漁師体験で、クジラが釣れた

こんにちは、秋澤順一です。

 

昨日、今日と千葉県の南房総市、岩井海岸に泊まりで遊びに行ってきました。

 

梅雨は明けたのか、明けてないのか、良くわからないですが、とりあえずいい天気!海水浴をしたり、釣りをしたり、思いっきり楽しめました。

 

なかでも、すごかったのが定置網漁体験。

 

大人1人、1500円で、漁船に乗って定置網漁を見学する事が出来ます。

 

港は、富浦漁港か小浦漁港か選べて、今回は小浦漁港に行ってきました。

 

朝4時に漁港へ集合。まだ薄暗い夜明け前に、漁師の方達にまじって、漁船に乗り込みます。

 

15分ほど船を走らせると、網を仕掛けてあるポイントへ到着。

 

2つの船で仕掛けてある網を引き揚げながら、網を狭めていきます。

 

すると、漁師の一人が「クジラがかかった!」と。

 

なんと、定置網にクジラが入ってしまったようです。

クジラも引き上げてしまうと、色々手続きだか、お金の支払いだかが面倒だそうで、くじらは引き揚げずに網から逃がすそうです。

 

しかし、体長5メートルだか、10メートルだかもある巨大なクジラ、網から逃がすのも一苦労でした。

 

クジラの胴体としっぽにロープをかけ、網の上にクジラを誘導します。途中クジラもバタバタとあばれ、船体に体を体当たりする。このバタバタに人間が巻き込まれたら確実に死ぬと思いました、それぐらい大きなバタバタ。

 

クジラも暴れたおかげで、尻尾から血が流れている。おとなしくなって早く網から出ないと。

 

と、思うと、急にクジラはおとなしくなり、漁師さん達のロープでの誘導に従い出し、網の上からスルルーと出て行ったのです。くじらって頭がいいな~と思いました。多分、人間が助けてくれると理解したんでしょうね。

 

体に縛ったロープも、途中で切り、クジラにロープが付いたままでしたが、どうもクジラが泳いでいるうちに、自然にロープがほどける結び方のようです。

 

くじらは年に2回ぐらいしか、網にかかる事はないそうで、たまたま我々が行った日にクジラがかかり、大変ラッキーだったそうです。

 

定置網体験のはずが、ホエールウォッチングも出来てしまい、ちょー感動。やばいです!

 

クジラの脱出が終わった後は、掛った魚を網ですくっていきました。

 

色々な魚が取れたようです。タイ、ワカシ、スズキ、ホウボウ、イサキ、カンパチ、トビウオ、アジ、イカとか色々いた感じ。

 

でも、圧倒的にイワシが多い事。写真で見てもイワシしかいないですよね。

 

こんだけ海の中にはイワシしかいないんだと思いました。釣りに行ってもイワシしか釣れないはずです。

 

そんな、漁師体験にとっても感動して帰ってきました。行ってよかった。

 

定置網漁体験、お勧めですのでよろしかったら行って見て下さい。ホームページを載せておきます。

 

http://www.tairyou.com/osakana.htm

 

他にも、お魚加工体験とか、タコマンションオーナーとか面白そうです。

 

ではでは。

 

 

 

2017年7月18日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

月刊清流に掲載

こんにちは、秋澤順一です。

 

副院長が月刊誌 清流の8月号7/1発売に掲載されました。

枕の重要性について語り、バスタオル枕の作り方を紹介しています。

4ページに渡って書かれており、結構なボリューム。

写真で載せたけど、文字は読めますかね?小さすぎるか。

写真の文字が小さくて読めないと思うので

本文を書き出しましたのでご覧ください。

 

月刊『清流』8月号

 

カイロプラクター

秋澤和望さん

 

首に負担をかけない

よい枕の作り方

 

よい枕でよく眠り、毎日清々しく健康に

 

