頸椎のズレは3方向ある

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

当院はどんな病にであろうとも、第一頸椎のズレを取る事しかやらないんです。

なぜ第一頸椎かは過去の記事を参照ください。

http://ameblo.jp/kameichi13/entry-12116555095.html

その第一頸椎は、左右にズレるだけとお思いでしょうが、実は3方向にズレるんです。

1つは左右

ですね。これは簡単に創造できると思います。

2つ目は前後

これは何となく解りますかね。頸椎が前に出ていたり、後ろに出ていたりする状態。

3つ目は上下

これは解りづらいですね。

写真とか図で説明すればいいのですが、ちょっと手持ちがないもので。文書で頑張って説明します。

上にズレているとは、顔やアゴが上を向いている状態の事。

顔が上を向いている状態につられて、第一頸椎も上を向いてしまっています。

逆に下にズレているとは、顔やアゴが下を向いている状態の事。

顔が下を向いている状態につられて、第一頸椎も下を向いてしまっています。

第一頸椎が上にズレている有名人で解りやすいのは、とんねるずの石橋貴明さんです。普段からつねに顔が上を向いている状態ですよね。

一方、第一頸椎が下にずれている有名人で解りやすいのは、イギリスの故ダイアナ妃です。常に顔が下を向いていて、伏し目がちな印象があると思います。

このように顔の上げ下げで第一頸椎の上下のズレが判断出来るんですよ。

そして、この3方向のズレを首を1回押すだけで取るんです。

これが職人技なんですよ。

およよ

ストレートカイロプラクティックとは?

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

カイロプラクティックには大きく分けて2つの種類んがあるんです。

1つはストレートカイロプラクティック、もう一つはミックス。

ストレートカイロプラクティックとは、脊椎(頸椎、胸椎、腰椎、仙骨)しかいじらない(アジャストしない)カイロプラクティックの事をさします。

脊椎とは首からお尻まで体の真ん中にある骨のことね。

一方ミックスとは、もしかしたらミックスカイロプラクティックというのかな!?あんまり聞いたことないけど。

ミックスとは脊椎以外、肩とか腕とか足とかもいじるカイロプラクティックの事を指します。

肩とか、腕とかが痛かったら肩とか腕をいじって治すのがミックス。

肩とか腕が痛くても、脊椎だけをいじって治すのがストレートといった感じです。

私の場合は首の第一頸椎しかいじらないので、ストレートカイロプラクティックという分類にはいります。

ですので私のやっているスペシフィックカイロプラクティック(上部頸椎)という方法はストレートカイロプラクティックの仲間に入ります。

でもこの首だけという方法がなかなか世間では認知されていないんですよね。。

全ての病が首だけで治る!といわれても「嘘でしょー」って感じですよね。

なので首だけのカイロプラクティックの事を「マイナー」と呼んだりもします。そして一般的なカイロプラクティックの事を「メジャー」と呼びます。

この首だけの方法はこれから何十年たっても、何百年たっても「マイナー」のままなんでしょうね><

だって、カイロプラクティックが確立されて100年ほど経ちますが、ずーーと「マイナー」なままなんですよね。

お客さんからしたら、腰が痛かったら腰を押してもらいたいし、肩が痛かったら肩を押してもらいたいですよね。

だから、腰が痛くても首を押すなんていうのは需要がないんです。。

ということで、当院もマイナーなまま一部の信者の方のために頑張ります。

決して「メジャー」になる必要はないですが、これを信じてもらえたごく一部の方は確実に治してあげたいとおもっています!

でもマイナーと呼ばれるのもさみしいな~

およよ

首こり、腰痛、肩こりが1回で治った

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

今日はもくもく木曜日、今週の患者さんコーナーです。

今回は千葉県からお越しの40代男性です。

 

主訴は腰痛で、他に肩こりと首こりが気になるとの事でした。

一昨年の12月に1度来て頂いて、それ以来ずーーと調子が良く腰、肩、首と全く痛くないそうです。

今回は頭を壁にぶつけてしまってから調子が悪くなったという事で、奥様といしょにいらっしゃいました。

奥様の方もだいぶいいのですが、もうちょっと時間がかかりそうです。

ご夫婦で早く楽になるといいですね!

ではでは

アルコール・カフェイン抜き大実験 

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

そういえば、アルコール・カフェイン抜きの話を全然してなかったですね。

アルコール・カフェイン抜き大実験の話は過去記事で
http://ameblo.jp/kameichi13/theme-10094026527.html

アフコール・カフェイン・タバコをやめて水素水で毒出しをした後、2週間これらの毒を取らないでいると体調が良くなるという実験なのですが、結局まだ達成していないんですよね。。

年が明けてから時々新年会などに呼ばれたりしてお酒を飲んでしまったり、結局いつもダメなのは他人の路上喫煙によるタバコの煙を吸ってしまいダメになるケースが多い事。

本当に路上喫煙には頭に来ています!プンプン!

