ブログ

院長のブログです。

ブログ一覧

健康の為には禁酒

こんにちは、院長です。

 

半年ぐらい前から、お酒を飲む頻度を相当数減らしました。ほぼ、禁酒状態です。

 

 

昔のお酒を毎日浴びるように飲んでいる時から比べたら本当に信じられないぐらいお酒を飲んでいない感じ。

 

カイロの仕事を始める前は、1年365日毎日お酒を飲んでいましたね。

 

平日は夕飯に飲んで、寝る前に飲む。お休みの日は昼に飲んで、夕飯、寝る前と飲む。

 

一日中家から出ない時は、朝、昼、晩、寝る前と4回飲む時もありました。

 

これだけ飲んでたら、体も悪くなりますよね。

 

胃、大腸、心臓、頭、首、肩と体の全てが不調でした。

 

カイロの仕事を始めてからも結構飲んでいたんですよね。お酒やカフェインを止めると体が修復されていくという実験していたので半年ぐらい禁酒をするのですが、もう半年は毎日お酒を飲んでいました。

 

ここ数年は、半年禁酒して、半年お酒を飲むの繰り返しでしたね。

 

お酒を飲んで体を悪くするのですが、2週間ぐらい禁酒をすると体が修復されて元に戻るんです。

 

だから、お酒を飲んで体を壊しても全然気にしていませんでした。

 

ところが、毎日お酒を飲んでいたら昔患っていた、潰瘍性大腸炎が復活してしまったんです。

 

お腹を下して、便に血が混じったりしていて。

 

それでも、著書にも書いた2週間毒出しプログラム(禁酒)をすればお腹も良くなるだろうと思ったのですが、この時は良くならなかったんですよね。

 

結局、2週間毒出しプログラムを2ヶ月ぐらい続けたらよくなったのですが、その間やっぱりもうダメかと心配にはなりました。

 

そんな事があったので、基本的に普段はお酒を飲まないと決めました。

 

潰瘍性大腸炎はほおっておくとガンになるリスクがあるんですよね。

 

うちはガン家系だから私も将来絶対にガンになると思っているんです。

 

でも、子供が生まれたばかりだから、もうちょっと長生きしないと。ガンが予防できるんだったら予防しないといけないですよね。

 

だからお酒をやめました。

 

お酒を1、2ヶ月飲まないでいると今度は逆にもうお酒を飲みたくないと思うんですよね。

 

お酒を飲んでいない時の体の好調さを覚えてしまうと、お酒はもういらないと感じます。

 

でも、誕生日とか旅行とか何かイベントがあったら飲んでしまいます。本当は飲みたくないんだけど、妻への付き合いでしかたなく飲んでしまう感じ。

 

月に1回ぐらい飲むぐらいがちょうどよさそうです。

 

ではでは。

 

2021年10月20日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

牛乳が胃腸を守る。

私はもともと潰瘍性大腸炎を患っていて、胃腸がほかの人よりも弱いんですよね。

 

今は自らのカイロプラクティックで改善することが出来て、下痢も血便もないので、病院にもいっていないのですが、お酒を飲んだ時や辛い物を食べた時は翌日おなかを下すことがよくあります。

 

昔は血便が出なければおなかを下すことぐらい何も気にしなかったんですけど、年を取ったせいか子供が生まれたせいか、おなかを下すだけでも気になるようになりました。

 

胃腸が傷つくということはガンになる可能性があるわけですよね。おなかを下すということは胃腸が傷ついていいる、もしくは弱っているわけでそれを放置していたらガンになる可能性が出てくるわけです。

 

ガンになるのはやだし、長生きもしたいですので最近は胃腸に気を使ってお酒もほとんど飲まなくなりました。辛い物もできるだけ避けています。

 

ところが先日、ある温泉施設にあるカレー屋さんでカレーを食べてきました。

 

そのカレーが辛いのなんのって。「当店のカレーはとっても辛いです」とは書いてあったので多少はからいのかなと思っていたら、そんなレベルではなくとんでもなく辛いのなんのって。

 

私も最近辛い物を食べていなかったので、辛さに敏感になってしまっている所もあるのですが。

 

あまりの辛さにカレーを残そうと思いましたが、ふと見ると近くの自動販売機に牛乳が売っているではありませんか。

 