私たちの人生の約三分の一は睡眠の時間といいます。

あなたは、毎日熟睡できていますか? もしも、熟睡できない、あるいは朝から肩こりや体の重さなどの不調を感じるなら、もしかしたら、合っていない枕が原因かもしれません。

首に負担をかけない、自宅で簡単にできる正しい枕の作り方をカイロプラクターの秋澤和(あきさわかず)望(み)さんにうかがいました。

 

心身に大切な、睡眠の時間

 

 一日の理想の睡眠時間は、八時間くらいとされている。それほど長い時間を、できれば快適に過ごし、心地よい目覚めを迎えたいものだ。しかし、2013年の厚生労働省の調査では、日本人のじつに四割近くが、睡眠の質に満足していないという。

「質はもちろん、量も重要です。最低でも六~七時間は必要だと私は感じます」

 そう語るカイロプラクターの秋澤さんは、不調を抱える多くの人に接し、仕事を通して、睡眠の重要性を感じている。

「睡眠は、一日の疲れを癒します。心身を休め、体に本来備わっている自然治癒力を高めてくれるのです。ただ、時間的に十分かつ、質のいい睡眠がとれなければ、疲れは蓄積し、自然治癒力があまり機能しなくなり、体調を崩しやすくなる危険性があります」

しかし、寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚める、早朝に目が覚めてしまうなど、睡眠に関するさまざまな悩みが存在する。現代社会では、テレビやゲーム、スマートフォンなど、昼夜を問わず刺激が多い。加えて、仕事や家事、人間関係などによる過剰なストレスも、安眠を妨げる。

秋澤さんは、そうした要因だけではなく、睡眠環境そのものが悪い人が多いと指摘する。

「治療院を開業してからの六年間で、二〇〇〇人以上のお客様の健康づくりのお手伝いをしてきました。そこで強く感じてきたのは、睡眠環境、中でも特に『枕』が合っていない人がすごく多いということなのです」

秋澤さんが夫の順一さんと経営するアキサワ東京カイロプラクティックでは、主に首の骨(頸椎、中でも主に第一頸椎)の歪みやズレを、特殊な機械で加圧・矯正する。強い衝撃はなく、痛みもほとんどないそうだ。

「施術のあとは、みなさん、ベッドに横になっていただきます。当院の特徴は、施術後に四時間から六時間と、長い時間休んでいただくことです」

理由は、頸椎の正しい位置を固定し、再びズレるのを防止するため。もうひとつは、施術によって本来あるべき位置に骨や筋肉が戻ると、代謝が活性化する。すると体が治ろうとして、熱や軽い痛みを伴うので、横になっていたほうがよいという。

「そこで、ベッドに寝るみなさんの枕の調整を何度もするうちに、枕の重要性を再確認し、普段、みなさんがいかに合っていない枕で寝ているかに気づくようになりました」

 

首は、神経や血管、呼吸器などの通路

 

 なぜ、枕が安眠、質のいい睡眠のためにそれほど重要なのだろうか。その答えは、首の安定にある。

「首には、脳から全身に広がる中枢神経が脊椎(頸椎)に守られて通っています。そして、心臓から脳に大量の血液を運ぶ大動脈・静脈、さらに、首の気管を通して肺の中に空気を送り込む通路でもあります」

 つまり、全身の司令塔である脳と体を結ぶ、非常に重要な部位といえる。しかし、頭の重みや姿勢の影響などで歪んだり、ズレたりしやすい。だから、多くのカイロプラクティックや整体などでは、首の歪みやズレにアプローチし、歪みやズレをとって、阻害されていた神経などの流れをよくし、自然治癒力を引き出すことに重きを置く。

 この首を安定させ、正常な状態に保つのに有用なのが枕である。枕は単純に頭をのせるものではない。

「首が自然な位置で固定されるよい枕には、首の歪みやズレさえも元に戻す効果があると私は思っています。正しい姿勢で、首の負担をなくして長時間過ごすことで、頸椎の歪みやズレを、徐々に戻していく。実際に、自分に合った枕に変えただけで不眠が解消した、肩こりがほぼ治った、などという声もいただきます」

