カイロプラックティックで治せないものとは?

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

カイロプラクティックではほとんどの病気を治すことが出来ます。

でもどうしても治せないものがあります、それはガンです。

カイロプラクティックとは自然治癒療法です。

脳から神経を伝わって体の悪い部分を自分で治すのが自然治癒療法。

でもガンは脳が悪いものと判断してくれないのです、だからガンは勝手に増殖していきます。

ガンを脳が悪いものと認めないことには自然治癒療法は効果がありません、そしてカイロプラクティックも効果がないのです。

ただし、当院の施術を受けていれば免疫力があがるのでもしかしたらガンになる確率は減るのかもしれません。

現に私の場合は潰瘍性大腸炎と呼ばれる国から難病指定されている病気でした。

医者からは絶対に治らないと言われ、年に1回は大腸カメラで検査をしなければいけないのですが、今の所完全に治っています。

この潰瘍性大腸炎は大腸がんに発展する可能性が高い病気でもあります。

もし私がカイロプラクティックに出会ってなかったら、今頃は潰瘍性大腸炎が発展して大腸ガンになっていたんだろうと思います。

何といってもうちはガン家系。間違いなくガンになっていました。

そういえば、昔は潰瘍性大腸炎だけでなく、大腸にポリープもあったんですよね。

そのポリープもカイロプラクティックで自然になくなっていました。

私も妻も病気だらけでしたのでこのカイロプラクティックがなかったら、今頃は寝たきりかもしくは死んでいたと思います。

本当にカイロプラクティックに感謝しています。

感謝感謝。

およよ

コメントを残す