるんです!

 

私も大腸にポリープがありましたが、すっかりなくなりました。

 

いや~よかったです。病気が治るってうれしいですね。

 

体調が良くても、今回みたいに半年に1回はメンテナンスに来て頂いた方がその後に大病をしないですむので、また半年したらお越し下さいね。

 

ではでは。