 個人個人に合った枕の重要性を訴えるため、秋澤さんは、不定期の「枕セミナー」を、治療院などで開催している。

「参加者の方に実際に枕を合わせて寝てもらいます。すると、三〇秒ほどの短い時間ですが、本当に寝てしまう人が多いんです(笑)」

 それだけ、自分に合った枕に寝れば、心地がよいということなのだろう。

 ところで、人間は一晩に何度も寝返りをうつが、仰向けで寝るときと、横向きのときでは首の安定する位置が違う。中央が低く、横向きになったとき用に端の高い市販の枕もある。

「私自身がそうなのですが、自分に合った枕を使っていれば、仰向けのままほぼ寝返りを打つこともないと思っています。もちろん、個人差がありますし、横向きでなければ寝つけない人もいます。ですから、できれば『仰向け用』と『横向き用』の二つの枕があればベストです。いつもは仰向け用で寝て、横に横向き用の枕を置くことを勧めています」

 とはいえ、覚醒せずに寝返りを打ったり、横向きになることもある。

「その場合は、仕方がないですね。枕が合っていなくて、呼吸がスムーズにできなかったり、寝苦しくなるため、必要以上に寝返りを打つのだと私は思っています。でも、本来は仰向けに寝るのが自然です。横向きになっても短い時間なら問題ありません」

 

自分に合った枕の作り方

 

 では、正しい枕を選ぶにはどうしたらよいのだろう。オーダーメイドの枕を作って買うのもいいが、数万するものもあり、高価でなかなか手が出ない。そこで、家にあるバスタオル数枚を使って簡単に自作のオーダーメイド枕をご紹介しよう。

「体の大きさ、頭の形、首の形状やネコ背がどうかなど、人それぞれに合う枕は違います。自分だけの枕を作ることができれば、質のよい睡眠を得ることができるはず。簡単なのでぜひ、試してみていただきたいと思います」

 枕は壁に後ろをつけて直立したときの隙間の高さになる。ネコ背の人は枕も高くしなければならない。

 詳しい作り方は、〇ページのコラムにゆずるのでチェックしてほしい。ただ、最初はコツをつかみにくいかもしれないので、できれば二人で確認しながら作るといいと秋澤さん。

「枕を首の付け根までしっかりのせてください。ただし、肩までのせてはダメです。それから、敷き布団もやや固めのほうが枕調整をしやすいでしょう。肝心なのは、日によって体の疲れ具合(筋肉の緊張)が違うということを覚えておいてください。さらに敷き布団を変えた場合も同様です。ですから、布団を変えた場合はもちろん、できるだけ毎日、枕合わせをしていただきたいと思います」

 そして、秋澤さんは、ご自身のこんなエピソードを紹介してくれた。

「誰も信じてくれませんが(笑)、私は子どもの頃からぎっくり腰など不調が多く、成人しても病気のデパート状態。さまざまな心身の病に悩まされてきました。カイロプラクティックとの出合いも大きいのですが、同時に自分に合ったよい枕で寝ることで、病気や不調と無縁の生活を送っています。人によって効果の差があったり、首以外の原因で不調のある方には効果が出ないこともありますが、ぜひ、多くの人に試していただきたいと願っています。大げさかもしれませんが、〝枕ひとつで人生が変わる〟と私は提唱してます」

 ちなみに、ネコ背の人も毎日正しい枕を使っていれば、体がリラックスしゆるみ、寝ている間に自然と本来の形に戻ると秋澤さんはいう。その場合、ネコ背が改善するため、日に日に枕も低くなっていくわけだ。

