著書の販売開始

こんにちは、秋澤順一です。

 

いよいよ、我々の初めての著書「手づくり枕整体」が先週の金曜日より販売開始となりました。

 

んん~なんだか感動ですね。

 

本が完成するまで時間がかかったなぁ~

 

苦労して作ったから何だか自分の子供みたい。

 

せっかくだから売れてくれるといいんだけど^^

 

ところが、近くの書店をめぐってみたのですが、あんまり置いてあるお店が少ないんですよね。。

 

国分寺にある書店だったら全店で取り扱ってくれてもいいのに、1店舗しかおいてないし。。。きびしい~

 

ちなみに国分寺駅にある書店では取り扱いはないようで、西国分寺駅の駅ビルにある隆文堂さんにありました!

 

国分寺で本を買いたい方はぜひ西国分寺駅の隆文堂さんに行って下さい。

 

そして、出版社の方の話によると、同社で取り扱っている他の本より、この本はだいぶ出だしがいいようです!これでも本屋さんには置いてもらえた方見たい。

 

ということで、地方紙ですが、新聞広告を出してくれることになりました。いえぃ!

 

広告の予定は次のようになるそうです。後ろの数日は掲載日。

 

大分合同新聞 9/7

岐阜新聞 9/8

宮崎日日新聞 9/8

神奈川新聞 9/9

愛媛新聞 9/11

山梨日日新聞 9/11

佐賀新聞 9/12

沖縄タイムス 9/12

山形新聞東奥日報 9/14

東奥日報 9/15

 

この先も多分新聞広告を出してくれるのだと思います。全国紙に出るとうれしいんだけどね。

 

ということで、対象の新聞を取られている方は広告を見てもらえたらなと思います。

 

ではでは。

 

2018年9月9日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

アマゾンで本の予約開始

こんにちは、秋澤順一です。

 

 

今日は久しぶりに暑い日になりましたね。ここ最近涼しい日が続き、もう秋に突入してしまうのかと思ってさみしく思ってました。

 

まだまだ夏が楽しめそうです。

 

そして、いよいよ本題。

私たちの本が出版されることになりました。

 

発売日は9/5です。そして、先行してアマゾンで予約が出来るようになりました。

 

寝ている間にコリと痛みがスッキリとれる

手づくり枕整体

 

アマゾンへのリンクは下記からどうぞ。

https://goo.gl/ieMJEd

 

いや~出版て、大変だった。こんなに時間がかかると思ってもいませんでした。

 

元々私は本を読むのが苦手で、一冊の本を読むのに3週間ぐらいかかるんですよね。

 

なのに本を書くだけならまだしも、その原稿を10回ぐらい見直しをし、内容を書き換えたり、誤字脱字を修正しり。もう、それだけで数ヶ月かかっちゃいますからね。

 

もう何度も読んでいるから最後の方はいいかげん飽きていたし。。

 

いや~大変な作業でした。

 

そんな、苦労して作った私たちの初めての本です。よかったらアマゾンで予約して下さいね。

 

書店には9/5以降、首都圏から徐々に置かれるそうです。

 

ではでは。

 

2018年8月22日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

本のタイトル&発売日が決定

こんにちは、秋澤順一です。

 

いよいよ、私たちの本のタイトルとカバーのデザインが決定しました。

 

本のタイトルは

 

寝ている間にコリと痛みがスッキリとれる

手づくり枕整体

 

となりました。

 

そして、本のカバーデザインンも決定。

こんな感じ。

いえ~い!

 

自分で予想していたより、立派なデザインで。何かちゃんとした本になりますね。

 

さすが、出版社!!

