毒出しをすると、体の抵抗力が落ちる

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

2週間アルコール・カフェイン抜き大実験、いや~まだ2週間達成していないんです。。

 

お酒を飲まなければいけない状況がポツポツとあったりして。

 

でも、1週間ぐらいだったら何度も達成してるんですよね。

 

そんな中、最近マクドナルドに行ってきました。

 

グランドビックマックというビックマックをさらに大きくしたハンバーガーが好評だと聞きついつい行ってしまいました。

 

味は普通にビックマックです、おいしかったですよ。

 

ただカロリーがすごいです、ハンバーガーだけで764Kcl だそうで。

 

Mセットのポテトとコーラにすると1358Kcal だそうです。

 

これは太るね^^

 

そして、このハンバーガーを食べた翌日がちょっと問題。

 

妻もこのバーガーのMセットを食べたのですが、夫婦2人で顔にニキビがぽちっと出来てしまい。

 

さらに何だか便秘気味。

 

最近は薬とか薬のようなものを飲むとすぐに便秘になるんですよね。

 

例えば、二日酔いを防ぐヘパリーゼとか飲んだだけで便秘に。

 

だから、多分このビックマックには添加物などが沢山入っているんでしょうね。

 

確かではないんですが。

 

夫婦そろって同じタイミングという事はこのビックマックを食べたからなんでしょうか??

 

アルコールやカフェインを抜いていると、どんどん毒に対する抵抗力が落ちて行く感じがあります。

 

体は楽になっていくんですが、いざ毒が入ってくると体が異常に反応してしまう。

 

今はお茶を飲んだだけで、夜眠れなくなるし。

 

今川焼のクリームを食べただけでビール1缶飲んだぐらい酔っぱらってしまいます。(クリームのバニラエッセンスにアルコールが入っています)

 

だから、マクドナルドの添加物に体が反応しているのかもしれません。

 

こうなると、2週間カフェインアルコール抜きもいいんだか、悪いんだか。。

 

といいながら、マクドナルドには今後も行くんですけどね。

 

朝マック好きなんだよな~

 


 

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

アルコール・カフェイン抜き大実験を行っているんですが、長らくアルコール・カフェインを取っていないと、普段のカレーが数倍辛く感じるようになるんですよね~

 

この前、妻と牛丼の松屋に行ってカレーを食べてきました。

 

昔は松屋のカレーごときでは何も辛さを感じなかったのですが、アルコールとカフェインを抜いた生活をしていると、松屋のカレーが数倍も辛く感じます。

 

妻は松屋のカレーを食べて「頭の中まで辛い」「ひぃぃ~」とわけの解らないこと連発する始末。

 

私もそうとう辛いな~と感じました。

 

この状態はカフェインをやめなくても、禁酒をするだけでも同じようになります。

 

だいたい1ヶ月ぐらい禁酒を続けると辛さを数倍感じるようになります。

 

これは、お酒を普段から良く飲む生活をしていると、アルコールが神経の流れを妨害してしまいます。

 

だから本来辛いと感じる味覚が、アルコールで味覚の神経が妨害されることで辛さを感じない状態になっているのです。

 

辛さと同じく塩分も感じ方が変わってきます。

 

禁酒をすると普段の塩分量では料理がしょっぱいな~と感じます。

 

特にラーメンで比較して頂けると解りやすいかな。

 

普段からお酒を飲んでいる時に食べているラーメンと、禁酒をして1ヶ月ほどたってから食べるラーメンではまったくしょっぱさが変わってきます。

 

ですので、我々夫婦は最近ラーメンと食べる時は、味を薄めにしてもらうよう注文しています。

 

禁酒をしてから1ヶ月ほどで味覚が変わって来るということは、1ヶ月ほどで神経が修復され元に戻るということ。

 

人間には自然治癒力があるので、原因となる物質を取り除けば神経も回復するんです。

 

また、アルコールが悪さをするのは味覚の神経だけではありません。

 

自律神経、運動神経、全ての神経の流れを妨害します。

 

ですので、具合が悪かったり、体調が悪かったりする方は禁酒をしてみる事をお勧めします。

 

子どもなんかは辛い物が苦手ですが、子供はアルコールを飲まないので辛い物が苦手なんでしょうね。

 

子供は辛さに慣れていないと理由もありますが、それプラス、アルコールを飲んでいないという理由もあるはずです。

 

アルコールが神経の流れを妨害するという証拠になるお話でした。

 


 

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

最近ファスティングって流行っているみたいですね。そう、断食の事です。

酵素飲料を飲むだけで、5日とか断食するらしいですよ。

ファスティングの目的は、ダイエットとか美容、毒出しなどを目的に行うようです。

この中の毒出しに興味があったので、この前1日だけ夫婦そろって断食をしてみました。

酵素飲料はなかったのでノニジュースを代用。

朝から何も食べず、お腹がすいたらノニジュースとお湯を飲んで過ごします。

朝、昼、晩と食事を何もとらずに過ごしました。結構お腹は空きましたが、それほど苦労することなく1日が終わりました。

ただし、断食の夜はあまりよく眠れず、体の疲れも残り翌朝はヘロヘロの状態。

これはまずいと思い、お昼までに3回ご飯を食べました。

そして、肝心の毒出しはというと。

やっぱり何も食べないので完全に体から毒が出て行ったようです。

もちろん水素水を飲んで毒出しもしました。

私が毒と言っている、カフェイン、アルコール、タバコ、薬は完全に体から排除できます。

その代わり、断食の翌日はこれらの物質への抵抗力が全くなくなってしまいました。

妻が自分の手をアルコール消毒したのですが、そのアルコールを私がかすかに吸ってしまっただけで、すぐに顔が赤くなり缶ビール1杯飲んだぐらいに酔っぱらってしまいました。。

いや~まさか気化した消毒液で酔ってしまうとは。

妻はわりとアルコールは大丈夫なのですが、私は完全にアルコールが体に合っていないようです。どの毒が体に影響するかは個人差があるようです。

今は断食道場といって何日か泊りで断食をする所もあるらしいのですが、そういった所でカイロプラクティックをやったらものすごいスピードで治って行くんじゃないかな~

一度ぐらいは実験してみたいなと思っています。

でも、断食当日は苦しくなかったのですが、断食翌日の体のだるさがつらかったかも。
私も妻も2度と断食はしないと決めたのでした。

およよ