 最後に、快適な睡眠のためのコツをうかがった。

「まず、寝る前にコップ一杯のお水を飲むようにしてください。白湯ならなおよいです。水分が不足すると体液の巡りが滞るので安眠できません。夜中にトイレに一度行くことになっても、水分は摂ったほうがいいと考えます。また、必ず布団かベッドで寝ること。ソファーやコタツで寝るのはNGです。不眠気味の方は、お茶・コーヒーなどのカフェインやアルコールを避けましょう」

 自分に合ったよい枕を使って、心地よい睡眠を得、朝を気持ちよく迎える。熟睡できることは健康の証でもある。確かに、枕で人生は変わるのかもしれない。

            (文=吉田恒夫)

 

 

(プロフィール)

あきさわ・かずみ●神奈川県横浜生まれ。カイロプラクターとして、夫の順一氏とアキサワ東京カイロプラクティックを運営。大学卒業後、企業に勤務するが幼少からの頭痛や腰痛などに悩まされる。夫の開業に合わせ、自身も経験を積み、枕調整や、触診の技術では夫を超えるほどに。現在では、都心や治療院で「枕セミナー」を開催する。

 

※欄外 アキサワ東京カイロプラクティック

公式HP=http://chopseitai.com/

 

自分に合った枕を正しくあてた姿勢

 

  • 仰向けの場合

あごがベッドに平行になるようにする。枕が低過ぎると下を向き、高過ぎると上向いてしまう。

  • 横向きの場合

顔の中央、鼻のラインがベッドに平行になるようにする。

 

作ってみよう!

簡単、自作オーダー枕

 

【用意するもの】

  • 平たい枕(綿や化学繊維のもので適度に固いもの。高さは5センチ程度)
  • 大きめのバスタオル3枚~5枚

※平たい枕がない場合は、バスタオルを重ねて代用してもOKです。これも高さを5センチほどに調整してください。

 

  • バスタオルを二回折って、四枚構造にする
  • 枕の上に折ったタオルを一枚から二枚置いて高さを調整する
  • やや高めに設定し、一枚ずつめくって低くする
  • ちょうどいい位置になったら、少し待つ。体がリラックスして無駄な力が抜けるので枕の高さはやや下がってくる。15分くらいで一枚から二枚分くらい下がる。

※枕が正しくフィットした「ちょうどいい状態」の確かめ方

 

・首の横を左右に走る胸鎖乳突筋がやわらかくなる(右は左手で、左は右手で、クロスして触ること)

・奥歯に力が入っていない状態

・あごが水平であること

・足首をぐるぐる動かすとスムーズに回る

 

「枕が合っていない状態」の場合は上記の逆のことが起きます。

 

 

2017年7月1日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

土日の予約枠増加について

こんにちは、秋澤順一です。

 

6月に入り、梅雨らしくない良い天気が続いておりましたが、ここ1週間ほどは梅雨らしく、雨とムシムシした湿度になってまいりました。

 

水不足になってしまっても困るので、ほどほどに雨も降ってくれるといいですね。

 

さて、ここ数ヶ月、おかげさまで土日の予約枠が毎回すべて埋まっている状況が続いております。

 

そのおかげで、「もっと早く来たかったんだけど予約が取れず来られなかった」という声も度々耳にするようになりました。

 

そこで、7月より土日の午後に2つの予約枠をもうけました。

今までは午前のみの予約となっておりましたが、今後は土日のみ午後も予約が可能となります。

 

お時間は14:00~と14:30~の2枠。お帰りはおよそ18:30~19:00となります。

 

ネットでも予約可能となりますので、どうぞご利用下さいませ。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

2017年6月24日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

ラジオ出演時の動画

こんにちは、秋澤順一です。

 

先月、副院長、秋澤かずみが出演した、FMラジオの動画がYouTubeにアップされました。

 

今どきのラジオは音だけでなく、動画もYoutubeで流してしまうんですね。Youtubeすごいな~

 

本人が出演していた部分のみを私の方で編集して、同じくYoutubeにアップしましたのでご覧くださいませ。

 

 

 

ラジオ出演しました!

