週刊「医療タイム」に掲載

ここ最近、急に涼しくなりましたね。先週までの真夏日が嘘のよう。暑い時は早く涼しくならないかなぁ~と秋が待ち遠しかったのに、いざ涼しくなってしまうと夏も終わりかと寂しくなるもんですね。おじさん心は複雑です^^

そうそう、先週発売した「医療タイムス」という雑誌に私のインタビュー記事が掲載されました。

こちらの雑誌は週刊誌で開業医とかお医者さんが購読している雑誌だそうです。残念ながら書店には置いてなくて定期購読のみの販売だそうです。書店に並ぶところを見たかったのですが残念。。

インタビューには9/7に担当の記者の方が来て頂いて、30分ぐらいあれやこれや質問されて、お話をしました。当初は「医療新ビジネス」というコナーに掲載すると言っていたのですが、よくよくインタビューをしてみると、当院の施術方法は新しいものではなく、カイロプラクティックの伝統ある施術方法だという事で、別の「情報デリバリー」というコナーでの掲載となっていました。

「医療新ビジネス」の方がかっこよくてよかったな~
まあ、アメリカの歴史を見ると、カイロは医療と対決しているんですけどね。。
そもそも、医療雑誌に載っちゃってよかったのか!?

しかし、インタビューに答えるのも難しいですね~こちらが答えた事がニュアンスが変わって記事になってしまいます。よく考えて正確に答えないといけないなぁと感じました。芸能人なんか大変でしょうね、気軽にしゃべった事がニュアンスを変えて記事になってしまうんですからね。

ちなみに記事を読むと8時間寝かせるのは私が始めたようなニュアンスになっていますが、最初に始めたのは私の師匠ですので訂正させて頂きますm(__)m

取材の後、発売は9月の最後の週か、10月の第1週に発売する雑誌に掲載される予定で、記事が出来たら掲載前に確認をお願いします。と言われていた気がしていたのですが、連絡が来た時は今日雑誌が発売されました、雑誌を送りますときたもんだ。ええ~発売しちゃったの~聞いてないよ~~記事を確認させてくれるって言ったじゃない~

でも、上手に記事を書くもんですね。まったくだらしない私が、記事を読むとたいそう立派な人に思えてくるからあら不思議。記事のマジックとでも言うのでしょうか。

まだまだ雑誌の取材は来そうなのでインタビューも慣れていかないと。いつかインタビュー上手になっていつか芸能界デビューするぞ!えいえい、おおーー!!あれ、何か間違ってる??