ネフローゼ症候群が改善

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

今まで腰痛や肩こりだけでなく色々な病気の方が来て頂きました。

 

その中で、難病と呼ばれている病院では改善しないとわれているネフローゼ症候群の方が良くなった時はうれしかったですね。

 

ネフローゼ症候群とは腎臓の病気。腎臓がうまく機能しないので、タンパクが尿と一緒に出てきてしまったり、水の排出がうまく出来ないので体に水が溜まってむくんでしまったりします。

 

ではネフローゼ症候群になってしまう原因は何なのでしょうか?

 

一般的な原因は病院の先生に任せるとして、カイロプラクテ的な原因について説明したいと思います。

 

腎臓は神経が脳の命令を伝えて動いています。

 

脳がタンパクを処理しろ、と命令を出せばそのように腎臓が動き、水を尿として排出せよ、と脳が命令すればそのように動くわけです。

 

しかし、途中で神経が止まってしまっていて、脳の命令が腎臓まで届かなかったらどうなってしまうでしょうか?

 

そうです、腎臓が正しく働かなくなるということです。

 

正しく働かないと、どう働かないかによって病名が付き、タンパクが尿に出てしまう場合はネフローゼ症候群と病名が付けられるわけです。

 

例えば、皆さんスマホでゲームをしたりすることがあると思います。

 

ゲームはホストサーバーと言われる、ゲーム会社のサーバーからネットを通じて指示が送られ、ゲームが動くわけです。

 

しかし、このネットの接続が悪くなったらどうなるでしょうか?

 

多少の接続不良ならゲームの動きに遅延が発生し、動きが悪いな~という感じになり。

 

完全に接続が切れると、ゲームも完全に動かなくなります。

 

人間の体も同じです、神経が途中で止まり、脳の命令が一部届かなくなると、各臓器の動きが悪いな~というようになるわけです。

 

これが原因です。ネフローゼ症候群でも、他の病気でも神経の流れが悪くなることで臓器の働きが悪くなるのが原因なのです。

 

では、どこで神経の流れが悪くなっているのでしょうか?

 

それは、首の第一頸椎が原因なのです。

 

体の真ん中の骨、脊椎にはそれぞれ椎間板と呼ばれる、軟骨が骨と骨との間に挟まっていて、簡単には骨がズレないようになっています。

 

しかし、第一頸椎でかはこの椎間板と呼ばれる軟骨に挟まれていないんですよね。

 

だから、簡単に第一頸椎はズレてしまうんです。

 

その結果、そこを通っている神経が圧迫され、神経の流れが悪くなってしまう、そして人によって症状が現れる場所は変わりますが、腎臓に症状が現れ、タンパクが出てしまうとネフローゼ症候群と診断されるわけです。

 

だからネフローゼ症候群を根本的に改善したかったら、首の施術をする必要があります。

 

その中で、難病と呼ばれていて、病院では改善しないとわれているネフローゼ症候群の方が改善した時はうれしかったですね。

 

ネフローゼ症候群とは国から難病指定されている病気で、改善する事はないとされています。

 

だから医者が出来る事としては症状を軽減させることぐらいなんだそう。

 

以下に、当院での改善事例を挙げるます。

 

患者さんは都内に住む小学校5年の男の子でした。

 

ネフローゼ症候群の症状としては、尿からタンパクが出てしまい、体がむくんでしまうんだそうです。

 

ネフローゼ症候群と診断され、病院に通院していましたが、当院のうわさを聞きつけお母さんが連れてきました。

 

最初の印象は体格のいい、ちょっとぽっちゃりした男の子という印象。そのぽっちゃりが体のむくみだったとは最初は分かりませんでしたが。

 

とっても元気がよく、ガキ大将のような感じでしたね。でもネフローゼ症候群を抱えていようとは。

 

施術は2~3週間おきぐらいのペースで5回ぐらいやりましたかね~期間的には3ヶ月ぐらい経った頃です。

 

家で出来る簡単な尿検査をしてもタンパクが出なくなったそうで。

 

そして、病院へ行って検査をしても改善したと認めてもらえたとの事。

 

顔や体もすっかり、細くなってむくみが取れ、別人になったようでした。

 

まん丸で可愛い子供だった顔や体が、スッキリ細くなって急に大人になった感じ。

 

むくみがなくなるとこんなにも見た目が変わるんですね^^

 

ビフォア―、アフターの写真とかを撮っておけばよかったな~残念。

 

でも本当に改善してくれてよかったです。

 

病院へ通っていたら、ネフローゼ症候群は良くはならないですからね、薬を一生飲んでいないといけないわけです。

 

もう、ある程度年を取った方ならあきらめもつきますが、まだ人生これからという小学生が一生薬を飲み続けなきゃいけないなんて、それじゃああまりにも可哀そう。

 

うちに来てくれて本当によかったと思いました。

 

改善してから、もう2年ぐらい経っているかな~

 

それから一度も来てくれていないので、もう再発はしていないんでしょうけど、久しぶりに顔でも見せてくれたらうれしいですね。

 

ではでは。

 

心不全と不整脈

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

以前、心不全でペースメーカーを入れた方がいいと医者から進められていた50代の女性が当院の施術で心不全が改善され、医者からも「ペースメーカーを入れる必要はなくなった」と診断されました。

 

何でも、少し歩いただけで、心拍数が200ぐらいになってしまうんだとか。だから、外出する時は酸素ボンベも持っていくんだそうです。

 

それが、改善したのでよかったです。

 

では、心不全の原因は何なのでしょうか?

