店舗物件を借りる

そんなわけで、不動産屋を訪ねてみた。

自分の希望条件としては家賃1ヶ月で30万円以下、場所は世田谷区、杉並区、渋谷区、中野区、吉祥寺、三鷹市、駅から徒歩10分以内、一戸建て、店舗、事務所物件どれでも可。そして、ベッドを15床ほど置きたいので、広さが100㎡以上という物件を探してみた。

不動産屋にこの条件を伝えると、100㎡以上というい条件が厳しいようで、どこの不動産屋も厳しい顔をして、「100㎡以上というのはあまりないんですよね~」という渋い返答。そして、3つ、4つの物件ぐらいしか出てこない。

さらに、整体院を開業してもいいか確認して頂くと、さらに物件数が半分になり、新規の開業である事を伝えるとさらに物件数が半分になる。

そして何よりも厳しい条件は、家賃30万円の物件を借りるには年収1000万円以上の稼ぎが必要となるらしい。私は去年1年間、学校へ通う為に無職だったので収入は0。妻は働いてはいるが年収1000万には遠くおよばない。

この条件で借りるには家主と借主の間に管理会社が入ったり、保証会社が入る物件ではまず借りられず、家主から直接借りられる物件を探す事になる。

そうなるとよさそうだな~という物件が20個ほど見つかっても1つ、2つしか残らなくなってしまう><

こうして1週間ほど朝から夕方まで不動産屋を巡ったり、インターネットを利用して物件を探し回った、フゥー

そして、最高の物件に巡り合う。渋谷駅から徒歩7分、神泉駅から徒歩3分、家賃30万円の一戸建て。もうこれしかない!いや~都会に出たいとは思っていたが、いきなり渋谷デビューか~と胸が高鳴る!!早く見に行って、決めちゃいたい!!!

しかし、物件を見に行く当日、不動産屋からある重大な事実が告げられた。「実は、物件の隣がやくざの事務所なんですよ・・・」

んんん~本当に迷った、物件を見に行っても、自分の理想としている完璧な間取り。やくざの事務所と言われる隣の家も見た目ではまったくわからない普通の一戸建て。だって渋谷の道玄坂の周りはやくざの事務所だらけだし、渋谷で商売するという事はイコールやくざの近所に店舗を開くという事だし。自分の中ではここで決めたいと思った。

でも、知り合いなどに相談して見ると、誰もがやくざの隣は止めた方がいよとの答え。師匠も「やくざの隣だとそのうち患者にばれて、患者が来なくなるよ」との事。結局、師匠のお言葉に従い渋谷の物件はあきらめる事となりました。。。

となると、もう借りられる物件がない!1週間物件を探し続け精神的にヘトヘト、さらに物件探しを続ける気力もない。だいたい、公庫からお金を借りられるという保証もまったくない。首だけをチョプして8時間寝かすという施術に患者さんが集まるなんて、公庫の方が理解出来るとはとても思えない、頭のおかしい事をいう子だねぐらいに思われるのが落ちだろうし。

知り合いなどにも首をチョップして8時間寝かす施術を勉強していると話すと、「そんなんで治るわけないじゃん」とだいた馬鹿にされる。頭のおかしい不敏な子だねぐらいの目で見られる。

だったら、実績を作るしかないじゃん!お金も借りられない、不動産も借りられない、だったら実績を作ってお金も不動産も借りられる身分になるしかない!

師匠からの助言もあり「まずは自宅で開業して、実績を作れ」との事。ベッド数が少ししか置けず、線路沿いの家なので問題もあるけれど、最初だから気にしなくてもよいとのお許しも得た。

幸運にも私は一戸建てを持っていた。まずは自宅で開業しよう!

自宅で開業となり、何か肩の力が一気に抜けた。店舗を借りて、家賃30万円を払って行くとなると、そうとう数の患者さんに来て頂かないといけない、その為には練りに練ったパーフェクトなチラシも作らなければいけないし、オープンイベントとして色々な企画を提供しようとコンサルタント会社に相談しようとも思っていた、雑誌に取り上げて頂く為の企画を考えて、プレスリリースもしなければと思っていた。

でも、自宅で開業となりベッド数が少ないので、これらの事をやらなくてもよくなった。チラシと口コミだけで十分でしょう。

開業準備を始めた先月当たりから、患者さんを集めなきゃというプレシャーから顔が引きつって、厳し顔になっていた。それが、プレッシャーがなくなって、いつものゆるい顔に戻っていた。本当に肩の荷が降りた、よかった。

よかったよかた。

開業資金について

自分の病気の話もだいぶ続いたので、そろそろ小休止して、開業準備もだいぶ進んでいるのでそちらの話でも書きましょうかね。えっ?話が飛んでて読みずらい!?まーまー気にせずに、3回ぐらい読めば理解できまっせ!

