全身の痛みの原因

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

腰が痛い、背中が痛い、だけでなく全身のあらゆるところが痛いという病気があります。

 

代表的なのは線維筋痛症です。

 

線維筋痛症は例えば腰はレントゲンを撮っても悪くはないのに、痛みを感じるなど。体の部位は悪くないのに、体中全体、全身に痛みを感じてしまいます。

 

ではその原因は何なのでしょうか?

 

医者的な原因をいうと、全身の痛みの原因は精神的なものが原因とされています。

 

脳が勝手に悪くない所も痛いと認識してしまう。

 

だから、線維筋痛症などの方は痛み止めを大量出されますが、うつ病の薬も大量に出されます。

 

しかし、薬を大量に飲んでいても治らないんですよね~

 

線維筋痛症は症状が軽くなることはありますが、決して治らないんです。

 

だっから病院に何年も通って苦しんでいる方が多いんですよね~

 

医者的な全身の痛みの原因は以上のようなことですが、カイロプラクティック的な全身の痛みの原因は違って来ます。

 

カイロプラクティック的には首のズレが原因となります。

 

本来は、脳と体は神経で繋がれています。

 

しかし、首の第一頸椎がズレる事でそこを通っている神経が圧迫され、神経が100%体に行きわたらなくなる。

 

そうすると、日ごろの仕事や遊びで疲れた腰や背中が疲労し痛みを発生する、しかし、神経が100%患部に届かない為、痛みが修復されなくなり、全身に痛みが残るのが原因です。

 

だから全身の痛みを取りたかったら、首のズレを治し、そこで圧迫されていた神経を解放してあげる必要があります。

 

そうすれば、あとは脳が神経を通って、患部を自然に修復してくれる。いわゆる自然治癒が100%発揮されて治っていくわけです。

 

今まで当院にも線維筋痛症と診断された方が3人ぐらいきて、皆さんよくなりました。

 

首も肩も腰も、全身痛いという人もいっぱいきましたね。多分300人以上いるかな。

 

そういったかた皆さん原因は首のズレです。

 

例えば、当院のHPのトップに掲載されているお客様の声で、線維筋痛症の方がいるのですが、その方の場合は2回の施術で全身の痛みは良くなりました。

 

他にも、不眠、便秘、リュウマチなども良くなりました。

 

こちらのページに詳しく書いています。

トップページ

 

体中が痛いと不安になりますが、当院で改善しますので決してあきらめないで下さい。

 

ではでは

 

筋肉がこわばる病気

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

今まで、筋肉がこわばり、緊張してしまうという患者さんに結構来て頂きました。

 

何人ぐらい来たかな~覚えてないけど10人以上は来たと思います。

 

皆さん当院の施術で元気になったので良かったのですが、来て頂いた方達を見ると、筋肉のこわばりと精神的なものは関係していると思います。

 

そして、筋肉のこわばりで来て頂いたかた10名以上の方全員が男性でした。多分、今まで女性はいなかったです。不思議、たまたまかな。

 

病名を付ければ、ミオトリ―症候群とか線維筋痛症とか膠原病とか何かしら病名はつくのかもしれませんね。

 

でも、肩こりがひどいとか、背中が痛いとかで当院に来た人の中にやたらと体に力が入って体全体がこわばってしまっているんです。

 

力を抜いてリラックスすればいいのに、自分の意思では体の緊張や筋肉のこわばりが抜けないんですよね。

 

こういった患者さんに共通しているのは、うつ病だったり精神的な病気も持っていて、それが影響しているのかな~とも思います。

 

では、筋肉がこわばる病気の原因は何かということですが。

 

それは、体と筋肉がバラバラになってしまっているという事。

 

本来なら、脳の命令を受けて筋肉が動かなければいけないのですが、神経が途中で止まってしまっていて、脳の命令を筋肉が正しく受け取れなくなってしまっているんです。

 

だからこわばってしまう。

 

脳が体をリラックスさせようと体に命令しても、神経が止まっているから体がいう事を聞かずリラックス出来ない状態。

 

この神経が止まっている部分が首なんです、だから首の治療をすれば筋肉のこわばりや、体の緊張は取れるのです。

 

繊維筋痛症、膠原病、ミオトリ―症候群など病名は何でもいいのですが、筋肉がこわばる病気の原因は首。

 

首を治して、頭と体をつなげるには当院の施術が必要です。

 

テレビにを2回ほど出演し、ゴッドハンドのいる整体院と紹介していただきました。

 