牛乳を買って飲みながらカレーを食べることで何とか完食することが出来ました。

 

あーあー、これはもう明日はおなかを下すなー、とショックを受けていました。

 

ところが、牛乳を飲んでいたせいで翌日おなかを下すことはありませんでした。

 

これには本当にうれしかったですね。

 

まさか牛乳にこれほどの効果があろうとは。

 

牛乳を飲むと胃に膜をを張ってくれて、辛さの刺激が胃に伝わるのを防いでくれるんですよね。

 

カレーと牛乳って昔からある組み合わせですけど本当に理にかなった組み合わせなんですね。

もちろん、お酒を飲んだ時にも効果があります。

 

牛乳を飲みながらお酒を飲むと、おなかを下さないですし、多少飲みすぎても翌朝の具合の悪い感じがありません。

 

お酒を飲む前に牛乳を飲むといいよというのは以前から知っていて、たまに冷蔵庫に牛乳が入っている時は飲んでいたのですが、こんなに効果があることを初めて知りました。

 

以前は、潰瘍性大腸炎で毎日おなかを下していたので、牛乳を飲んだぐらいじゃお腹はよくならなかったので、全然牛乳のすごさに気づきませんでした。。

 

これからはお酒を飲むときも牛乳、カレーを食べる時も牛乳を徹底したいと思います。

 

 

2021年9月18日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

No1の空気清浄機で鼻水、のどの痛みを解消

今住んでいる賃貸マンションが幹線道路の通り沿いなので、とにかく空気が悪いんですよね。

 

2車線道路なので、4車線道路の道よりま全然ましだとは思いますが、長野県のきれいな空気の中で育った私としては空気が悪いな~と感じています。

 

そして、この賃貸マンションに住んでから鼻水や喉の痛みが常にあるんですよね。

 

家を離れて職場にいる時は大丈夫なのですが、家に帰ってくると鼻水が出て喉が痛くなる。

 

やっぱり空気の問題なんだろうなと思いました。

 

そこで、空気清浄機を購入しました。

 

色々調べてみた結果、当時最高に性能のいいのが3つぐらいあってそのうちの一つを購入してみたのです。

 

空気清浄機を使って、やっぱり以前より空気がきれいになったのは感じ取れました、でも鼻水や喉の痛みは少し軽減されたくらいでした。

 

一番良い空気清浄機を使ってもダメかと諦めていたのです。

 

それから1年ぐらいが経過し、するともっとすごい性能の空気清浄機が発売されたのを見つけたのです。

 

それが、Airdog という製品。

 

何でも、インフルエンザウイルスぐらいでしたら99.数パーセント除去してしまうぐらいの性能なんだそう。

 

コロナウイルスも除去してくれたらいいんですが、1年前の段階では未検証となっていました。

 

今は検証も終わっていたりするのかな??

 

この空気清浄機がすごかった、明らかに前の空気清浄機より空気がきれいになって、鼻水や喉の痛みもだいぶ良くなりました。

 

私が調べた限り、使った限りこのAirdogという製品が一番性能がいいんじゃないですかね。

 

値段も、6万~8万円くらいで10万円を超える製品よりも断然お安いですし。

 

フィルター交換をしなくていいので運用コストもかかりません。

 

前に使っていた製品は半年に1回、2万円もするフィルターを交換しなければいけなかったので、まあお金がかかること。

 

Airdogは3ヶ月から半年に1回、フィルターを水洗いするだけなのでお金もかからないし、お手入れも簡単。

 

本当に最高の空気清浄機です。

 

最近はテレビでCMなんかもやっていますよね。

 

喘息なんかで苦しんでいる方は、結構自宅の空気の悪さが問題で症状が出ている方もいるので、空気清浄機を買って試して見てはいかがでしょうか?