 

本の内容は20分間枕を合わせて寝れば、軽い首こり、肩こり、腰ぐらいだったら解消できますよ!という内容。

 

この20分間枕を合わせて寝る健康法は実は私が毎日やっているものなんですよ。

 

基本的に自分の体は自分のカイロプラクティックで整えてあるので、どこも悪い所はなく健康なのですが。夜にお酒を飲んで寝る事も多く、そうすると朝起きて、顔はむくんで、まん丸になっているし、首は硬くなっているしで調子が悪いんです。

 

だから、朝職場で、お客様を迎える準備が終わってから、もう一度枕をピッタリに合わせて20分間寝ています。

 

すると顔のむくみも取れるし、首も柔らかくなる。何より頭がスッキリします。

 

この本は、当院へ来たことのない人向けに書いてあるのですが、是非、当院へ来られた方にもやって頂きたいんですよね。

 

当院で施術を受けて体の歪みを取っても、仕事がハードだったり、運動したり、旅行へ行ったりすると、多少は体が歪んでしまうんです。

 

でも、一日一回20分間枕を合わせて寝れば歪んだ体が元に戻り、歪みが取れる。当院の施術を受けなくても長い間体の歪みがない状態をキープできるのです。

 

20分間寝る時の重要なポイントは寝ている間に枕が低くなっていくので、それをきっちり合わせてあげる事。20分でタオル2、3枚分ぐらい低くなるので、ちゃんと合わせてあげる。

 

是非、当院へ来られた方もこの方法を実践して見て下さい。

 

ごめんなさい、当院へ来たことのない方は枕が低くなていくという意味が解らないですよね。

 

ということで、本には枕をピッタリ合わせて、寝ている間に枕を低くしていく方法が書かれているので、当院へ来たことのある方も、来たことのない方も読んで頂けたら幸いです。

 

出版社によると明日から本の印刷を始めるそうです。そして9月5日に販売開始。首都圏の本屋から徐々に本が並ぶそうです。さらに、アマゾンでは販売前から予約も受付できるようになるんだとか。

 

また、進展がありましたらご報告いたします。

 

ではでは。

 

2018年8月9日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

初出版まであと1ヶ月

こんにちは、秋澤順一です。

 

 

当院の本がもうすぐ販売開始となります。

 

出版の話が決まったのが去年の8月頃。

 

途中、出版社の方が忙しかったようで、半年ぐらい作業が止まっていた時期もありましたが、ここえきて原稿の修正やらイラストの確認やら急ピッチで作業が進んでおります。

 

原稿も書き終わって、今はゲラの確認作業をしています。

 

ゲラというのは、Wordで横書きで書いた原稿を、本のように印刷したものを指すんだそうです。

 

次の写真のものがゲラと呼ぶんだそう。

縦書きになって本のような感じになっていますよね。

 

これを確認して、もう一度文章に赤を入れて、修正していきます。

 

あとはイラストや写真の確認。本のタイトルを決める。本のデザインを決める。これが出来たらいよいよ印刷が始まるそうです。

 

今の所、早ければ8月の末にでも販売開始するみたい。遅くても9月には販売開始できると思うのですが。

 

本のタイトルも一応決めたのですが、正式決定ではないので、本のデザインが出来上がってきたら、またご紹介しますね。

 

そうそう、本の内容ですが、バスタオル枕の作り方の本になります。枕を作って20分寝れば、首こり、肩こり、腰痛がスッキリするといった内容。

 

あと、首のズレを治せばなぜ万病が改善していくのか?などカイロプラクティックの原理なんかについても書いています。

 

当院へ来れない方でも、家で枕を作って寝ればコリや痛みが解消できる方法をご紹介しています。セルフケアというのかな。

 

当院へ来たことがある方も是非、1日20分間だけでもいいので枕を調整して寝る方法を実践して欲しいなと思います。

 

施術で体の歪みを取っても、1日働いたり、遊んだりすると多少は歪んでしまうんですよね。それを、枕を合わせて20分寝るだけで、体がリセットされて歪みが取れるんですよね。

 

だから、体の歪みがない状態を長く保つことが出来る。

 

私も、施術のある日は朝治療院へ行って、ベッドメイキングなど準備が終わったら、必ず20分間枕を調整して寝ています。

 

私が毎日やっている健康法を本にした感じです。

 

また、本の発売日が決まりましたらご連絡します。

 

ではでは。

 

2018年8月4日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

漁師体験で、クジラが釣れた

こんにちは、秋澤順一です。

 