まず開業となると、お金の準備である。貯金から開業資金を全部出せる人は問題ないのですが、貯金が足りない人は金融機関からお金を借りて開業する事になる。

私の場合はある程度の貯金があるので開業は出来るのですが、運転資金がなくなてしまいそうなので、金融機関からお金を借りる方向で検討しました。

開業して1ヶ月、2ヶ月、どのくらいの患者さんが来てくれるんですかね~開業して1年経っても、家賃を払えるだけの売り上げしかない鍼灸院の話なども学校で聞いているので結構不安になってくる。

運転資金なんかも半年ぐらいは見ておいた方がいのかなぁ~

新たに事業を始める者がお金を借りるとなると、日本政策金融公庫からお金を借りる事になる。銀行などは大きな会社にしかお金を貸さないので、中小企業や個人事業主、新規開業をする方は日本政策金融公庫にお世話になるのです。

そこで、まずは立川にある日本政策金融公庫に行って、話を聞いてきた。

日本政策金融公庫には新規開業ローンというものがあり、その中に年齢や職種ごとに借りられるローンの種類が数種類ある。その中の一つに新創業融資制度という制度が有り、融資額が最高1000万円までで保証人が要らないというものがある。

保証人を付ければ、通常の金利が適用されるが、保証人を付けない場合はプラス1.5%の金利を上乗せする事で保証人が要らなくなる。

これはいい!保証人を誰にお願いしようかな~というのが悩みだったんですよね。お願いするのも結構手間だし、迷惑かけたくないし。この制度は本当に助かりますね。

そして、公庫の方に具体的な話を聞いていると、ちょっと不思議な話が出てきた。融資の申し込みには、申し込み用紙と事業計画書を提出しなければいけないが、事業計画書に記載する店舗物件は確実に借りられるよう、不動産屋さんと交渉して物件を押さえて下さいと言われた。

あれぇ?だって、物件を押さえるって事は借りる契約をしなきゃいけないって事でしょ??融資の申し込みをしてから、融資が下りるまで約1ヶ月、当然融資が下りませんでしたという結果になる事だってある。そしたら開業出来ないから物件の仲介手数料や礼金などは支払損、開業出来ない上に多額のお金を失う事になる。。

いや~こんな芸当出来るのかな!?とりあえず、物件探しに不動産屋に行ってみよう!

ゴーゴー

頸椎ヘルニア&不眠症が治った!

頸椎ヘルニアで、チョップを受けてから6ヶ月程経過しが、首の痛みが少なくなったとはいえ、まだまだ痛みを感じる日々が続いた。

師匠にチェックしてもらっても首のズレはないようなので、まだまだ時間がかかるのかな~と思っていた。そういえば、チョップで不眠症も治るんだろうに一向に治らないな~とも思っていた。

しかし、仕事が忙しくなってきたせいか、首の痛みがだんだん大きくなっていた。痛み止めを飲んでも効かないし、参ったな~と思っていると、睡眠薬を飲むと痛みが消え、首もグラングランに柔らかくなる事を発見した!

その日から、会社のお昼休みに睡眠薬を飲んで痛みを取る生活が始まった。もともと、極度の不眠症なので睡眠薬を1錠飲んだぐらいでは眠くならなかったので普通に仕事も出来ていた。

そんな生活を2週間ほど続けたが、睡眠薬が切れた時の痛みがだんだん日増しに大きくなっていった。いよいよ無理かな、もう一回仕事を休職しなければいけないかな~と思うほどの限界が来た。

師匠に見てもらっても首はズレていないし、チョップを受けてからもう半年も経っているし、痛みの原因が他に何かあるはずと考えた。
当然、真っ先に睡眠薬が原因だと思った。カイロプラクティックの本にも薬はダメだって書かれてあるし。

しかし、師匠に薬はダメだよねと聞いても「自分の体が欲しがっていたら飲めばいいんじゃない、いやがっていたら止めればいいんじゃない」と薬を止めろとは言ってくれなかった。まぁ、医者と薬剤師にしか薬を止めろという権利はないですからね、カイロプラクターなど代替え医療従事者には薬を止めろとは言えないですよね。。

自分の体は睡眠薬を欲しがっていた、だから睡眠薬を止めなかった。でも、もう首の痛みは限界で、痛みの原因は睡眠薬しかないと確信した。

そして、睡眠薬をピッタと止めた。

すると、やっぱり、初日は睡眠薬無しでは1時間しか寝る事が出来なかった。

そして、2日目、3日目、段々寝る時間が増えてきて3時間ぐらい寝られるようになった。

そして、4日目、5日目、さらに寝られる時間が増えて行き、5時間ぐらい寝られるようになっていった。

そしてついに7日目、睡眠薬無しで8時間寝られるようになっていた!