その時の動画がこちらです。腰痛の方が1回で治っています。

当時はチョップ整体院という名前で営業していました。

 

現在はアキサワ東京カイロプラクティックです。

 

筋肉がこわばる病気や、筋肉のこわばりで悩んでいる方も改善しますので、決してあきらめないで下さい。

 

病院から原因不明です。といわれたら当院の出番ですね。

 

ではでは。

 

体が痛い病気

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

肩こり、腰痛など体が部分的に痛いだけなら、病気ではなくただの症状なのですが、首、肩、腰、背中、足など体が全体的にあっちこっち痛いという場合は線維筋痛症と呼ばれる病気の場合があります。

 

線維筋痛症という病気は、痛みの原因が患部である、肩や腰にあるのではなく、脳があやまって悪くない部分も痛いと判断してしまい体があっちこっち痛くなってしまうのが原因。

 

でも病院でもこの病気の診断基準ってあいまいなんですよね~

 

だいたいうちに来る患者さん達は医者に「正確に病名は解らないけど、多分、線維筋痛症だろうと言われた。」といいます。

 

痛みの原因にはリュウマチ性のものもあったり、ホルモン関係のものもあったりで検査してもはっきりとした病名は解らないようです。

 

原因が解らない時は、精神的なもので痛いということになって、線維筋痛症にしておくのが無難なようです。結構適当見たい。。

 

そして、精神的なものとなると、薬を大量に出すんですよね~

痛み止めから、うつ病の薬から、あれやこれやと飲ませて、1年も2年も症状は変わらず。

 

本当に患者さんが可哀そうです。

 

病院は儲かりますけどね。

 

体が痛い病気とか、原因不明で体が痛い病気を治すのは当院が得意としている所です。

 

結局、体の痛い病気の原因というのは、脳と患部の間を流れている神経が途中で止められていて、脳に正確な情報が伝わらず、悪くもない患部を脳が誤って痛いと判断してしまっているだけなんです。

 

その神経の流れを止めてしまっている所というのが、首の第一頸椎の部分。

 

第一頚椎がズレる事によって、そこの流れている神経が圧迫され、神経が末梢まで正確に伝わらなくなります。

 

脊椎と呼ばれる、体の真ん中にある骨は、それぞれ椎間板と呼ばれる軟骨が骨と骨の間にはさまって、骨を支えズレないようになっています。

 

しかし、首の第一頸椎だけは、この椎間板が入っていないんですよね。

 

だから、この部分がズレやすくなっており、神経を圧迫してしまうんです。

 

当院にも線維筋痛症と診断されたという方が今までに3人ほどお越しになりました。

 

本当に線維筋痛症なのかな?という気もしますが、まあ体が痛い病気ですよね。

 

その方達も、2回~4回ぐらいの施術で皆さん改善し、元気になられました。

 

一人だけ当院のホームページのトップに口コミを掲載しておりますので見て見て下さい

 

トップページ

 

原因不明で体が痛い病気というのも改善しますので決してあきらめないで下さい。

 

ではでは

 

仙骨 治療

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

仙骨の治療って、なかなか病院ではやりようがないんですよね。妻も昔、仙骨が90

 

度に曲がってしまって、大変な事があったのですが、それも自分たちで治すことが出来たんですよね。

 

今日はその時の思い出話でも書きましょうかね。

 

私がカイロプラクティック院を開業して半年が経とうとしていた頃、妻はまだ会社勤めをしていました。

 

ある日、妻が会社ですってーーんと転んでしまったんだそうです。

 

何でも、妻が朝出社してくると。床を清掃していた係の人が水を一面に巻いて掃除をしていたそうです。

 

そこに清掃員の人が挨拶しながら妻に話しかけてきて、妻も油断して話かけると、びしょ濡れの廊下に差し掛かり、すってーーんとひっくり返って転んでしまったとの事。

 

お尻が痛いやら、腰が痛いやら、悔しいやら、この恨みを誰にぶつけていいやらで仕事にならず、半休を取って会社から帰ってきました。

 

そして、労災の認定を受ける為に病院へ行ってレントゲンを撮ってもらうと、本来なら真下を向いていなければいけない仙骨が、体の中の方に90度折れ曲がっていたのでした。

 

病院の先生によると、もしかしたら最初から仙骨が曲がっていたかもしれないね~という曖昧な答え。

 

でも、嫁の仙骨を触って見ると、普通なら仙骨を触れるのですが、内側に曲がっているので触れない。やわらかい筋肉があるだけ。

 

あるべきものがない!