 

一般的な心不全の原因は医者に任せるとして、カイロプラクティック的な原因を説明したいと思います。

 

心不全とはかみ砕いて言うと、心臓がうまく動かない状態ということです。

 

本来は脳からの命令が神経を通って心臓を動かします。心拍数はこのくらいで、1回に送る血液量はこのくらいで、と脳が決めて脳が心臓を動かします。

 

しかし、この神経が途中で半分ぐらい止まってしまったらどうなるでしょうか?

 

それは、心臓が脳の命令を100%受けられなくなるので、半分ぐらい止まってしまうという事です。心臓がうまく動かない状態、いわゆる心不全になるという事。

 

例えば、スマホでインターネットを見ている時を想像して見て下さい。

 

電波の入りが悪い時にインターネットを見ると、動作が遅くなって正常にページが表示されないわけです。

 

決してスマホが悪いわけではないです、通信環境が悪く、通信が途中で止まっているのが原因なのです。

 

心不全もそうです、決して心臓が悪いわけではないです、脳との通信に使う神経が途中で止まっているのが原因なのです。

 

その神経が途中で止まっている場所というのが、首の第一頸椎の部分。

 

第一頸椎がズレている事で、そこを通っている神経が圧迫され、臓器が正常に動かなくなり、心不全と診断されるのです。

 

だから、心不全を改善したかっらた、原因である首の第一頸椎のズレを取ってあげればいいだけ。

 

首のズレを取ってあげると、例えば最初にお話したペースメーカーを入れなくて良くなった50代の女性は、脈拍が120回/1分だったのが80回/1分になり、血液検査で血中の酸素濃度が正常になりました。

 

だから心不全を改善したかったら原因である首を正す事。

 

今まで、肩こりや腰痛の方だけでなく、心臓の病気の方も何人か来ていただき、良くなられています。

 

心不全とか不整脈とか。

 

人数的には心不全の方は2人で不整脈の方は10人以上はいました。

 

まあ、整体に来て心不全や不整脈を改善しようと思う人はいないので、まだまだ症例は少ないですが。

 

血圧が高いという人は結構来ましたね。腰痛とか肩こりを改善したくて来たのに、ついでに血圧も下がったというかたです。

 

多分、血圧が下がった方は10人ぐらいいるんじゃないかな。

 

このように心臓の病気も当院の施術の対象なんです。

 

では、心不全や不整脈の原因は何なのか?という事ですよね。

 

心臓も血管も自律神経を通った脳からの命令によって動いています。

 

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、交感神経が強くなれば血管は広くなり、心臓は早く動きます。

 

逆に副交感神経が強くなれば、血管は狭くなり、心臓はゆっくり動く。

 

このように自律神経によって心臓や血管は動いています。

 

しかし、この自律神経が途中で止められてしまうと、脳からの命令を臓器が正常に受ける事が出来なくなり、心臓が正しく動かず、心不全や不整脈といった症状が現れるわけです。

 

その神経が途中で止まっている部分が首の第一頸椎なのです。

 

第一頸椎のズレによって、そこを流れている神経が圧迫されます。本来なら脳の命令を100%伝えなければいけないのに、90%だったり、80%だったり、正確に何パーセントかは分かりませんが、脳の命令が伝わらなくなります。

 

だから、第一頸椎のズレを1mmの狂いもなく取り除けば神経が100%流れるようになり、脳の命令によって心臓が100%働くようになるのです、そして心不全や不整脈といった症状が消えてなくなる。

 

心不全や不整脈の原因は首の第一頸椎のズレという事です。

 

当院では腰痛だろうが、肩こりだろうが、心不全も不整脈も同じ首の調整しか行いません。

 

これだけで、全ての病気が改善していきます。

 

肩こりや腰痛ぐらいでしたら、当院でなくても腕のいい整体院へ行けば良くしてもらえるので、心不全や不整脈でお悩みのようでしたら是非来て頂けたらと思います。

 

心不全と不整脈でペースメーカーを入れなければいけないと病院の先生に言われていた50代の女性も、ペースメーカーを入れなくて良くなりました。

 

ペースペーカーを入れる前に来て頂けたらと思います。

 