ヤフォーーついに不眠症を完全克服、つらいつらい不眠症が治った瞬間だった。

結局、不眠症の原因は不眠症の薬という事だったのね。。うつ病の原因がうつ病の薬だったのと一緒か。。。

そして、首の方はというと、この日から徐々に徐々に楽になっていき、1ヶ月ぐらいで仕事に差し支えのないぐらいの痛さになっていた。そして、半年ぐらいで、あと少し痛いかな~ぐらいの状態になり、1年ぐらいで痛みはほとんどなくなった。

結局、首が治らなかった原因は睡眠薬だったみたい。

カイロプラクティックでは毎日寝るたびに脳から神経が流れ、体の疲労を取り、悪い部分を修正していく事で体が治って行きます。しかし、睡眠薬は脳に働き、脳から出る神経を切断してしまう為に、夜寝ても体の修正が行われず、首が治らなかったと解釈しています。

頚椎ヘルニア④骨盤の痛み

頚椎ヘルニアで会社を休職して1ヶ月ほど経った頃、ふと気が付いた。歩いている時の左右の足の運び方が違うことに。

そういえば師匠は患者の歩いている足音を聞いただけで、首がズレているかズレていないか解るといっていたのに、首のズレがなくなったのに自分の歩き方がおかしいな?と思った。

手に荷物をもっているからかな?と思い手ぶらで歩いてみた。でもやっぱり左右の足の出し方がおかしい。

おしりのポッケに入れた財布かな?と思い財布をお尻のポケットから出して歩いてみると、おおっ、左右の足の出し方が一緒になった!!

この日からお財布はお尻のポッケではなく、ズボンの前のポッケに入れる事となったのです。お尻のポッケだと布に余裕が無いのでズボンがきつく引っ張られるが、前のポッケだと布に余裕があるのでズボンが引っ張られる事がないみたいです。

ズボンがきつくなり、圧迫が出来ると、神経の通りを妨害して、足の動きがおかしくなるようです。

そういえば妻が腰ではくきついジーンズをはいていたら、師匠に怒られていたな、圧迫が出来るから良くないって。

そして、財布をお尻のポケットに入れるのをやめて4、5日ほど経った頃、今度は骨盤の右側に激しい痛みが出てきた。専門用語で言うと、仙腸関節と股関節の辺りがめちゃめちゃ痛い。

そうか、チョップを受けて、首以外の腰や肩などの痛みはなくなったけど、お尻の右のポッケに財布を入れた状態でいつも座っていたので、体がお尻に財布の厚さを足した分が正しい位置だと思って、骨盤がずれていたのね。

それが、財布を入れるのを止めた事で、骨盤が正しい位置に戻ろうとして動き出し痛みが出てきてしまったみたい。

チョップで首のズレを治すと、寝ている間に体の骨や筋肉が正しい位置に動こうとして悪い部分に痛みが出る。確かに私も、起きている時はそれほど骨盤の痛みを感じなかったが、寝ていると朝方骨盤に激しい痛みを感じて目が覚めてしまった。

不眠症なのに早朝に痛みで起きるのはつらかった><

そんな骨盤の痛みも、1、2ヶ月ほどするといつの間にか無くなっていたのであった。骨盤が正しい位置に戻ったということね!

教訓、お財布をお尻のポッケに入れるのはやめよう!

そのまま座っていると骨盤がズレてしまうよ!!
お財布はズボンの前のポッケにいれよう。

そういえば財布を持ち歩くようになった高校生ぐらいから10数年、ずーーと右のお尻のポッケに財布を入れていたな~

うぎゃー

頚椎ヘルニア③ 痛み止めの怖さ

チョップを受けて、1週間。頭痛はなくなったのですが、首の痛みが治まらず、会社を休職する事になりました。

もう、この頃には15分も起きていると首が痛く耐えられない状態だったので、1日のほとんどをベットで過ごしていました。起き上がるのは食事を取るときぐらいだったなぁ。

そして、相変わらず、痛み止め、睡眠薬、酒を飲む生活をしていました。

痛み止めは毎日飲んでいたが、ほとんど効かない状態になっていました。本などを読むと痛み止めは体を冷やすと書いてあり、確かに足が冷え切っていました。今まで冷え性なんて感じた事がなかったのに、夏でも足が冷たいし、温泉に入っても足が温まった感覚がなかったり、冷え性のつらさを体感しました。

薬は良くないし、どうせ痛み止めを飲んでも効かないんだったらもう薬を止めよう、会社を休職しているんだから痛かったら寝てればいいかなと思い、まずは痛み止めの薬を飲む事をやめました。

すると、2、3週間ほどで、首が少し楽になってきた!

