潰瘍性大腸炎の最新治療

こんにんちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

私は以前、潰瘍性大腸炎で苦しんでいたことがあります。

しかし、今では完治し元気になっております。

 

そこで今回は潰瘍性大腸炎の最新治療について書いて行きたいと思っています。
通常の最新治療というと、薬ですよね。

阿部首相も潰瘍性大腸炎だそうで、第一回目の首相就任の時は解消性大腸炎があっかして首相を辞めざるおえなくなったそうで。

その後、最新治療として新薬が出回ったことで症状も安定し、首相を務められるまでに回復したそうですね。
薬もどんどん進化しているので、救われる方も多くいらっしゃるようですね。
でも、完治することはないんでしょうね。何といったって絶対に治らないという難病ですから。。

 

しかし、私は完治してしまったんですよ。
見て下さい、これが以前の腸で


こっちが今の腸です。


ビランと呼ばれる炎症がきれいに治っているでしょ。
どうやって治したか?

それは私が行っているカイロプラクティックの最新治療なんです。
最新治療とはいっても、世の中で知っている人がいないだけで、本当は一番古い物なんです。

 

誰も知らないから最新治療だと勝手に思われています。
当院では首を1回押して、あとは4~6時間寝るだけという施術を行っています。

 

そもそも病の原因は頸椎にあるんです。
第一頸椎の歪みによって、神経がそこで止まってしまい、体の症状や病気が治っていかない状態になっています。

 

しかし、首の第一頸椎の歪みを取り、神経が100%体に通るようになると、あとは自分の脳みそが神経を伝って体を治して行ってくれるんです。

 

潰瘍性大腸炎は自己免疫型の病気と言われていますが、首で神経が止まっているために、自分の脳の命令が正しく患部まで伝わらずに、自分で自分を傷つけてしまっているだけなんです。

 

ちゃんと首の歪みを取れば、脳が自然に患部を治してくれます。
これが自然治癒力。

当院の施術を最新治療と呼ぶ方もいますが、本当はただの自然治癒療法の事。

 

潰瘍性大腸炎でお悩みでもっと詳しく知りたい方は、ホームページ本文の方をご覧ください。

ではでは

 

潰瘍性大腸炎の食事

こんにんちは、カイロプラクターの秋澤です。

私も元々潰瘍性大腸炎を患っていたのですが、最終的には食事を制限する事で完治する事が出来ました。

 

今日は潰瘍性大腸炎の食事についてアドバイスしたいと思います。

 

潰瘍性大腸炎とは言っても、病院ではあまり食事制限に関するアドバイスなどはないかと思います。

しいて言うなら、暴飲暴食をさけるぐらいですかね。

 

ただ症状の重い人で、入院しなければいけないような人は脂っぽいものは食べれなくなり、うどんなど消化の良いものしか食べられなくなってしまう方もいるようです。

うどんしか食べられないほど症状が重いというのはつらいですね。。

 

幸い私は潰瘍性大腸炎を発症した頃、私のカイロプラクティックの師匠にお世話になっていたり、自分が独立してカイロプラクティック院を開業していた頃なので、自分で施術をしてそれほど重い症状はなく徐々に改善されていきました。

 

ただし、病院で大腸カメラの検査を受けると、完治とまでは行かなかったんですよね~

 

カイロプラクティックで潰瘍性大腸炎は治ると思っていたのですが、3年経っても完治しない、これは他に原因があるんじゃないかな~と思い始めました。

 

その原因はアルコール、カフェイン、タバコ。

食事ではないかな。食事ではないですけれど、体に取り入れるものに原因があるんです。

カイロの教科書に書かれているのですが、カイロで治らない場合原因はこれらの物質にあるというのです。

 

そこで私は早速これらの毒素を取るのを止めてみました。

すると、1ヶ月ほどでいままでゆるかった便が普通になったんですよね~

これが、以前の腸


これが今の腸


ビランと呼ばれる炎症がきれいに治っているのが分かると思います。
私が通っている病院でお酒を止めたら調子が良くなったと先生に話すと、他にもそうゆう患者さんがいるんだよな~と言っていました。

 

なので、これはカイロプラクティックで体の調子を整えている私だけではなく、他の人にも共通して言えることなんだと思います。

 

ではなぜアルコール、カフェイン、タバコをやめると治るのか?

