背中の痛みの施術



 背中の痛みはつらい



背中が痛い。朝起きてからずーと一日中背中が痛いし、呼吸が苦しい。

事務職で、一日中座ってパソコンを操作しているが、座っているのが本当につらい。

座ったまま同じ姿勢でずーと仕事をしていると、どんどん、どんどん、背中が凝ってきて硬くなっていくような気がする。

整体院へ行って背中をマッサージしてもらうが、

「背骨のすぐわきの辺りが硬くなって、石のようになっている。」

とどこへ行っても言われる。

しかし、マッサージをしてもらっても、ストレッチをして背中を伸ばして見ても、この硬くなった背中が柔らかくなる気配は全くないし、呼吸は息苦しいまま。

こんなつらい痛み、一生続くと思ったら、嫌になっちゃいますよね。

だったら、カイロプラクティックで改善してみてはいかがでしょうか?


背中のいたみを改善して明るい未来を!

  • 長時間の座り仕事でも、痛みを気にすることなく仕事に集中できるようになる。
  • 朝起きると痛みが無いので、気分が清々しい。
  • 背中に痛みが無いの、仰向けで寝られて熟睡できる。
  • 大好きなゴルフを再開できる。
  • 痛みのない世界って、ほんとうに素晴らしい。

背中の痛みを改善して、快適な生活を手に入れませんか?


 背中の痛みの原因

一般的には背中の痛みの原因には大きく分けて4つあると言われています。

①神経疾患に由来するもの、②心因性のもの、③運動器疾患に由来するもの、④内臓器疾患に由来するもの」です。


 ①神経疾患に由来するものとは?

「神経疾患に由来するもの」とは脊椎狭窄症などです。

脊椎が変形したり、潰れる事で脊椎の間に入っている椎間板が飛び出し、脊椎の間を通っている神経を圧迫する事で痛みを出すことが原因となる病気。


 ②心因性のものとは?

「心因性のもの」とは、心の疲労やストレスといった精神的なものが原因となって痛みとなっている物。


 ③運動器疾患に由来するものとは?

「運動器疾患に由来するもの」とは、長時間同じ姿勢をとることで、筋肉がこわばり痛みとなってしまう物。

4つの背中の痛みの原因ではこの筋肉のこわばりが原因のものが一番多いです。


 ④内臓疾患に由来するものとは?

「内臓器疾患に由来するもの」は心臓、腎臓、肺などの内臓の疾患が原因で、背中に痛みを出しているものです。

内臓が原因の場合はどんな姿勢をしていても常に同じように痛いのが特徴です。

参考 : Medical note


 カイロプラクティック的な背中の痛みの原因とは

スペシフィックカイロプラクティックでは背中の痛みの原因は首の第一頚椎のズレが原因とされています。



首の第一頚椎のは神経の大きな束である中枢神経が通っています。

脳の命令はこの中枢神経を通って、そこから末梢神経を通り、体の各器官へと送られていきます。

しかし、第一頚椎がズレてしまうと、脳の命令が、中枢神経の始まりである第一頚椎の部分で止まってしまい、体の各器官へ脳の命令が正しく伝わって行かなくなってしまうのです。

例えば長時間同じ姿勢でいるために、背中の筋肉が硬くなってしまったら、本来は寝ている間に脳から「傷んだ筋肉を修復して、筋肉を柔らかくするよう」背中に命令が届きます。

しかし、第一頸椎の所で脳の命令が止まってしまうので、「傷んだ筋肉を修復して、筋肉を柔らかくする」という命令を背中が受け取る事が出来ず、背中は硬いままとなってしまうのです。

背中が痛くて息苦しい場合は、肺や気管支が硬く、細くなっている事が考えられます。

背中の筋肉が硬く縮んで、肺や気管支を圧迫してしまっていることも考えられますし、肺や気管支自体が細くなっている可能性もあります。

肺や気管支は、交感神経が多く流れている交感神経優位の状態のときは肺や気管支の筋肉が緩み、気道が広くなります。

しかし、副交感神経が多く流れ、副交感神経優位の状態になると、肺や気管支は硬くなり細くなります。

ですので、第一頸椎のズレによって交感神経の流が悪くなってしまうと、肺や気管支は細くなり、呼吸が浅く息苦しくなってしまうのです。

背中の痛みの原因である他の三つ「神経疾患に由来するもの」「心因性のもの」「内臓疾患に由来するもの」も大元をたどれば第一頸椎のズレが原因となります。

「心因性のものは」脳からの命令が背中に届かない、ではなく、逆になります。

背中の状態が脳に届かないのが原因。

体の各器官は、末梢神経を通って、中枢神経を通り、脳に体の状態を伝えています。

背中の筋肉が硬くなっていたら、「硬くなっているよ」という情報を脳に送っていますし、正常だったら「正常だよ」という情報を送っています。

しかし、第一頸椎のズレによってそこで神経が止まってしまうと、背中が「正常だよ」と言う情報が脳に届かなくなります。

すると脳は背中に異常があると誤った判断をしてしまい、背中の筋肉が硬くなっていなくても「背中が痛い」と思い込んで痛みとなってしまうのです。

これがストレスによる痛みの原因。

ですから、背中の痛みを改善したかったらどのような症状、状況でも第一頸椎のズレを取る必要があります。



 カイロプラクティックで背中の痛みを改善しよう

当カイロプラクティック院はどこへ行っても改善しない痛みや、病で悩んでいる方たちが全国からやってくる整体院です。

首を1回、アクチベーターという器具で調整し、あとは4時間寝るだけで、ガン、虫歯、骨折以外の痛みや病を改善します。

背中の痛みや息苦しさも改善されます。

あとは、すぐに首のズレが元に戻らないよう、固定することで、4時間ほどベッドで寝ていただきます。

そうすることで、すぐに第一頸椎がズレてしまうことを防ぐので効果が長持ちする。

ですからほとんどの方が、2回~3回程度、多い人でも5回程度で改善します。

何度も通わなくて済むことが他の整体院とは違います。

ですから、市外や他県の方も多くいらっしゃいます。


 関連情報


背中の痛みが改善した方の症例


背中の痛みが改善された方の口コミ


 ゴッドハンドのいる整体院

2014年、TBSテレビのゴールデン番組でGメン99というバラエティー番組で当院を紹介していただきました。

背中の痛みや内臓などのあらゆる病も改善するという実績が紹介され、ゴッドハンドのいる整体院と紹介していただきました。