家の壁を自分で塗るご主人

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

この写真、当院の隣の家の写真なのですが何をしていると思いますか??

正解は、お隣のご主人が家の壁を塗りなおしてるんです

いや~自分で家の壁を塗っちゃうって驚きでしょ。別に大工とか、建築の仕事をしているわけじゃないんですよ。

ただ色を塗るだけならまだしも、しっかり自分で足場を組んじゃうところがとにかくすごい。

そもそもの始まりは、去年の夏休み、「家の壁を塗るからちょっとご迷惑をかけるかも」といわれて始まった。

気が付くと、家の壁に足場が組んである。

そしてペンキ塗りの作業が始まった。

でもペンキってただ塗るだけのように思っていましたがどうもそう簡単ではないようです。

まず、壁の汚れを丁寧に落として、傷んでいる所を補修する、次に下地を塗って、それからペンキを塗る。

一日あればペンキ何てすぐ塗れるでしょと思っていたらこれが全然終わらないんですよね。

夏の間いく日もペンキ塗りをしていましたが、そうこうしているうちに夏休みは終わり、家の半分しか完成しませんでした。

「今年はもうやめた、また来年の夏休みに再開する」といっていたのに、この正月休みにペンキ塗りを再開したようです。

いや~ペンキ塗り、相当過酷です。

大工さんだったら2、3日で完成しますよね。自分でやったらとんでもなく大変です。

自分は絶対やらないと心に誓う私でした。。

およよ

コメントを残す