 

そうそう、空気が悪いと言えば渋谷駅。地方から来た人は渋谷駅が臭いと感じるんだそうです。

 

私も長野県出身、渋谷駅はいつ行っても臭いなあと感じます。

 

しかし、妻は横浜、川崎育ち。渋谷駅は別に臭くないというんですよね~

 

育った環境によって空気の感じ方が違うようですね。

 

ではでは。

 

2021年8月28日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

アトピーには脱塩素のお水

以前、当院のお客様でアトピーでお悩みの方がいらしゃいました。

 

色々話を聞くと、最近地方から東京に引っ越してきた所だそうで、どうも東京の水が合わないからアトピーになってしまったような気がするとおっしゃっていました。

 

その話を聞いて、我々はそれは確実にお水のせいだと思い、お風呂の水やシャワーヘッドを変えて塩素の入っていない水にするように進めました。

 

すると、そのお客さんはすぐに脱塩素剤を購入したようで、毎日お風呂に入れて入る事ですぐにアトピーは改善したのでした。

 

ちょうど我々もその頃、水について研究を始めた頃なんですよね。

 

まず、シャワーヘッドを脱塩素のシャワーヘッドに変えて、体がどうなるか様子を見ていたころだったんです。

 

子供が生まれたばかりの頃で、腕や足に発疹が結構出ていたので、お風呂の水が気になっていました。

 

脱塩素のお風呂に子供を入れる事で、劇的に発疹が減る事はありませんでした。

 

しかし、ある日旅行先で子供をお風呂に入れると、全身真っ赤かになって発疹がドバーと出てしまったんですよね。

アトピー

 

旅館なので家庭の水よりも消毒用の塩素が沢山入っていてたのもありますが、塩素が皮膚に悪いというのは実感する事になりました。

 

当然、飲料水も水道の水を直接飲むのはやめた方がいいでしょうね。

 

アトピーや皮膚炎を改善するにはきれいなお水を飲むことが大事。

 

体の中から改善しないと。

 

ちゃんと塩素を除去してくれる、ちょっと高めの浄水器を買った方がいいと思います。

 

あと、お風呂のシャワーヘッドを変えて自分が体感した事は、体臭、汗臭さがなくなったことですかね。

 

普段は全然体臭が気になる事はないのですが、夏場は汗を沢山かくので自分でも自分の汗の臭いを気にしてしまいます。

 

あの男くさい臭いです。。

 

以前は水素水を飲むと体臭が消えるので、夏になると水素水を飲んでいました。

 

しかし、今はシャワーヘッドを脱塩素のものに変え、お風呂に脱塩素剤を入れる事で、体臭、汗臭さが消えました。

 

臭いの気になる方は是非試して見て下さいね。

 

ではでは。

 

 

2021年8月19日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

赤ちゃんの鼻水と咳、下痢の改善方法

娘も生まれてから今月で8ヶ月目、だいぶ大きくなってきました。

 

ハイハイもするし、歩行器で、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、元気に動き回っています。

 

でもね、寒くなって来てからですかね、11月ぐらいからいろいろ調子が悪い所が出てきました。

 

鼻水は出るは、タンが詰まって咳が出るは、お腹を壊してウンチを1日、5回~7回ぐらいするはで、そんな状態が1、2ヶ月続いておりました。

 

まあ、保育園に預けているので、常に色々な病気をもらってきちゃうんですよね。

 

保育園の子たちも鼻水はダラダラたらしているは、咳をゴホゴホしているはで、どうしようもないですもんね。

 

寝ている間に咳が出ると、目を覚ましてしまうし、ミルクを吐いてしまうんですよね。

 

吐いてしまうと大変で、赤ちゃんの着ているものを着替えさせ、お布団のシーツを替え、ママの着ているものも着替え。

 

それを洗濯しなければいけない。

 

12月の後半は毎日のように夜中は吐いていて、ひどい時は一晩に2回吐いていました。

 

ママは寝不足だし、夜中でも洗濯ばかりしているし、ママは疲れ果てていました。

 

子供の下痢も1ヶ月半ほど続いて、見る見るやせて行き、MサイズだったオムツがSサイズに逆戻り。

 

パンパンだったお顔もすっきりして、顔が可愛くなったんですけどね。

 

喜んでいる場合じゃないか。

 

幸い、子供が熱を出したのは1回だけでした。

 

夕方に保育園から子供の熱が37.8度と高いので早めに迎えに来て下さいと連絡を受け、子供をピックアップ。

 

そのまま、病院へ連れて行き、小児科で見てもらいましたが、ただの風邪で問題ないと。

 

