線維筋痛症の改善に実績のある東京の整体院



 線維筋痛症とは


線維筋痛症とは、首、肩、腰、膝などの部位、組織で言うと関節、筋肉、腱など全身の広範囲にわたって慢性の痛みを症状とする病である。

通常の腰痛などでは腰椎の骨が潰れていて、神経を圧迫しているなどの原因があるが、線維筋痛症の痛みは、レントゲン、MRIなどの視覚的な検査を受けても、骨、筋肉、腱などに異常は見られない。

厚生労働省の住民調査によると、この病の患者数は日本で約200万人おり、人口の1.7%にのぼります。

リウマチの日本での患者数が70万人ですので、比較するとこの病はいかに多くの方が患っている一般的な病気かということが解ります。

しかし、この病で病院にかかっている人数はというと、約4,000人しかおらず、多くの方が治療を受けていません。

なぜなら、線維筋痛症の対応は高度なスキルを必要とする為、受け入れてくれる病院が少なくいから。

多くの方が病院を諦め、整体院などの代替え医療に頼っているのではないでしょうか。

参考:リウマチ情報センター(日本リウマチ財団) 

 線維筋痛症の原因

線維筋痛症の原因は医学的にははっきりと解っていないようです。

では、当整体院ではどのように考えているのか?

この病の原因は首のズレにより、そこを通る神経が圧迫される事で起こります。

詳しく述べましょう。

神経は脳と体の各部位をつなげ、脳の命令を各部位に送ったり、反対に各部位からの感覚などの反応を脳に送ったりしています。

しかし、首の骨(第一頚椎)がズレてしまうと、そこを通ている神経(脊椎)が圧迫され神経の流れが悪くなってしまう。

そうなると、脳からの命令が各部位に正確に伝わらなくなったり、反対に各部位の感覚などの反応が脳に正確に届かなくなってしまうのです。

もっと具体的に述べると。

例えば脳から信号が発せられ、腰に様々な命令が行く「腰をひねれ」とか「腰の毛細血管を広げろ」とか、しかし、首のところで神経が圧迫されているのでこのような命令が100%届かなくなってしまう。

すると、腰は脳からの命令を100%実行できない。そして、脳から腰に神経が届かないのは「異常事態」だと判断し、腰に痛みを引き起こすことで、腰に不具合があると本人に知らせている。

これと同じことが、首や肩など全身に起こり、体中に痛みを引き起こすのが原因である。

脳と体の不一致といった所でしょうかね。

 線維筋痛症の原因は他にもある

線維筋痛症の原因として私がこの整体院で患者さんを見てきた中で、首以外の他に原因がある方がいました。

それが、薬とタバコです。

1人は薬でした。1年ほど前に乳がんを患って、手術を行ったそうです。その後、ガンの薬を飲み始めたそうですが、それと同じ時期から、全身のあらゆる所が痛くなったんだそう。

話を聞いた限り、患者さんも私も「薬が全身の痛みの原因なのではないかな~」と疑いはしますが確証があるわけではないですし、まさかガンの薬を止めていいわけがないので薬を飲み続けながら、当整体院の施術を何度か受けていただきました。

5回ぐらい、整体を受けていただいたかな。しかし、痛みの改善はほんの少し。

通常であったら5回も当院の整体を受けたらある程度は改善するのに、おかしいな~と思いました。

そこで、薬が原因ではないかと確信を持ち、お医者に相談し薬を変えてもらえないか聞くようにアドバイスをしました。

すると、すぐに薬を変えてもらう事ができ、あっという間に体中の痛みは消えたのでした。

薬も変えてもらうという手段があるので、「合わないな~」と思ったら変えてもらうようお医者さんに相談するのがいいでしょう。

もう一人の方はタバコでした。この方の詳しい話はこちらで。

当整体院では痛みの原因として考えられるものとして、タバコ、アルコール、カフェイン、(薬)があるとアドバイスしています。

これらの物質は神経に作用し、神経の流れを悪くするから。ですから、当整体院の施術を受けなくても、これらの物質を止めてみるだけで痛みや症状が改善されることもあります。


 線維筋痛症の改善に実績のある東京の整体院

当整体院は、病院や整体院などどこへ行っても治らない痛みや病気で悩んでいる方達が、どんな症状にも関わらず首を1回押して、あとは4時間寝るだけでガン以外の全ての症状を改善しているカイロプラクティック院です。テレビでも2回ほど紹介されました。

当整体院で線維筋痛症が改善した方の口コミ

当整体院での線維筋痛症の症例