ではでは

舌痛症に対応する病院

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

世の中には知らない病気がいっぱいあるもので、整体業をやっている私でも知らない病気の方が来たりするんですよね。

 

鍼灸学校へ行っていたので、一通り病気については習ったと思うのですが、全然学校の勉強だけでは出てこない病気が結構ある感じです。

 

うちの場合は、知らない病気の方が来ても「原因は首ですね」といって首しか施術をしないので、知らない病気の方が来ても、困る事はないんですが。

 

私が整体をやっていて、患者さんから初めて聞いた病名で舌痛症というのがありました。

 

舌痛症は鍼灸学校でも出てこなかったですね。多分。

 

読んで字のごとく、舌が痛い病気なんですが、とにかく舌が痛い。

 

燃えるように熱く痛いという表現をする人もいます。さらに、舌だけでなく口の中も痛いという人もいました。

 

原因が不明で普通の病院では見てもらえないんだそうです。

 

例え見てくれたとしても、精神的な問題ですねと言われて、うつ病の薬を出されるだけ。

 

パキシルとかが出されるんですよね~

 

私も歯が痛いといって、歯医者に通っていた時、虫歯はないし、歯も問題ないと言われました。

 

それでも、歯が痛いと訴えたら、それは精神的な問題ですね。精神科へ行って下さいと言われたことがあります。

 

病院は改善方法が解らない時は精神の問題だといって、パキシルを出すんですよね~

 

たまに、腰痛がパキシルを飲んだら良くなりました、と言うのをうちの患者さんから聞いたことがありますが、本当に良くなる人はごく一部の方だけだと思います。

 

そして、みなさんうつ病じゃないのにパキシルを飲むからどんどん具合が悪くなっていく。やっぱり、副作用というのを忘れたはいけないのではないでしょうか。

 

そして、困り果てて当院へ来るんですよね。

 

うちに来て頂いた舌痛症の患者さんに聞いたところ、舌痛症を専門に見てくれるところは、日本に一つしかないんだそうです。

 

お茶お水の病院で、名前を忘れちゃったんですよね。どこだったかな~日本医科歯科大学だったかな!?

 

でもそこの病院でも良くならなかった方が当整体へ来てくれたことがあります。

 

舌痛症の患者さんは今まで2人ほど来てくれて、2人とも良くなっています。

 

病院じゃ良くならないみたいですので、改善してよかったです。

 

こういう、どこへ行っても原因不明で改善しないとか、難病なのでよくならないとかいう人達をもっと助けてあげたいと思っています。

 

だって、すーーと、一生痛いのって、本当につらいですよね。

 

首より上の部分が痛いのって本当につらいんですよ。脳に近いからつらいのかな。

 

まだ、足とか手とかの方が我慢できる感じです。

 

私も首や頭が痛い時は本当にどうにもならず、動けなかったです。

 

舌痛症はなった事がないですが、多分、相当つらいと思います。

 

当院がこのようなマイナーな病の受け皿となったらよいのですが。

 

腰痛とか肩こりとかだったら、ちょっと腕のいい整体院へ行けば改善できますからね。整骨院だったら保険もきいて安く施術してもらえますし。

 

病院へ行って良くなる人もいるでしょうし。

 

腰痛の方は当院がなくても困らないでしょうけど、舌痛症の方とかだったらうちしか改善できないだろうから何とかしてあげないとと思います。

 


 

下記は、舌痛症の方が来た時の症例です。

 

先月、近所に住む舌痛症の患者さんが来てくれました。

 

舌痛症というのは中々耳にしたことがないと思いますが、病名の漢字そのもので舌が痛い病気なんだそうです。当たり前か!?

 

そんな珍しい病気の方が当院のある国分寺に住んでいようとは思いもしませんでしたが。

 

患者さん本人も舌痛症を改善してくれるところをネットで調べていて、まさかこんなに近所に良いところがあるとは思わなかったと言っていました。

 

なんか世の中って狭いですよね~国分寺にも難病だなんだで悩んでいる人がいっぱいいるんだろうな~と思いました。

 

お話を聞くと舌が痛いというのも結構つらいようです。

 

そうですよね、口内炎が出来ただけでも痛いし、気になるし。舌が痛いとなったらそうとううっとおしいと思います。

 

頭痛とか脳に近い所が痛いとやですね、腰痛とかの方がまだましだと思えますが。。

 

その患者さんが1ヶ月ぶりに来てくれて、前回の施術の後2週間ぐらいしたら舌の痛いのがすっかり改善したとの事でした。

 

原因不明で施術の方法がないと言われている病気なので、1回で改善したなんて良かったです。

 

これで当院で舌痛症が改善した方は8人目ですかね。

 

今回は腰の痛みがまだ良くなっていないとの事でお越しになりました。

 

今日は体の歪みが少なかったので腰の痛みも今回で良くなったかなと思います。

 

また調子が悪くなりましたらお越し下さいませ。

 

ではでは