熱が38.3度を超えたら解熱剤を飲んで下さいといわれ解熱剤をもらいましたが、薬を使うこともなく翌日には熱が平熱に下がっていました。

 

風邪を引いて熱があっても、常にご機嫌で元気でした。

 

さすが、カイロプラクターの娘。

 

鼻水と咳に関しても、病院へも連れて行きましたが、鼻水や咳は小さいので薬を飲ませるわけにはいかないので、結局放置。

 

先生の話だと、保育園に行ってたらしょうがない、ほおっておけばそのうちよくなるでしょうということでした。

 

下痢に関しても、子供用の整腸剤を処方してもらいましたが、これが全く効かないんですよね。

 

先生の話だと、下痢もほおっておけばそのうちよくなるでしょうということでした。

 

でも、さすがに1ヶ月以上も続くと可哀そうになってくるんですよね。

 

特に下痢に関しては、どんどんやせて行ってしまうので治って欲しい。

 

そんな時、妻が赤ちゃんに薬を使うことに反対する小児科の先生のセミナーに出席をしてきました。

 

そこで話していたのは、鼻炎、鼻水の出る赤ちゃんにはママの母乳をスポイトで取って、赤ちゃんの鼻の中に入れてあげれば鼻水は徐々に少なくなりますよと言うことでした。

 

人工のミルクではダメだそうです、人間の作った成分で出来たミルクでないとダメ。お母さんの母乳じゃないといけないんだそうです。

 

なぜなら、母乳は血液と同じ成分からできていて、抗炎、抗菌作用があるそうです。

 

ネットで調べると、鼻詰まりに効くという看護師さんもいるようですね。

 

参考 : レシーポ

 

そういうことなら、早速試して見よう。

 

ということで、すぐに薬局へ行きスポイトを買ってきて、夜寝る前に赤ちゃんの鼻に母乳を入れてみました。

 

 

すると、夜中にウンチをする事がありませんでした。

 

いつもでしたら、夜中に1回か2回はウンチをしていたのですが、翌朝起きてからウンチをするまで大丈夫でした。

 

そして、午後になってウンチを1回してそれで終わり、ウンチの回数がいきなり2回に減ったんですよね。

 

母乳が鼻に効く前に、なぜか下痢に効いてしまいました。

 

今まで、5回~7回ぐらいは毎日ウンチをしていたのにいきなり、2回になりました。

 

そして、3日、4日ぐらい経過すると、1日1回の便になったのです。

 

それからは、基本的には1日1回の便で、たまに2回する事もありますが、正常に戻ったようです。

 

セミナーで教えてくれた小児科の先生も言っていなかったのに、まさか、母乳がお腹に効くとは。

 

毎日母乳を飲んでいるのに、鼻から入れるのとは何かが違うんでしょうね。

 

鼻水が止まるかと思って期待していたのに下痢が治ってしまうとは。

 

結果オーライですね。

 

そして、鼻水と咳の方はと言うと、確かに母乳の効果はあるようです。

 

母乳を鼻に入れて1日目から少しづつ改善していき、1週間ぐらい経過すると鼻水も少なくなりましたし、咳もだいぶおさまりました。

 

半分ぐらいは改善したかなと言った感じ。

 

タンがからんでいるので、はしゃぎすぎて呼吸が荒くなるとゼーゼーする音が聞こえていましたが、それもなくなりました。

 

でも、1週間ぐらい毎日2回母乳を鼻に垂らしていましたが、改善はしたけど完治まではしなかったですかね。

 

外は寒いし、保育園から常にいろいろな病気をもらって来ちゃうからしょうがないんですかね。

 

それでも大満足の結果でした。

 

ただ、夜中に咳が出て、吐いてしまうのがなくなるといいんですけどね。

 

毎日吐いていたのが、2日に1回は吐く程度になりました。

 

これが完全に無くなるといいんですけどね。

 

とりあえず、母乳を赤ちゃんの鼻に入れるのは、忘れてしまう事もありますけれど、1日1回は入れるようにしています。

 

またこの方法は、赤ちゃんだけではなく、お兄さんやお姉さんなど、保育園ぐらいの兄弟がいる場合は同じように効果があるそうです。

 

ではでは。

 

 

 

2020年1月17日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11