この実験を始めてもう1年も経つのにいまだに毒出し2週間を達成できないんですよね。

これじゃ奇跡的に2週間達成したところで、誰もまねできないじゃん!と思ってきました。

そこで、毒出しの方法を変えようと思います。

手順はこちら。
—————————————————–

アルコール・カフェイン・タバコを2週間体に取り入れないようにします。

料理に使われている、料理酒やワインなども取らないようにします。
(料理に入っているお酒も完全には蒸発していないので体に悪影響を与えます)

そして、毎日水素水か水素バスに入り解毒をします。

(使用する水素水または水素バスは値段の高い方がいいです。今、どの水素だったらいいのか検証しているのでもうしばらくして結果がでたら公表します。)

そして、毒出し期間の2週間で、ちょっとお酒の入った料理を食べてしまったとか他人のタバコの煙を吸ってしまったという場合は2週間に+1日解毒期間を伸ばします。

何もなければ14日間、少しの毒を1回取ってしまったら15日間。2回取ってしまったら16日間という具合。

思いっきりお茶を飲んだり、お酒を飲んだ場合は最初からやり直しです。

—————————————————–

これの方法で10日ぐらい試して見ましたが、私の首も硬さがだいぶ柔らかくなってきたり、ひざがコキコキ鳴っていたのがならなくなってきました。

昨日今日とお酒を飲む機会があったので振出しに戻ってしまいますが、明日からこの毒出し方法で2週間挑戦してみます!

およよ

地下鉄探偵Kを解いてきた

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

昨日は久しぶりの日曜休み。

嫁と一緒に「地下鉄探偵K」という謎解きゲームに参加してきました。

京王電鉄と都営地下鉄で現在開催しているイベントで無料でいつでも好きな時間に参加できます。

まずは京王線や都営地下鉄の駅で配布している新聞を手に入れます。

その新聞に書かれた謎をとき、謎を解くとどこの駅に行けばいいのか解る仕組み。

謎は難しすぎず、簡単すぎずちょうどいい感じ。

途中はまってしまい普通の人よりだいぶ時間がかかってしまいましたが、なんとか最後まで自力で謎を解く事が出来ました。

自力で最後まで解けると結構感動します。

謎解きゲームも月に1回ぐらい参加しているのでなかなか実力が付いてきましたよ。

地下鉄探偵Kは3/6(日)までやっているそうです。

http://www.takarush.jp/promo/tetsutan2/

楽しいのでよろしかったら行って見て下さい!

およよ

肩こり、股関節痛などの患者さんが1回で治った!

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

今日はもくもく木曜日、今週の患者さんのコーナーです!

今回はいつもと違っていて、患者さんのブログを見つけてしまったのでご紹介します。

先月3姉妹で来て頂いた、1番下の30代の女性です。

一番上のお姉さんがこの前2回目の施術に来て頂いて「一番下の妹がかなり調子がいいことをブログで知った。」とそのブログを教えていただきました。

http://ameblo.jp/yukio10/entry-12120414466.html?frm=theme

左股関節痛、右腕のしびれ、肩こり、両手の指の関節痛、足のむくみ、背中痛がありましたが、1回の施術で全て良くなったようです。

当院の場合はほとんどの方が1回で治ってしまい来てくれなくなるので、治ったのか治らないか解らないんですよね~

ですのでこういうブログを見つけるととっても嬉しく思います(#^.^#)

また体調がおかしくなりましたらお越し下さい。

当院がテレビで紹介された時の映像です。


およよ。

 

手で施術した最後の人はさまぁ~ずの三村さん

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

前回までアクチベーターの話をしてきました。

開業当初は手で施術を行い、まさしくチョップ整体院だったのですが、1年後には手での施術をやめアクチベーターを使って施術を行っていました。

アクチベーターを使って施術を行うようになって3ヶ月後。

テレビ東京のモヤモヤさまぁ~ずからテレビ出演のオファーが来ました。

知ってました?もやさまって突然来るんじゃないんですよ、事前に連絡があって取材の前に何度も打ち合わせするんですよ。

知ってるかそんなこと!?

その打ち合わせの中で、「実は今は手で施術してないんですよ~」とテレビ局の人に話すと、「何とか手でお願いします」と頼まれ。

そりゃそうですよね、チョップ整体院というネーミングが面白いのに手でやってなかったらつまらないですよね。

という事で3ヶ月ぶりにさまぁーずの三村さんに手で施術をしたのでした。

あまりに久しぶりだったのでちゃんと出来るか結構不安だったんですけどね。

ちゃんとチョップをする事が出来ました!そして笑いも取る事が出来ました。。

そういえば三村さんに手で施術して以来、その後誰にも手で施術していないんですよね。

手で施術した最後の人がさまぁーずの三村さんってすごくない!?

