気管支喘息の施術



 喘息で眠れない

咳が止まらないのがとにかくつらい。

梅雨の季節になると喘息の発作が出始める。雨が降ったり、台風が来るときなどは必ず発作が出る。

特に寝ている時の咳はつらい。

起きている時には大丈夫でも、布団に入って寝ようとすると咳が出る。

咳が出るから眠れない。

薬を飲めばとりあえず発作は止まるけど、薬は体に悪いんだろうなと思いながら仕方なく飲む。

薬に頼らないで普通に眠れたらいいんだけどなぁ。

喘息は日本人の3%~5%が発祥するといわれており、厚生労働省の平成16年から18年の調査では20歳から44歳の5.4%の方が医師から診断されたと報告されました。

参照 : 厚生労働省

気管支喘息を改善して明るい未来を

  • 寝ても咳が出ず、ゆっくり眠れるようになる。
  • 満員電車の中でも咳をがでず、気まずい思いをしなくてすむ。
  • 気管支がゼコゼコせず、とにかく快適。
  • 薬や吸引機をやめられる事がなにより幸せ。
  • 職場で咳が出て周りに迷惑を掛けていたが、これからは仕事に集中できる。

喘息を改善して、快適な生活を手に入れませんか?

 気管支喘息の原因

当整体院では気管支喘息の原因は、首の第一頚椎のズレにあると考えています。

気管支は自律神経によって支配されています。

自律神経には2つあって、ひとつは交感神経、もうひとつは副交感神経。

気管支は交感神経が多く流れ、交感神経優位の状態になると、気管支は大きく膨らむようになります。

逆に、副交感神経の方が多く流れ、副交感神経優位の状態になると、気管支は小さく、狭くなる。

気管支が狭くなると、そこを流れる空気の通りが悪くなり、ゼーゼー、ヒューヒューと音がなって詰まるような感じとなり、咳が出るのです。

ですから、寝るときに横になると咳が出やすいのは、寝ると副交感神経優位の状態がさらに強くなるので、気管支が狭くなり発作が出るのです。

例えば、鍼灸師さんなんかも喘息の患者に鍼を打つときは、寝かせて打つと副交感神経優位となってしまい発作が出てしまうので、起きて座った状態で鍼を打つようにします。

では、なぜ気管支で副交感神経が優位の状態になり咳が出るのでしょうか?

それは、首の第一頚椎のズレによってそこを通っている交感神経の流れが悪くなっているからです。

副交感神経優位の状態となるのは、副交感神経が多く流れる時だけではありません。交感神経の流れが少なくなった時も副交感神経優位の状態になるのです。

ですから、第一頚椎のズレによって交感神経の流れが悪くなってしまうと、副交感神経優位の状態となり、気管支が狭くなることで咳が出るようになるのです。

この交感神経、副交感神経の関係がおかしくなるのは、ようは自律神経失調症ということ。

気管支喘息はざっくり言ってしまえば、自律神経失調症ということなのです。

もちろん、ほかの心臓だったり、腎臓だったりの病気もほとんどが自律神経失調症といっても過言ではないでしょう。

だから、喘息を治す薬は交感神経を多く流したり、副交感神経を少なく流したりして、自律神経を整えるのが薬の基本的な原理となります。

そして、薬を使わずに改善したかったら、自律神経が止まっている、第一頚椎のズレをとって首を整えることが必要となるのです。

首を整えることが出来るのは、病院でも鍼灸院でも出来ません、カイロプラクティックだけが出来るのです。

 カイロプラクティックで改善しよう

当整体院はどこへ行っても治らない、痛みや病で悩んでいる方たちが、全国からやってくるカイロプラクティック院です。

もちろん、気管支喘息の方も多くいらっしゃっていただきました。

首の第一頚椎のズレをとって、あとは4時間寝ていただくだけけで、ガン、虫歯、骨折以外すべての病、症状に効果があります。

4時間寝ていただくことで、首が固定され、すぐに第一頚椎がズレて戻ってしまうことを防ぎます。

ですから、ほとんどの方が1回~3回程度で改善します。喘息はわりとすぐに改善する方が多いです。

ですから、何度も通わなくてすむ所が他の整体院とは違います。

もちろん、喘息の改善に実績のある治療院は当院以外にはほとんどないのではないでしょうか?

 関連情報

喘息が改善した方の症例

 テレビでゴッドハンドのいる整体院と紹介

2014年にTBSテレビのGメン99という番組で、当院が紹介されました。

そこでは、気管支喘息の方が1回で改善したというお客様のインタビューが放送され、全国から多くの喘息の患者さんが来られるようになりました。

「今まで、喘息が病院以外で治るとは思っていなかった。」「薬以外でも治す方法があることを知った。」との声を頂いております。



※著書「寝ている間にコリと痛みがスッキリ取れる、手作り枕整体」の中で喘息が発祥するメカニズムを詳しく説明しております。

本のものカイロプラクティックはコリや痛みを取るだけではなく、内科にかかるような病も改善してしまうことがよくわかると思います。