こんにちは、秋澤順一です。

 

副院長!?嫁が先週、渋谷クロスFMのラジオ番組に出演しました。

 

番組のタイトルは「ザ・エミリーの世界につなげよう・JOIN US」という番組で、毎週火曜夜8時の放送。

 

嫁含めゲストの方4人とDJのエミリーさーんでトークをしたそうです。

 

 

ちなみに私はラジオを聞いていないのですが。何かちゃんと喋れるのか不安で、聞いてられなかったもので。。

 

結構小心者なんです。

 

後から嫁から聞いた話だと、「ちゃんと喋れたよ」「いっぱいしゃべった」との事でした。

 

立派‼

 

放送は生放送で、事前に打ち合わせをしてから本番に入ったそうです。

 

生放送とか良く出来るね、緊張しないのかな~

 

放送内容は2週間後にユーチューブにアップされるようですので、アップされましたらこちらにも掲載させていただきます。

 

ではでは。

 

2017年5月30日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

月刊誌 清流の取材を受けました

こんにちは秋澤順一です。

 

昨日、久しぶりに雑誌の取材を受けました。

 

開業して1、2年目の頃はよく雑誌やテレビの取材を受けていたのですが、店名をまともな店名に代えたからは雑誌やテレビの取材を受ける事がなくなっていたので、本当に嬉しいですね^^

 

取材に来て頂いたのは清流出版株式会社さん、社名と同じ清流という雑誌の取材でお越しになりました。

 

 

こちらは女性の生き方、心のあり方を考える中高年の主婦向け雑誌だそうです。

 

写真にある雑誌をいただいちゃいました。

 

取材の目的はというと、当院がお勧めいているバスタオル枕の作り方に関する取材でした。

 

取材の前半はバスタオル枕や睡眠、健康についての質問をいろいろ受け、お答えし。

 

後半はバスタオル枕の作り方を実際に記者の方に体験して頂きました。

 

バスタオル枕のセミナーは受けた方の反響がものすごいのですが、記者の方もだいぶ感動してくれたようです。

 

バスタオル枕のセミナーを受けると、目からウロコ的な事がいっぱいなんですよ^^

 

この取材の記事は6月だか、7月だか発売の月刊誌清流に掲載されるそうです。

 

正確な発売日が分かりましたら、またお伝えしますね。

 

ちなみにこの本は書店では取り扱っていないそうです。

 

購入するには清流社のホームページから買えます。

 

http://www.seiryupub.co.jp/

 

基本的には定期購読で買っている人が多い雑誌ですが、1冊だけでも買えるようなので当院が紹介されたら是非買ってみて下さい。

 

ではでは

 

痛みのストレス

こんにちは、アキサワ東京カイロプラクティックの秋澤順一です。

 

痛みのストレスって大きいですよね。

 

私も昔は首の痛みや、足首の痛みで、ストレスは相当な物でした。起きている間は、何をしていても痛い。仕事をしていても集中できないし、テレビを見ていても集中できない。しゃべると口を開ける振動で首が痛いので、しゃべりたくない。だから会社に行っている時は誰にもしゃべりかけられないように下を向いて廊下を歩いていました。

 

うちに来る患者さんでも結構私と同じような人はいるな~

とにかく元気がなく、うつむいたままの感じ。痛みのストレスもあってもう疲れ切っているんですよね。

 

このまま一生痛みがあったら、ストレスで死んでしまうんじゃないかと思うぐらい。

 

もちろん、うつ病になってしまう人もいらっしゃいます。5年や10年も痛みのストレスを抱えていたら、そりゃーうつ病にもなりますよ。

 

私もそうでしたが、この先の人生真っ暗って思うんですよね。私は首のヘルニアで会社を休職していました、このまま首の痛みが治らなかったら、会社に復職する事は出来ないんだろうな~そしたら収入がなくなるから生活保護を受けなければいけないよな~