 

最初から曲がっていたはずはないですよね。

 

病院じゃ治療できないですもんね。だからもともと曲がっていたかもと言ったんでしょうね。

 

幸いにも、レントゲンを見ると、仙骨は90度に曲がっていましたが骨折はしていなかったのでした。

 

じゃあ、この曲がった仙骨をどうやって治療したらいいんだろう?ということですよね。

 

私はカイロプラクティックを開業して半年、首の施術だけで腰痛や肩こりなども治して来ました。

 

でも、首の治療だけで、この仙骨が治るのかな~

 

という自信のなさ。

 

当時はまだまだ経験が少なかったですからね、カイロプラクティックの教科書によれば治るはずですが、何分経験が少ないもので自信がありませんでした。

 

なんだったら仙骨の治療を専門とする、仙骨調整とか受けなければいけないのかな~

 

という情けない考えもよぎり。。

 

でも自分を信じて自分たちで治すことにしました。

 

すると、施術回数としては1回ですが、その後3ヶ月ぐらい様子を見ると。

 

お尻を触ってもなかった仙骨が、お尻を触るとしっかりあったんです!

 

おおーー

 

これは感激でした。90度曲がってしまった骨も、自分たちの治療である、首だけの施術のあと、あとは自然治癒力の力で、元の位置に戻ったのです。

 

この事件をきっかけに、腰椎でも、尾骨でもなんでも、首の治療をするだけで、元の一に戻るという確信が持てました。

 

残念ながら仙骨の写真は入手するのを忘れてしまったのですが、こちらは嫁が腰痛ヘルニアだった時の写真です。

 

腰椎の4番と5番の骨が狭くなっていてヘルニアになっています。

 

 

こちらは施術をして数か月後の写真です。

 

 

腰椎の4番と5番の骨の間が広くなって、右に歪んでいた背骨が真っ直ぐになっています。

 

このように首の治療だけで、全ての骨が正しい位置に戻るんです。

 

首だけでここまで劇的に変わるなんて信じられないでしょ?でも本当なんです。

 

テレビにも出ましたので見て見て下さい。

当時はチョップ整体院という店名で営業していました。

 

今はアキサワ東京カイロプラクティック。

 

ではでは

 

ネフローゼ症候群の原因

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

今まで腰痛や肩こりだけでなく色々な病気の方が来て頂きました。

 

その中で、難病と呼ばれている病院では治らないとわれているネフローゼ症候群の方が治った時はうれしかったですね。

 

ネフローゼ症候群とは腎臓の病気。腎臓がうまく機能しないので、タンパクが尿と一緒に出てきてしまったり、水の排出がうまく出来ないので体に水が溜まってむくんでしまったりします。

 

ではネフローゼ症候群になってしまう原因は何なのでしょうか?

 

一般的な原因は病院の先生に任せるとして、カイロプラクテ的な原因について説明したいと思います。

 

腎臓は神経が脳の命令を伝えて動いています。

 

脳がタンパクを処理しろ、と命令を出せばそのように腎臓が動き、水を尿として排出せよ、と脳が命令すればそのように動くわけです。

 

しかし、途中で神経が止まってしまっていて、脳の命令が腎臓まで届かなかったらどうなってしまうでしょうか?

 

そうです、腎臓が正しく働かなくなるということです。

 

正しく働かないと、どう働かないかによって病名が付き、タンパクが尿に出てしまう場合はネフローゼ症候群と病名が付けられるわけです。

 

例えば、皆さんスマホでゲームをしたりすることがあると思います。

 

ゲームはホストサーバーと言われる、ゲーム会社のサーバーからネットを通じて指示が送られ、ゲームが動くわけです。

 

しかし、このネットの接続が悪くなったらどうなるでしょうか?

 

多少の接続不良ならゲームの動きに遅延が発生し、動きが悪いな~という感じになり。

 

完全に接続が切れると、ゲームも完全に動かなくなります。

 

人間の体も同じです、神経が途中で止まり、脳の命令が一部届かなくなると、各臓器の動きが悪いな~というようになるわけです。

 

これが原因です。ネフローゼ症候群でも、他の病気でも神経の流れが悪くなることで臓器の働きが悪くなるのが原因なのです。

 

では、どこで神経の流れが悪くなっているのでしょうか?

