豆乳鍋の悲劇 カフェイン・アルコール抜き大実験11

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

一昨日、ショックな事件が起きました。

カフェイン・アルコール抜き大実験もそろそろ2週間を達成し、フィナーレかなと思っていたころ。

カフェイン・アルコール抜き実験の詳細は過去記事で。
http://ameblo.jp/kameichi13/theme-10094026527.html

一昨日の夕飯は私が担当していました。

豆乳が冷蔵庫に残っていたので、何かに使おうと思い、豆乳鍋を作る事にしたのです。

鍋を火にかけ、白菜や豚肉を入れて行きます。

スープにダシを入れ、豆乳を入れようと思うと、あれあれ、豆乳が固まっていて出てこない。

おかしいな~と思いつつ、そういえば最近寒い日が続いたので「冷蔵庫の中で豆乳がこおっちゃったんだな!」

とひらめきました!

豆乳を逆さにして振って見ると、中からお豆腐が崩れたような形で豆乳が出てくるではありませんか。

「鍋に入れれば熱で溶けるな!」と思い固形の豆乳をバシャバシャ鍋の中へ投入。

あれ、鍋に入れても豆乳が解けない!?豆腐が崩れたように鍋に散らばっていくのでした。

「もしかして、寒さで豆乳がお豆腐になったのか!」これはおいしそう^^

何も疑う事無く、鍋を完成させ、妻と鍋を食べるのでした。

「おいしいね~」と二人でいいつつ、鍋を食べ進めていると。

「何だか、すっぱいよね」「んん、確かにすっぱい」「春菊を入れたからすっぱいのかな~」

と言いつつ、ほぼ食べ終わる頃。

「あれ~、首が固くなってきた」「あっ私も首が固くなってきた」

「豆乳が腐ってたんじゃない!」「豆乳がすっぱいんだよ!」

「あっ、口の中もしびれた感じがない??」「本当だ俺も口の中がしびれてる!」

カフェイン・アルコール抜き大実験し・っ・ぱ・い!

酸っぱい味というのも、筋肉を硬くするんですよね。

酸っぱい味というのは腐っているものを現す味なんです。

だから、カフェインアルコール抜き大実験では、酢とかオレンジジュースとか酸っぱい味は取らない方がいいんです。大丈夫な人もいるので個人差があるのですが。

でも、さすがに腐ったものを食べた時は筋肉が固くなりますね。。

また、水素バスに入って実験のやり直しです。

幸いにも、腐った豆乳を食べてお腹が痛くなったり、発熱する事はありませんでした。

とりあえず、よかったよかった。

およよ。

コメントを残す