 

と、一日中家にいるので考える時間は山ほどある。そしてどんどん悪い方へ考えて気分はどんどん落ち込んでいくんですよね。

 

だから、当院に初めてくるお客様で暗ーくなっている方が、何回か通ってくれるうちに体の痛みが取れて、明るく元気になって行ってくれると本当に喜びを感じます。この仕事をやっていてよかったーと思う瞬間ですね。

 

でも、逆に体があっちこっち痛いのに元気なお客様もいるんですよね。外から見た感じではとっても健康でどこも悪くないように見える。なのに体はボロボロだったりするんです。私の妻もそうなのですが、頭が痛かったりすると、痛い!痛い!と大騒ぎしてよくしゃべり元気なんですよね。

 

頭が痛いのに元気な感覚は私にはわからないな~

 

痛みのストレスがなくなって皆さん元気になる事を願っております。

 

ではでは。

2017年4月15日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

国立のムタヒロ

前々から気になっていた、国立市にある煮干し中華そばのムタヒロに行ってきました。

 

半年前?1年前?ぐらいにオープンしたと思うのですが、行きたい、行きたいと思いながらなかなか行く機会がなく、やっと念願が叶った感じです。

 

ムタヒロは国分寺が発祥で1号店から3号店まであり、どこも混んでいるんですよね~

 

私的には1号店~3号店はあまり好みの味ではないので1度行ったっきりで終わってしまったのですが。

 

西国分寺に出来たムタヒロの4号店の味噌中華そばのお店がめちゃめちゃおいしんですよね。

 

なかなか、他にはない味でくせになります。結構通ってます。

 

そして、ムタヒロの5号店が国立に出来たようです。

 

国立のムタヒロは煮干し中華そば、煮干しそばは大好きなので期待大!

 

そして、妻と二人で国立へ行ってきました。

 

煮干し中華そばは2種類あって、あっさりとこってりがあります。

 

こっちがあっさりタイプ。

 

こっちがこってりタイプ。

どっちも煮干しが効いていてとっても美味しかったです。

 

ムタヒロって麵よりもスープがおいしんですよね~

 

私的にはあっさりタイプの方がいいかな。

 

でもこってりもいいし。んん~悩む。

 

ということで、興味のある方は当院へ来た帰りに是非国立のムタヒロに寄って見て下さい。

 

でも、お昼の営業が15時まで何ですよね。そして夕方の営業は18時からで。

 

午後も営業してくれるとありがたいのですが。

 

当院へ来たら終わるのが大体13時半~16時半なので、早く来た人は食べて帰れますね。

 

国立ムタヒロ

 

ではでは

 

国分寺でカイロプラクティックを初めて6年目

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

もうすぐ春ですねぇ~

 

暖かかったり、寒かったり、いまいち天気がはっきりとしませんが、少しずつ春らしさを感じるようになってきました。

 

春と言えば、4月で当院も開業6年目となります!パチパチパチ。

 

国分寺の自宅でカイロプラクティックを始め、6年目に突入。

 

私は大学卒業後10年間サラリーマンをやっていたので、人の体を触る経験もなかったし、カイロプラクティック院を経営する経験もなかったので、当時は手探り状態で治療と経営を始めました。

 

何も良く解らないまま、よくやっていたなと思います。

 

開業して4月に通常のお客さんを向かい入れる前に、ちょうど今頃の3月には鍼灸学校のお友達たち10人ほどを国分寺へ呼び、実験台になってもらいました。

 

カイロプラクティックの施術でちゃんと体の歪みをとれるかな~とドキドキしながら施術をしていたものでした。

 

私が緊張していたので、同級生もみんな緊張していたな~

 

10人中9人は体の歪みが取れてうまく行ったので、なんとかカイロプラクティックの施術は出来るなと、少し自信をもって4月のオープンを向かい入れる事が出来たんですよね。