 

それは、首の第一頸椎が原因なのです。

 

体の真ん中の骨、脊椎にはそれぞれ椎間板と呼ばれる、軟骨が骨と骨との間に挟まっていて、簡単には骨がズレないようになっています。

 

しかし、第一頸椎でかはこの椎間板と呼ばれる軟骨に挟まれていないんですよね。

 

だから、簡単に第一頸椎はズレてしまうんです。

 

その結果、そこを通っている神経が圧迫され、神経の流れが悪くなってしまう、そして人によって症状が現れる場所は変わりますが、腎臓に症状が現れ、タンパクが出てしまうとネフローゼ症候群と診断されるわけです。

 

だからネフローゼ症候群を原因から治したかったら、首の施術をする必要があります。

 

それが出来るのが当院のカイロプラクティック。

 

当院はテレビに2回ほど出演し、ゴッドハンドがいるお店と紹介されました。

 

当院が出演したテレビの動画です。

当時はチョップ整体院という店名でしたが、現在はアキサワ東京カイロプラクティックです。

 

2年ほど前にネフローゼ症候群の小学5年生の男の子が来てくれましたが、すっかり良くなりました。

 

ネフローゼ症候群も原因である首を治せば良くなる病気ですのであきらめないで下さい。

 

ではでは

 

ネフローゼ症候群が完治

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

今まで色々な病気の方が来て頂きました。

 

その中で、難病と呼ばれている病院では治らないとわれているネフローゼ症候群の方が完治した時はうれしかったですね。

 

ネフローゼ症候群とは国から難病指定されている病気で、完治する事はないとされています。

 

だから医者が出来る事としては症状を軽減させることぐらいなんだそう。

 

でも、当院のカイロプラクティックだったら完治させることが出来たんですよね~

 

患者さんは都内に住む小学校5年の男の子でした。

 

ネフローゼ症候群の症状としては、尿からタンパクが出てしまい、体がむくんでしまうんだそうです。

 

ネフローゼ症候群と診断され、病院に通院していましたが、当院のうわさを聞きつけお母さんが連れてきました。

 

最初の印象は体格のいい、ちょっとぽっちゃりした男の子という印象。そのぽっちゃりが体のむくみだったとは最初は分かりませんでしたが。

 

とっても元気がよく、ガキ大将のような感じでしたね。でもネフローゼ症候群を抱えていようとは。

 

施術は2~3週間おきぐらいのペースで5回ぐらいやりましたかね~期間的には3ヶ月ぐらい経った頃です。

 

家で出来る簡単な尿検査をしてもタンパクが出なくなったそうで。

 

そして、病院へ行って検査をしても完治したと認めてもらえたとの事。

 

顔や体もすっかり、細くなってむくみが取れ、別人になったようでした。

 

まん丸で可愛い子供だった顔や体が、スッキリ細くなって急に大人になった感じ。

 

むくみがなくなるとこんなにも見た目が変わるんですね^^

 

ビフォア―、アフターの写真とかを撮っておけばよかったな~残念。

 

でも本当に完治してくれてよかったです。

 

病院へ通っていたら、ネフローゼ症候群は治らないですからね、薬を一生飲んでいないといけないわけです。

 

もう、ある程度年を取った方ならあきらめもつきますが、まだ人生これからという小学生が一生薬を飲み続けなきゃいけないなんて、それじゃああまりにも可哀そう。

 

うちに来てくれて本当によかったと思いました。

 

完治してから、もう2年ぐらい経っているかな~

 

それから一度も来てくれていないので、もう再発はしていないんでしょうけど、久しぶりに顔でも見せてくれたらうれしいですね。

 

ではでは。

 

心不全の原因

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

以前、心不全でペースメーカーを入れた方がいいと医者から進められていた50代の女性が当院の施術で心不全が改善され、医者からも「ペースメーカーを入れる必要はなくなった」と診断されました。

 

では、心不全の原因は何なのでしょうか?

 

一般的な心不全の原因は医者に任せるとして、カイロプラクティック的な原因を説明したいと思います。

 

心不全とはかみ砕いて言うと、心臓がうまく動かない状態ということです。

 

本来は脳からの命令が神経を通って心臓を動かします。心拍数はこのくらいで、1回に送る血液量はこのくらいで、と脳が決めて脳が心臓を動かします。

 

しかし、この神経が途中で半分ぐらい止まってしまったらどうなるでしょうか?

