正しい枕の高さとは?

何か雨の日が続きますね~GWもほとんど雨だったし、今日からまた雨が続くみたいだし、もう梅雨入りのような天気。。6月に入ってからの梅雨本番、どんだけ雨が降るのやら。テルテル坊主10個ぐらい作るしかないなOK

今日は枕の話なのだ。

当院に来て頂いた方なら知っていると思いますが、枕の高さを合わせて寝る事がとっても大事なんです。バスタオルを使って、その人それぞれに合った、枕の高さに合わせて寝る事で、体が修復され回復していくのです。

この枕の高さの合わせ方が最近テレビでチラホラ見かけるようになりました。朝のZIPという番組で関根麻里ちゃんが筧くんを相手にバスタオルで枕の高さを合わせていたり、他の番組でもバスタオルを使った枕を紹介していたという話をチラホラ聞くようになった。

さらには私の行っている鍼灸学校で先生がバスタオルを使った枕の合わせ方を実施していた。

でも、微妙に枕の合わせ方が違うんですよね。。

この枕の高さの合わせ方は、20年ほど前に私の師匠が考案した方法で、師匠はホームページもない、看板もない小さな一軒家で施術を行っていた為、ほとんど世の中に紹介される事がなかったんです。なので枕の高さの合わせ方も世の中に広まる事はなかったんです。それが、一昨年、日本中のカイロプラクター百数十人が集まる中で特別講演を行い、世の中に広まって行きました。

多分、その講演に参加したカイロプラクターの先生方がバスタオル枕の高さの合わせ方を取り入れて、それを体験したテレビ関係者の人が番組で放送したりしているんでしょうね、多分。

健康に役立つ正しい方法が世の中に広がる事はとっても良い事ですよね^^

ただし、テレビなどで出回っているバスタオル枕の高さの合わせ方は今一歩なので、捕捉で説明しておきます。

テレビなどでは、バスタオルを重ねて枕にし、その後一枚づつ、バスタオルを足したり、抜いたりしながら、楽に感じる部分を見つけて高さを合わせている。

しかし、それだけではもう一歩!正しくは呼吸の深さを見る事が大事。枕の高さがピッタリ合うと、呼吸が深く出来るようになるんです。タオル1枚の高さ分、低くても、高くてもダメ、ピッタリの高さの枕に合わせる事が大事。

ピッタリの高さの枕に合わせると、呼吸が深く出来る事の他に、アゴの動きが左右で同じになる、足首の関節が柔らかくなる、手首の関節が柔らかくなる、首の筋肉(胸鎖乳突筋)が柔らかくなる、などなどの事が実感できます。

この中から、呼吸+その他自分で解りやすい部分を1つ探して、枕の高さを合わせるとピッタリ合わせやすくなります。私の場合は呼吸+首の筋肉で見ています。

また、枕の高さは寝ていると1枚づつ低くなって行き、日によっても枕の高さは変わって、疲れている時は枕が高くなり、疲れていない時は枕の高さは低くなります。

毎日寝る前に枕の高さを合わせ、寝ている間目が覚めた時にタオルを1枚抜く事がコツです。

バスタオル枕でピッタリとあった高さで寝ると、呼吸もらく、全身の関節や筋肉も柔らかくなり、とってもリラックスした状態で寝る事が出来、この時に体が治って行くのです。

枕の高さの合わせ方を知りたい方はいつでもお尋ね下さい。

バスタオル枕を世に広めようーー
何かブームになる予感!?

バスバス