 

実験台になってくれた同級生に感謝です。

 

あとは、営業に関しての不安、お客さんが来てくれるかが不安でしたね~

 

国分寺駅から徒歩10分と駅から遠い住宅街にあるし、当時は施術後8時間寝なければいけなかったので、そんなに寝なきゃいけないカイロプラクティックなんて、誰も来ないよな~という不安ばかり。

 

案の定、4月の開業時には知り合いとかも含めて8人ぐらいしか来なかったですね。。

 

というよりも、半年ぐらいは全然お客さんが来なかったな~

 

それが、半年を過ぎたあたりから、広告とか紹介とかで徐々に来てくれるようになりました。

 

そういえば、当時は他の整体院では絶対に真似できない企画をやっていたんですよね。

 

それは、10人ぐらい色々な病気を持っている方達をモニターとして集めて、その人たちに治療を受けてもらい、治っていくまでの様子をブログに書いてもらう。

 

そして、そのブログを全て当院のホームページ上で一覧にして公開するという企画。

 

これだったら、普通の口コミよりも信憑性があるじゃないですか。

 

普通の口コミだったら私がいくらでもいいように書けちゃいますからね。

 

でも、ブログだったら私は何も手を出せないわけですよ。だから皆さん自由に書いてくれました。

 

すると10人中5人が良くなったんです。

 

うつ病、喘息、自律神経失調症、腰痛、首こり、肩こり、側弯症、下痢、不眠、などが治って、それをブログに書いてくれました。

 

でも残りの5人は治らなかったんですよ。。当時は私も腕が未熟でした。今だったら全員治せる自信があるんですがね。

 

しかし、この治らない5人の記事もちゃんとホームページに載せておいたんです。そしたらそれが逆に信頼できるという事になって、多くの方が来てくれるようになりました。

 

モニターでうつ病の方と、喘息の方が1回で治ったので、その当時はうつ病や喘息の方が結構いらっしゃいました。

 

今もこのモニター企画をまたやってみたい気はあるんですけどね~

 

今後は国から難病指定されている病気を持っている方を対象にモニターをしてもらいたいな~と思っています。

 

国が絶対に治らないという病気を治せたらすごくないですか?

 

クローン病とか多発性硬化症とか。病院では絶対に治らないとされている病気。

 

私も難病である潰瘍性大腸炎が治ったし。

 

難病で困っている人たちの受け皿になってあげられたらいいなと思っています。

 

国分寺でカイロプラクティックを開業して6年目、まだまだやらなければいけない事は沢山ありますね。

 

あっ、あと引っ越しもしたいな。

 

今は持ち家の一軒家がお店になってしまい、自分たちが追い出されアパート暮らしなので、いつかお店を引っ越して、自分たちが家に住みたいな。

 

もしくは国分寺よりももっと都会に自分たちが家を買って住もうかな!?いつの事になるやら。

 

ではでは

 

枕セミナーの合間に釣り

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

昨日は神奈川県の松田町で妻が枕セミナーを開催しました。

 

松田町とは小田原の近くね、箱根のふもとあたり。

 

箱根に住んでいる知り合いの方と妻が共同で開催し、10人ほどの方が枕セミナーにこられたそうです。

 

静岡からとか、横浜からとか結構遠方から来てくれたみたい。

ベットがないのにどうやって枕セミナーをやるのかな~と思っていたのですが、畳があれば寝れるんですね~

 

枕セミナーにはちょうどいい会場だ。

 

そして私は、女性だらけのセミナーに参加するのも恥ずかしいので、家で留守番をしていてもよかったのですが、妻を松田町まで車で送って行ったのです。

 

そして、妻が働いている間、私は小田原の早川漁港に行って、夕飯の食材を調達に。

 