 

それは、これらの物質には神経に影響を与えて、神経の流れを悪くする効果があります。また筋肉を硬くします。

それは生理学の教科書にも書かれていることなのですが、みなさん知らないんですよね~

病院の先生も勉強したはずなのに知らないんだよな~そんな事ないと思って忘れちゃうんでしょうね。

 

神経の流れが悪くなると、脳の命令が100%患部に届かなくなり、大腸が治っていかなくなるのです。

 

だからこれらの食事、アルコール、カフェイン、タバコを止めれば神経の流れがよくなり、体が修復されていくのです。

 

是非この方法を試して見て下い。多少でも改善はするはずです。それでも完治しなきゃヤダという方は当院へお越し頂けらばと思います。

 

ではでは

ゴッドハンドのいる整体院

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

2014年の7月にゴッドハンドのいる整体院としてテレビに出させていただきました。

 

今日はその時のことを振り返ろうと思います。

 

番組はTBSテレビのGメン99という番組で、夜のゴールデンタイムに放送。

 

ゴッドハンドのいる整体院と紹介されました。

 

夜の8時過ぎぐらいだったかな、当院の放送が始まりました。

 

放送が始まって5分ぐらいすると、まだ途中だというのに、予約の電話がジャンジャン、ジャンジャン鳴り出すことに。

 

電話を置けば、すぐに電話が鳴る、そして電話を取るの繰り返し。30分も話続けると疲れてくるので、妻と交代。夜の11時ぐらいまで鳴り続けました。

 

結局、私たち夫婦は放送を最初の5分ぐらいしか見れなかったのです。

 

ゴッドハンドの整体院と紹介されていることする知らなかったなぁ~

 

そんなこんなで、1ヶ月ほど朝から晩まで電話が鳴り続け、気が付けば予約9ヶ月待ち。本当にびっくり。

 

実はうちの整体院が放送された、翌週、知り合いの勤めている整体院もGメン99の番組に出たらしいのですが、まったく反響がなかったそうです。。

 

何でうちだけ反響がすごかったのかというと、レポーターの方の腰痛が1回で治ってしまったからなんですよね。

 

そしてその映像からゴッドハンドのいる整体院とテレビ局が言ってくれたおかげなんでしょうね~

 

実際のテレビの映像はこちらをご覧ください。

 

当時とは店名が変わっています。

 

テレビではゴッドハンドと呼んではくれているんですけど、実はかなりの部分をカットされているんです。

TVでは前屈が10cm深く出来るようになった、腕が体に付いて姿勢が良くなったと2つの点しか指摘していないのですが、実はもっと変化があったんです。

 

まず、1回で腰痛が治ったんですよね。

 

レポーターの方はコルセットをするほどのひどい腰痛だったのですが、それが全くどこも痛くなくなり、本当に喜んでいました。

 

でもTVでは治ったとは言わないんですよね~

 

倫理に引っかかるんでしょうね。

 

また、Befor / After で肺活量を計ったんですが、肺活量が800ccほど多くなったんです。呼吸が深く出来るようになったんです。

 

肺活量を計る器械を持ち込んで大掛かりな実験をしたのに放送されないなんて><

 

さらに変わったところは、目が大きくなった、あごがスッキリして顔が小さくなった、骨盤の歪みが取れて下っ腹が引っ込んだ、X脚が真っ直ぐになったなどなど、いろいろな変化があったんです。

 

あと、喘息の患者さんがうちで1回で治ったんですけれど、その証言をしてくれたんですが、喘息が治ったとは言わせないんですよね~

 

倫理だか法律だかの問題があるんでしょうね~

 

残念です。

 

でもこの映像で、全国から多くの方に来てもらえるようになりました。

 

今後もゴッドハンドの名に恥じないよう精進して、来て頂いた方の体の不調を取除き続けたいともいます。

 

がんばるよ!