 

それは、心臓が脳の命令を100%受けられなくなるので、半分ぐらい止まってしまうという事です。心臓がうまく動かない状態、いわゆる心不全になるという事。

 

例えば、スマホでインターネットを見ている時を想像して見て下さい。

 

電波の入りが悪い時にインターネットを見ると、動作が遅くなって正常にページが表示されないわけです。

 

決してスマホが悪いわけではないです、通信環境が悪く、通信が途中で止まっているのが原因なのです。

 

心不全もそうです、決して心臓が悪いわけではないです、脳との通信に使う神経が途中で止まっているのが原因なのです。

 

その神経が途中で止まっている場所というのが、首の第一頸椎の部分。

 

第一頸椎がズレている事で、そこを通っている神経が圧迫され、臓器が正常に動かなくなり、心不全と診断されるのです。

 

だから、心不全を治したかっらた、原因である首の第一頸椎のズレを治してあげればいいだけ。

 

首のズレを治してあげると、例えば最初にお話したペースメーカーを入れなくて良くなった50代の女性は、脈拍が120回/1分だったのが80回/1分になり、血液検査で血中の酸素濃度が正常になりました。

 

だから心不全を治したかったら原因である首を治す事。

 

それが出来るのは当院だけなのです。

 

ではでは

 

心不全と不整脈

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

今まで、肩こりや腰痛の方だけでなく、心臓の病気の方も何人か治して来ました。

 

心不全とか不整脈とか。

 

人数的には心不全の方は1人で不整脈の方は3人ぐらいですかね。

 

まあ、整体に来て心不全や不整脈を治そうと思う人はいないので、まだまだ症例は少ないですが。

 

血圧が高いという人は結構来ましたね。腰痛とか肩こりを改善したくて来たのに、ついでに血圧も下がったというかたです。

 

多分、血圧が下がった方は10人ぐらいいるんじゃないかな。

 

このように心臓の病気も当院の施術の対象なんです。

 

では、心不全や不整脈の原因は何なのか?という事ですよね。

 

心臓も血管も自律神経を通った脳からの命令によって動いています。

 

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、交感神経が強くなれば血管は広くなり、心臓は早く動きます。

 

逆に副交感神経が強くなれば、血管は狭くなり、心臓はゆっくり動く。

 

このように自律神経によって心臓や血管は動いています。

 

しかし、この自律神経が途中で止められてしまうと、脳からの命令を臓器が正常に受ける事が出来なくなり、心臓が正しく動かず、心不全や不整脈といった症状が現れるわけです。

 

その神経が途中で止まっている部分が首の第一頸椎なのです。

 

第一頸椎のズレによって、そこを流れている神経が圧迫されます。本来なら脳の命令を100%伝えなければいけないのに、90%だったり、80%だったり、正確に何パーセントかは分かりませんが、脳の命令が伝わらなくなります。

 

だから、第一頸椎のズレを1mmの狂いもなく取り除けば神経が100%流れるようになり、脳の命令によって心臓が100%働くようになるのです、そして心不全や不整脈といった症状が消えてなくなる。

 

心不全や不整脈の原因は首の第一頸椎のズレという事です。

 

当院では腰痛だろうが、肩こりだろうが、心不全も不整脈も同じ首の調整しか行いません。

 

これだけで、全ての病気が改善していきます。

 

肩こりや腰痛ぐらいでしたら、当院でなくても腕のいい整体院へ行けば治してもらえるので、心不全や不整脈でお悩みのようでしたら是非来て頂けたらと思います。

 

心不全と不整脈でペースメーカーを入れなければいけないと病院の先生に言われていた50代の女性も、ペースメーカーを入れなくて良くなりました。

 

ペースペーカーを入れる前に来て頂けたらと思います。

 

ではでは

心不全は治る

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

今まで、肩こりや腰痛の方だけでなく、色々な病気をお持ちの方にお越しいただきました。

 

その中でも一番印象に残っているのが、医者からペースメーカーを入れた方がいいと言われていた慢性心不全の患者が1回の施術で良くなってしまったことですかね。

 

千葉県からお越しの50代の女性で、ちょっと体重が重いかな~という印象の女性でした。

 

当院が出ていたテレビを見てわざわざ遠くから来て頂いたのですが、最初は腰痛を何とかしたいと思ってきてくれました。

 

腰痛ぐらいでしたらすぐ治るでしょうし、うちじゃなくても近所の腕のいい整体院でも治るでしょうし、当院しか出来ない事として慢性心不全を何とかしてあげたいな~と思っていました。