去年の11月か12月頃にも早川漁港に釣りに行ったんですけど、その時はイワシを100匹ぐらい釣って大量だったんですよね。

 

今回もイワシでも釣ろうかな~と思って行ったのですが、海を見てもイワシの影が全く見えない。

 

というより、魚の影が全く見えない。。

 

15分ぐらたっても何にもつれない。。。

 

すると、となりに釣り人のおじさんがやってきて、「隣で釣ってもいいですか?」と声を掛け来ました。

 

そして、おじさんと一緒に釣りをする事に。

 

おじさんは色々教えてくれて、イワシは2週間前にいなくなったそうで、代わりに今は稚鮎が釣れるとの事。

 

だいたい午前中は漁港の奥の方から釣れ始め、自分たちの場所では午後ぐらいから釣れるようになるとの事。

 

川に住んでいる、鮎の子供が釣れるんですって。ビックリですよね。

 

早川漁港近くに流れている、早川という川で鮎をつったら違法なんですが、早川港の中に迷い込んできた鮎を釣るのはいいんだそうで。

 

でも小さい魚を釣ったらリリースしなきゃいけないんじゃないかな~

 

と思ったのですが、「稚鮎をかき揚げにすると美味しいよ~」という言葉に負け、他にも鮎狙いの人が5人ぐらいいたので、私も鮎釣りパーティーに参加する事になりました。

 

まず仕掛けはウルトラパニックというサビキ釣り仕掛けの1号か1.5号を使います。早川漁港の近くの釣具屋さんで買ってきました。

 

この針、東京じゃ売ってないんですよね~、しかも1号というのは地元の釣具屋さんがメーカーに特注で作ってもらっているそうで他では売ってないんですって。

 

 

鮎がワカサギ並みに小っちゃいんですよね。だから針も小っちゃい。

 

そして、サビキ釣りで釣るのですが、コマセは最初に魚をおびき寄せるためにまくだけで、魚が寄ってきたらまかないようにしなければ行けません。

 

稚鮎は内臓も食べるので、コマセを食べた鮎は味が落ちるんだそうで。

 

早川漁港の常連である、イワシ釣り名人もやってきて、「コマセはまいちゃだめだよ~」と声を掛けられます。

 

そんなこんなで夕方までに100匹以上の釣果をあげました。

小っちゃいでしょ?クーラーボックスにいれても全然いっぱいにならない。

 

これで20匹ぐらいの釣果かな。

 

家に帰ってボールに入れても100匹がこの程度。

両手に山盛りぐらいにしかならないんです。

 

そして、料理。

 

イワシと違って、ウロコがないから楽なんですよね~

 

前回イワシを釣った時は誰もイワシ釣りをやっていなかったのに、鮎になったら5人ぐらいが狙っていました。イワシは下処理がめんどくさいんですよね~

 

平日は釣り人も少なく快適なんですが、土日は混雑でギュウギュウ詰めになり大変な事になっているんだそう。車も止める所がないそうです。

 

こおいうとき平日休みってありがたいですね。

 

そして話を戻して、鮎はかき揚げになりました。

 

 

100匹の鮎がかき揚げにすると6個ぐらいにしかならなかった。

 

私が揚げたのですが、見事にサクサクに!

 

かき揚げを食べてみると、全く癖のない味です。ワカサギを癖のない味にした感じ。頭も骨も全く感じずやわらかい。そして、あとから内臓の苦みがほんのり感じる程度。

 

これはめちゃめちゃうまいです!病みつきになりそう。お酒によく合う。

 

となりで釣りをしていたお父さんも、3日前に初めて稚鮎を釣ってかき揚げを食べたそうですが、あまりのおいしさにまた来てしまったんだそう。

 

奥様にめいどの土産にもう一度食べさせてあげたいと言っていました。。

 

また早川漁港へ行きたいな~、今度は200匹ぐらい釣り上げたいな~

 

めいどの土産にもう一回食べたい!

 

ではでは