およよ

アクチベーターで施術の精度が格段に増した

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

前回の続きで今回もアクチベーターの続きです。

開業して1年、当初は手で施術を行っていましたが、その後はアクチベーターを使うようになりました。

アクチベーターは前回お話したアジャストの強さを正確に行えるという事が1点ともう一つ角度を正確に取れるという事が優れています。

というのも。

私は首の第一頸椎のズレを正しい位置に戻すのですが、第一頸椎はただ単に右や左にズレているわけではないんです。

第一頸椎は3つの方向にズレています。左右、前後、上下、この3つの方向にズレているのを1回のアジャストで取る必要があるんです。

左右と前後のズレは何となくわかると思いますが、上下って解らないですよね?

図でも書かなきゃわからないかな。

例えばイメージしてもらうと、まっすぐ正面を見た時にアゴが上がっている人と下がっている人がいると思うんです。これが第一頸椎の上下のズレから来ているんです。

わかるかな?わかんないか??

この3つの方向のズレを1回のアジャストで取るのに、正しい方向から第一頸椎を押す必要があります。

例えばダルマさん落としをする時に、真横からたたくと綺麗に抜けますが、斜め上や斜め下からたたくと上手に抜けないですよね。

これと同じように第一頸椎もズレている方向から真っすぐ押さないとダメなんです。

それが、手を使ったアジャストではどの方向に飛んで行くか見当もつかない感じで正しい方向に押すことが出来ないんです。

それがアクチベーターを使うと1mmのズレも無く正しい方向に押すことが出来るんですよ。

だからアクチベーターを使う事で、患者さんが治るまでの施術回数が圧倒的に少なくなりました。

そして当院は経済危機となったのですが。

およよ

アクチベータで調整の強さが一定になった

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

私が施術で使っているアクチベーターという治具。

これで施術の精度が格段に上がったんです。

カイロプラクティックは手技ともいわれたりして、手で施術をする事が基本なんです。

私も師匠からカイロを教えてもらった時は、「手が一番なんだ!」、手で直接患者さんの首の骨を触る事で正しく触れているのか感じる事が出来ると教えられました。

アクチベーターを使ってしまうと、正しく患者さんの首の骨に当たっているか感覚がわかりずらいと。

だから私も開業した時は手で行う事にこだわりをもっていました。

でも手で施術をしていると色々悩んでくるんです。。

まず最初に悩んだのはアジャストする時の強さ。

アジャストとはカイロプラクティック用語で日本語だと「調整」といった感じです。

首の第一頸椎を正しい位置に動かすのですが、力が強すぎたら正しい位置を通り越してしまうし、弱すぎたら正しい位置まで動かないし。

とにかくちょうど良い強さにする事が大事なんです。

でも、手でアジャストを行うと人間のやる事なので強弱が自分の思う通りに行かないんですよね。

あ~今の患者さんアジャストが強すぎたなとか、あ~今の患者さんアジャストが弱すぎたなとか。

本当に手でやっていた一年間は悩みました。

そこで、師匠の意思に反しはしますが、手でやる事のこだわりやプライドを捨てたのです。

そして、アクチベーターを使って施術をやるようになってからはみるみる患者さん達が治っていきました。

それまでは5回も10回も来てくれる人がいたのですが、アクチベーターを使うようになってからはみなさん数回で来なくなる。

逆に患者さんが減ってしまい、経済的には困ってしまいましたが。。

というより、手でやっていたころに来て頂いた患者さんには申し訳ないなと思います。

でもその頃は、師匠に教えてもらったとおりにやって自分のベストは尽くしていたと思います。

アクチベーターを取り入れた事によって、当院は進化してくることが出来ました。

次回もアクチベータについて書こうかな。

およよ

名古屋飯なのに台湾まぜそば

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

お昼に新宿でラーメンを食べてきました。

以前テレビで、名古屋で台湾まぜそばなる物が流行っていると聞き、一度は食べてみたいな~とずうっと思っていてやっと念願がかないました。

台湾まぜそばとは名古屋の店舗が最初に売り出したのが始まりで、台湾にはこのようなまぜそばは存在しないとの事。

ピリ辛の肉みそをよく混ぜてから食べます。

私が言ったお店は「あびすけ」というお店。

写真は全部のせなのでちょっと豪華です。

メンを食べた後に残ったタレにご飯を混ぜて食べるのが基本ということでライスが無料で付いてきます。

台湾まぜそば確かにおいしいです!でも「そば」よりも最後の「ご飯」の方がおいしいかも。。

ラーメンとご飯、タップリとお腹に栄養を与えて帰ってきました。

食べ過ぎだな。

およよ