試しに、一ヶ月ぶりぐらいに久々に痛み止めを飲んでみると、首の痛みを感じなくなり、頭がフラフラする感覚になりました。そして、そのまま車を運転すると、車を壁にぶつけるはめに><

今までだったら痛み止めぐらいで、フラフラする事なんてなかったんですけどね。やっぱり、痛み止めの飲み過ぎで体が麻痺していたんでしょうね。だから痛み止めを飲んでも効かないし、注射をうっても効かないし。

薬って本当に怖いですね~

一ヶ月ぐらい薬を止めれば、体から薬が抜けるという事なんでしょうね。

フムフム

頚椎ヘルニア②

そういえば、今年は七草粥を食べるのを忘れてしまった。。1月7日の朝はカレーを食べてたし。俺はインド人か!?

前にも書きましたが、3年ほど前に頚椎ヘルニアが最高潮に悪くなりました。毎日痛み止めを飲んで、首にシップを貼って、だましまだしやってきたのですがもうどうにもならない事に。

ある日の朝目が覚めると、首から来る頭痛でベットから起き上がる事が出来なくなった。痛み止めを飲んでも痛みが止まらず、2個目、3個目と薬を飲んでも痛みが止まらず、昼過ぎまでベットで苦しんでいました。

さすがにこれはほっといても直らないと思い、近くの病院へ行く事に。

病院へ着いてもシャキンと起きている事が出来ず、ソファーに横になっていました。すると看護師さんが来て「大丈夫ですか?」とひと言、すかさず私が「ダメです!」とひと言。すると診察の順番を早めてくれてすぐに見てくれました。看護師さんありがとう!感謝!!

そして、病院で首のレントゲンを撮ると、首の上部の方が、通常の人とは逆に前方に曲がっている事が発覚。今まではストレートネックと言われていたのに、さらにひどくなり、前方に曲がっているとは><

病院の先生も「これは痛いでしょ」とひと言。。

ステロイド系の痛み止めの注射をうって帰りました。

ところが、注射をうったのでしばらくしたら痛みも引くだろうと思っていたのに、いつになっても痛みが引かず。翌日になっても首と頭が痛いまま。

ちょうどシルバーウィークだった為、病院が休みで当番制で、別の病院へ行きました。別の病院でも注射をうってもらいましたが、それでも痛みは引かず。

その翌日も別の病院へ行って注射をうってもらいましたが、それでも痛みは引かず。

何だかんだで、1週間で4件の病院をはしご。居酒屋だったら楽しいのに。

そして、病院での治療をあきらめ、師匠の治療院へ行き、チョップを受けたのです。

そしたら、ちょっぷ1発、すぐに頭痛が取れてしまいました。1週間ずーーーと頭が痛くて苦しんだのに、チョップ1発で解決とは、もっと早く来ればよかった><

ニャーニャー

潰瘍性大腸炎&ポリープ

新年明けまして、今年もよろしくお願いします。

去年は震災で多くの犠牲者が出てしまった為、新年のあいさつや年賀状に「おめでとう」の言葉を使わない方がいいという意見が世の中にあるようで、このような出だしにしてみました。

年明けに初めて会う親戚や学校の方々にも「おめでとう」の言葉を意識して使わなかったんだけど、何かしっくりこないのね。今年のスタートはおとなしく、おごそかに始めましょう。

ということで、前回の健康診断の話の続きから。

3年ほど前の会社の健康診断で、血便で引っかかってしまった。そういえば、数年前から血便は時々あったな~ひどい時は血便というより、血だけがブブーとお尻から出る事もあったりして。。結構まずいんじゃないかと思って、気にはなってたんだよね~

血便の場合は大腸に何か問題があるという事で、会社の診療所より強制的に大腸カメラを受けるようにと指令が出てしまった。

そして、検査を受け、結果を聞いて驚いた。潰瘍性大腸炎とポリープが1つありますとの事。初めは潰瘍性大腸炎なんて名前を聞いた事がなかった。

医師から説明を受け大腸の写真を見せてもらうと、確かに大腸は赤くただれてトロトロになり、あちらこちらで血がにじんでいる。ポリープもひょっこり顔を出し、こんにちはしているし、うううっーーショック!

「潰瘍性大腸炎は国から難病指定されているので、申請すれば治療費が全額出ますので安心して下さい」だって。難病と聞いて安心できるか!!!

家に帰って、潰瘍性大腸炎について調べてみると、ひどい人はお腹がとてつもなく痛く、流動食しか食べれず、どんどん痩せ細って行く病気なんだそうだ。良くなったり悪くなったりを繰り返し、入退院を繰り返すそうだ。いやいや参ったね~~

ポリープだってどうすんだよ、俺はまだまだ30半ばだで><

結局、潰瘍性大腸炎もポリープも治るものではなく、悪化してガンになっていない事を確認する為に、年に1度、大腸カメラの検査を行はないといけないという事でした。

身体はもうボロボロ、50代だねこりゃ。。

ワンワン