腰痛にカイロプラクティック

こんにんちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

今日は腰痛の施術方法について記事を書いて行こうと思います。

 

腰痛の治療方法にはいろいろあります。

 

病院で牽引をしたり、マッサージをしたり、鍼灸で針を打ってもらったり、カイロプラクティックで骨を整えてもらったり。

 

あとは自分で出来る事と言ったら運動するぐらいですかね。

 

この中で、根本的に腰痛を改善したければ何をするのがいいと思います?

 

それは骨を整えることなんです。

 

腰痛の原因は、ヘルニアとか狭窄症とかいろいろありますが。結局は腰椎の間が狭くなって、間にある軟骨が外に飛び出してしまい、神経に触れることで痛みを引き起こしています。

 

だから、骨と骨の間を広げ、軟骨を元の位置に戻さなければ根本的に良くはならないのです。

 

マッサージは筋肉をほぐしてくれて一時的には楽になりますが、腰椎を元に戻すわけではないので結局は翌日には元に戻り痛みは変わらず。

 

鍼灸は経絡だったり、神経だったりに針を打ってその場の痛みを取る事に長けてはいますが、結局は腰椎を治すわけではないのでその場では楽になりますが翌日には痛みが戻ってしまう。

 

病院の牽引は骨の間を広げる事を目的にやっていますので、病院の治療で腰痛が改善したという方をたまに聞きます。でも週に2回通わなければいけないとか、何十回も通わなければいけないとか、通院の負担が結構ありますよね。

 

となると、骨を正すカイロプラクティックで改善するのがいいのかなと思います。

 

ただカイロは下手な所だと余計に腰を痛めてしまうという方が結構います。やみくもに骨をバキバキやったらそりゃ、痛めて当然でしょとも思いますが。

 

カイロプラクティックで腕のいいお店は一握りしかないので、お店選びはそうとう難しいと思います。

 

だったら病院で根気よく改善するのがいいのでしょうね~

 

病院でも腰痛が治らなかったということでしたら、当院の治療がお勧めです。

 

こちらは妻がヘルニアだった頃の写真です。

腰椎4番と5番の間が狭くなって、ヘルニアが飛び出しています。

 

こちらは私が治療した後です。

 

腰椎4番と5番の間が広くなって、ヘルニアが引っ込んでいます。

 

また右に傾いていた背骨が真っ直ぐになっているのが解ると思います。

 

そうなんです、このように腰椎を正しい位置にもっていくことをすれば、腰痛は完全に良くなるんです。

 

ここまで出来る治療院は本当に数が少ないかな。

 

病院へ行っても治らない腰痛でお悩みの方は一度お越し下さいませ。

 


 

当院へお越しのお客様で一番多い症状は腰痛です。

 

その中でも一番多いのが、腰椎椎間板ヘルニア。

 

いままでのどれくらい来たのかな~、もしかしたら100人ぐらい来てるのか~

 

そして結構な割合でほとんどよくなっていますよ。

 

ヘルニアの原因は腰椎と腰椎の間が狭くなって椎間板と呼ばれる骨の間にある軟骨が飛び出て神経を刺激する事で痛みが生じます。

 

だから、この痛みを根本的に治したかったら、腰椎と腰椎の間を広げて、椎間板が元の位置に戻るようにしなければいけないわけです。

 

でもこんな器用な事、病院だって出来ないでしょう?

 

手術をしたって、腰椎の位置を動かすことは出来ない、金具を付けて腰椎の間を広げるなんてこともしますけど、腰に金具入りじゃやですよね~一生腰に金具が入ったままなんて、そっちの方が痛い気がします。

 

一般的な手術だったら飛び出した椎間板を切り取ったりもします。

 

でも椎間板を切り取ると、その部分の椎間板が弱くなり、そのひずみが一つ上または下の骨や椎間板にしわ寄せが行き、上下のどちらかの椎間板に結局ヘルニアがまた生じてしまうんです。

 

また手術も成功すればいいですが、前よりひどくなったという方もいてなかなか難しいようですね。

 

当院にも手術をしたけど、あまり良くならなかったという方が結構いらっしゃいます。

 

でも当院だったら腰椎の間を広げて、椎間板を元の位置に戻すことが出来るんです。

 

 


 

腰痛で病名が付いた者の中で一番多いのが、腰椎椎間板ヘルニア、次に多いのが腰部脊柱管狭窄症。

 

腰部脊柱管狭窄症で当院で施術を受けられた方はいままに結構いますね~

 

どのくらい来たのかな~、50人ぐらいは来たと思うんだけど。結構みなさん良くなりましたよ。

 

腰部脊柱管狭窄症の施術でいままで一番記憶に残っているのは、早稲田大学でハンドボールをやっていた学生さんが来た時かな。

 

基本的にプロスポーツ選手は当院の施術では治っていかないのでお断りをしているんですよね。

 

だって、運動が原因で腰が痛くなったのに、ハードな運動で腰を酷使したらそりゃ治らないでしょ。

 

それに、当院は体の歪みを取る事で体を治すのですが、ハードな運動をしていたらすぐに歪んでしまう、だからお断りしているんですよね。

 

でも、早稲田のハンドボール部でトレーナーをしている鍼灸師さんが私の知り合いで、どうしても次の大会に出させたいから治療してくれとお願いされたんですよね。

 

だったら、2週間練習をしないことを条件に施術してもいいよと条件を出して試す事になりました。

 

すると、1回目の施術で腰部脊柱管狭窄症が原因の腰痛はととんど良くなったとの事。

 

2週間後に2回目の施術に来てもらったのですが、調子がいいから練習を開始したそうで。。

 

良くなったかな~とか心配していたのですが、拍子抜けでした。

 

2週間は練習しないと約束してたのに、まったく!

 

体は歪んでいましたが、本人が腰部脊柱管狭窄症による腰痛が全くなくなったと言っているので、まあいいでしょう。

 

若いからすぐに良くなったんでしょうね。

 

解剖学的に25代以下は体が子供なんだそうです。成長ホルモンがドバドバ出て、骨や筋肉はどんどん回復していく。

 

25歳以下だとやっぱり回復が早いですね。

 

ではでは

 

 

コメントを残す