腰痛ヘルニア 続編

桜咲く季節になりました。チョップ整体院も今日でちょうど開業一年目。関係者の皆様、来て頂ける患者様のおかげで何とか一周年を迎える事が出来ました、ありがとうございます。

この調子で、10周年、20周年、30周年と末長く整体院を続けていけたらいいなと思っております。
あれ、30周年って!?私はいくつになるんだろう?無理か??

今回は前回の妻の腰椎ヘルニアの続編です。

何とか妻の腰椎ヘルニアが治った所までは前回お話した通りです。その後、整形外科に行ってレントゲンを撮ってきたのでレントゲンの画像を紹介します。

こちらが腰椎ヘルニアになったばかりの時に撮った11月末頃の画像です。2012年11月
画像①


こちらが腰椎ヘルニアが治って、今年の2月に撮影した画像です。2013年2月
画像②

これらは体の正面から撮影した画像で、画像①では腰椎の4番、5番の間が狭くなっているのが分かると思います。ちょっとレントゲンを見慣れた人ではないと解りずらいと思いますが。。

また、画像①では腰椎から胸椎にかけて段々左側に背骨が曲がって行くのが分かると思います。これは誰でも解りますよね。

それが腰椎ヘルニアが治った後の画像②を見ると、腰椎の4番、5番の間が広くなって、左に曲がっていた背骨が真っ直ぐになった事が解かると思います。整形外科のお医者さんからも腰椎の4番、5番の間が広くなったとお墨付きを頂いたそうです。

腰椎ヘルニアになった時は腰から上が左の方にものすごく傾いてしまって、とんでもない格好をしていたのですが(写真を撮っておけばよかった)チョップの後はその傾きもすぐに治って、まっすぐ立てるようになっていました。

妻が腰痛ヘルニアになってもただでは起きない、職人魂といったところでしょうか!?こんな画像が撮影できて大ラッキーでした!!