 

慢性心不全の話を聞くと、常に脈拍が1分間に120回ぐらいあるそうで、病院で血液検査をすると血液中の酸素濃度が極端に低いそうです。

 

また当院は国分寺駅から歩いて10分程度の所にあるのですが、歩いてくると途中で息が切れてしまって、休憩しないと来られないとの事。

 

病院の先生にはペースメーカーを入れた方がいいといわれていましたが、決心が着かず悩んでいました。

 

それりゃそーですよね、心臓に機械を取り付けるなんて、失敗の可能性だってあるでしょうし、例え成功したって今後不自由な生活を強いられるわけですから。

 

「心不全もうちで治るよ」と教えてあげると「そうですか~」と半信半疑。

 

そして、1回目の施術をして、そのあと2週間後に2回目の施術に来た時の事。

 

病院で血液検査をしたら血液中の酸素濃度が正常になったと、そして脈拍も1分間に80回程度に低くなったそうで。

 

病院の先生からは、とりあえずペースメーカーは入れなくてもよさそうと言ってもらえたそうです。

 

そして、国分寺駅から歩いてくる時も、途中で息切れすることなく歩いてこれたと喜んでしました。

 

いや~本当に良かったです、ペースメーカーを入れてしまったあとじゃなくて。入れる前だったら心不全ぐらいだったら治るんです。

 

心筋梗塞とかだと血管のつまりなので、治るかどうかな~と思うのですが、心不全ぐらいなら慢性でも急性でも大丈夫。

 

心不全の方は中々来られないですが、血圧が高いという方も何人も血圧が低くなっていますし。不整脈のある人も、不整脈が治っています。

 

だから心臓とか内臓系でお悩みの方はそういった病気も施術の対象ですのでお越し頂けたらと思います。

 

ではでは

腰部脊柱管狭窄症の治療

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

当院へお越しのお客様で一番多い症状は腰痛です。

 

腰痛で病名が付いた者の中で一番多いのが、腰椎椎間板ヘルニア、次に多いのが腰部脊柱管狭窄症。

 

腰部脊柱管狭窄症で当院で治療を受けられた方はいままに結構いますね~

 

どのくらい来たのかな~、50人ぐらいは来たと思うんだけど。結構みなさん良くなりましたよ。

 

腰部脊柱管狭窄症の治療でいままで一番記憶に残っているのは、早稲田大学でハンドボールをやっていた学生さんが来た時かな。

 

基本的にプロスポーツ選手は当院の治療では治っていかないのでお断りをしているんですよね。

 

だって、運動が原因で腰が痛くなったのに、ハードな運動で腰を酷使したらそりゃ治らないでしょ。

 

それに、当院は体の歪みを取る事で体を治すのですが、ハードな運動をしていたらすぐに歪んでしまう、だからお断りしているんですよね。

 

でも、早稲田のハンドボール部でトレーナーをしている鍼灸師さんが私の知り合いで、どうしても次の大会に出させたいから治療してくれとお願いされたんですよね。

 

だったら、2週間練習をしないことを条件に治療してもいいよと条件を出して治療する事になりました。

 

すると、1回目の治療で腰部脊柱管狭窄症が原因の腰痛はととんど良くなったとの事。

 

2週間後に2回目の施術に来てもらったのですが、調子がいいから練習を開始したそうで。。

 

良くなったかな~とか心配していたのですが、拍子抜けでした。

 

2週間は練習しないと約束してたのに、まったく!

 

体は歪んでいましたが、本人が腰部脊柱管狭窄症による腰痛が全くなくなったと言っているので、まあいいでしょう。

 

若いからすぐに良くなったんでしょうね。

 

解剖学的に25代以下は体が子供なんだそうです。成長ホルモンがドバドバ出て、骨や筋肉はどんどん回復していく。

 

25歳以下だとやっぱり治りが早いですね。

 

他の方でも腰の痛みが1回で治っている方は結構いますよ。

 

私がテレビに出た時にテレビ局の方が施術を体験してくれたのですが、レポーターの方は来た時にはコルセットを巻かないといけないくらいひどかった腰の痛みが、1回施術を受けて帰る頃にはすっかり良くなって、コルセットを巻かずに帰って行きました。

 

こちらがその時のテレビです。

 

当時はチョップ整体院として営業していました。現在はアキサワ東京カイロプラクティックです。

 

ではでは