鼻水やかぜには温かいお風呂

前回の続きです。

 

私の2歳の娘ですが、普段の体温が36.5度と基礎体温が低く、秋から冬の季節は毎日鼻水をたらし、風邪ばかり引いていました。

 

ところが、知り合いの看護士さんのアドバイスで、毎日のお風呂の温度を高めに設定してあげて、長くお風呂に入るようにすると、それだけで翌日から鼻水が止まったのです。

 

 

いや~ビックリ。たったそれだけで鼻水が止まってしまうんですね。

 

さらに、毎日冷たい水を大量に飲んでいたのに、温かい飲み物を飲むようになりました。

 

親が強制的に温かい飲み物を飲ませるのではなく、娘の好みが変わったみたいで、冷たい水は飲まなくなり、温かいお湯やお茶を与えるとグビグビ飲むように。

 

温かいお風呂に入る事で体質が変わり、好みが変わったのかな?

 

去年は真冬でも冷たい水を大量に飲んでましたからね。

 

それとも、冬の寒さも厳しくなり、今年は温かい飲み物がおいしく感じるようになったんでしょうかね??

 

どちらにしても温かいものを飲むことは体にいいのでよかったです。

 

そして、低体温の為にお風呂に入っても鼻の頭にしか汗をかかなかった体質が、いつもより温度の高めのお風呂に入るようにして10日ほど経過すると顔中に汗をダラダラ書くようになりました。

 

体質が変わってきたんですねよかった。

 

これで安心、今年の冬はもう娘は風邪を引かないぞ!と思っていたら、つい先日風邪を引きまた熱をだしてしまったのです。。

 

ま~仕方ないですよね、保育園に行っている限り毎日風邪の菌を受取ってくるわけですから。

 

保育園の園児たちも順番に風邪を引いて、結局みんな順番にお休みをする。

 

そして次の週になるとまた振出しに戻って違うウイルスを誰かが持ってくる。

 

そして、全員が順番に風邪を引き、全員が順番に休む。

 

冬の間はこれの繰り返し。。

 

ところが、普段だったら治るまで2,3日熱を出している娘が、今回は半日で熱が下がったんですよね。

 

午前11時ぐらいに熱を出して、保育園から迎えに来るように電話があり。

 

家で熱を測ってみると39度の熱。

 

これはまた2,3日は熱が続くパターンだとがっかりしていると、夕方には熱が引いて元気になっていました。

 

これもやっぱり、温かいお風呂に長く入るようになったからなんでしょうね。

 

風邪を引いても当日に回復してくれると本当に助かります。

 

ただ、熱が下がっても鼻水はまたダラダラ出続けています。

 

お風呂上りには鼻水が止まるんですけどね。

 

以前は、お風呂上りも鼻水が出てたからそこは良くなったかな。

 

温かい飲み物を飲み、温かいお風呂に長めに入る事で、低体温や鼻水、風邪に多少は効果があるようです。

 

劇的にとは行きませんでしたが、以前よりはだいぶ良くなったので良かったです。