パニック障害の施術



 パニック障害で外出が怖い

最初は一人で電車に乗ると、パニックを起こしてしまう。だから、電車に乗るときは夫と一緒に乗るようにしていた。

そのうち、二人で電車に乗ってもパニックを起こすように。だから、電車に乗るのをやめてしまた。

そのうち、症状は重くなり、外出するだけでもパニックを起こす。なにげないスーパーでの買い物ですら、レジに並ぶあいだに症状が出る。

次第に外出するのが怖くなり、いつしか引きこもりがちになってしまう。

仕事に行けないばかりか、旅行も行けない、買い物も行けない、普段の生活を普通にこなすことが出来ない。

あーあー何でこんな事になってしまったんだろう。一生このままなのかなぁ。

パニック症とは不安障害と呼ばれる病の中のひとつで、不安障害を代表する精神疾患です。

厚生労働省の調査によると、日本では何らかの不安障害を有するものの数は生涯有病率で9.2%(12ヶ月有病率では5.5%)います。

その中で、生涯有病率をみると、特定の恐怖症が最も多く3.4%、次いで全般性不安障害1.8%、PTSD1.4%、パニック障害0.8%でした。

腰痛はもはや国民病と呼ばれるぐらい悩んでいられる方が多い病気です。

参照 : 厚生労働省 みんなのメンタルヘルス

パニック障害を改善して明るい未来を

  • 電車や車に一人で乗れる。
  • 飛行機に乗ってハワイ旅行にも行ける。
  • 大好きなアーティストのコンサートだって人ごみを気にせず行ける。
  • 休職していた仕事に復帰して、昔のようにバリバリ働ける。
  • 外出が楽しくなり、友達とどこへでも出かけられる。。

 パニック障害の原因

当整体院ではパニック症の原因は首のズレにあると考えております。

首には脊髄を通して大きな神経が流れており、その神経は、脳からの命令を神経を通して体に送っているわけです。

しかし、首がずれてしまうと、そこを流れている神経が圧迫され、脳の命令が100%流れていかなくります。

この状態を神経圧迫と呼んでいます。

首に神経圧迫があると、首から下に命令が流れていかないので、脳に命令がたまって行き、そのうち脳からあふれて爆発してしまう。

その状態になると、脳が混乱し、精神をおかしくししまうのです。

人によって時にはパニック障害になったり、あるいはうつ病になったり、様々な精神疾患を引き起こします。

この考え方はカイロプラクティックでの考え方ですが、東証医学の鍼灸治療などでも神経が流れず脳に溜まってしまい、それが神経疾患を引き起こすと考える流派もあります。

ですから、この病を改善するためには首のズレを整えて、神経圧迫を取り除き、神経が脳から体まで100%流れるようにしなければなりません。

 カイロプラクティックで改善しよう

当整体院はどこへ行っても治らない痛みや、病気で悩んでいる方たちが全国から訪れるカイロプラクティック院です。

パニック障害やうつ病の方も今まで多くの方がこられました。

首を1回調整することで、首のズレを取り除き、同時に神経圧迫を取り除きます。

神経圧迫を取り除いたあとは、ベッドで約4時間寝てもらいます。

そうすることで、すぐに首が元に戻らないように首を固定する意味があります。

もし、1時間とか寝るだけで帰ってしまったら、家に帰る前には元のズレた首に戻ってしまうでしょう。

だから、他の整体院に比べて、施術回数がとっても少なくすみます。

パニック症の方は1回~3回程度、うつ病の方は4回~5回程度で改善する方が多いです。

 関連情報

パニック障害が改善した方の口コミ

パニック障害が改善した方の症例


 テレビ出演2回

2014年に放送されたTBSテレビのGメン99という番組では、ゴッドハンドのいるお店として紹介されました。

番組ではガン以外の様々な病を改善するお店として、お客様へのインタビューがあり、パニック症も改善した実績があると紹介され、全国から大きな反響をいただきました。