昨日、今日と千葉県の南房総市、岩井海岸に泊まりで遊びに行ってきました。

 

梅雨は明けたのか、明けてないのか、良くわからないですが、とりあえずいい天気!海水浴をしたり、釣りをしたり、思いっきり楽しめました。

 

なかでも、すごかったのが定置網漁体験。

 

大人1人、1500円で、漁船に乗って定置網漁を見学する事が出来ます。

 

港は、富浦漁港か小浦漁港か選べて、今回は小浦漁港に行ってきました。

 

朝4時に漁港へ集合。まだ薄暗い夜明け前に、漁師の方達にまじって、漁船に乗り込みます。

 

15分ほど船を走らせると、網を仕掛けてあるポイントへ到着。

 

2つの船で仕掛けてある網を引き揚げながら、網を狭めていきます。

 

すると、漁師の一人が「クジラがかかった!」と。

 

なんと、定置網にクジラが入ってしまったようです。

クジラも引き上げてしまうと、色々手続きだか、お金の支払いだかが面倒だそうで、くじらは引き揚げずに網から逃がすそうです。

 

しかし、体長5メートルだか、10メートルだかもある巨大なクジラ、網から逃がすのも一苦労でした。

 

クジラの胴体としっぽにロープをかけ、網の上にクジラを誘導します。途中クジラもバタバタとあばれ、船体に体を体当たりする。このバタバタに人間が巻き込まれたら確実に死ぬと思いました、それぐらい大きなバタバタ。

 

クジラも暴れたおかげで、尻尾から血が流れている。おとなしくなって早く網から出ないと。

 

と、思うと、急にクジラはおとなしくなり、漁師さん達のロープでの誘導に従い出し、網の上からスルルーと出て行ったのです。くじらって頭がいいな~と思いました。多分、人間が助けてくれると理解したんでしょうね。

 

体に縛ったロープも、途中で切り、クジラにロープが付いたままでしたが、どうもクジラが泳いでいるうちに、自然にロープがほどける結び方のようです。

 

くじらは年に2回ぐらいしか、網にかかる事はないそうで、たまたま我々が行った日にクジラがかかり、大変ラッキーだったそうです。

 

定置網体験のはずが、ホエールウォッチングも出来てしまい、ちょー感動。やばいです!

 

クジラの脱出が終わった後は、掛った魚を網ですくっていきました。

 

色々な魚が取れたようです。タイ、ワカシ、スズキ、ホウボウ、イサキ、カンパチ、トビウオ、アジ、イカとか色々いた感じ。

 

でも、圧倒的にイワシが多い事。写真で見てもイワシしかいないですよね。

 

こんだけ海の中にはイワシしかいないんだと思いました。釣りに行ってもイワシしか釣れないはずです。

 

そんな、漁師体験にとっても感動して帰ってきました。行ってよかった。

 

定置網漁体験、お勧めですのでよろしかったら行って見て下さい。ホームページを載せておきます。

 

http://www.tairyou.com/osakana.htm

 

他にも、お魚加工体験とか、タコマンションオーナーとか面白そうです。

 

ではでは。

 

 

 

2017年7月18日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

月刊清流に掲載

こんにちは、秋澤順一です。

 

副院長が月刊誌 清流の8月号7/1発売に掲載されました。

枕の重要性について語り、バスタオル枕の作り方を紹介しています。

4ページに渡って書かれており、結構なボリューム。

写真で載せたけど、文字は読めますかね?小さすぎるか。

写真の文字が小さくて読めないと思うので

本文を書き出しましたのでご覧ください。

 

月刊『清流』8月号

 

カイロプラクター

秋澤和望さん

 

首に負担をかけない

よい枕の作り方

 

よい枕でよく眠り、毎日清々しく健康に

 

私たちの人生の約三分の一は睡眠の時間といいます。

あなたは、毎日熟睡できていますか? もしも、熟睡できない、あるいは朝から肩こりや体の重さなどの不調を感じるなら、もしかしたら、合っていない枕が原因かもしれません。

首に負担をかけない、自宅で簡単にできる正しい枕の作り方をカイロプラクターの秋澤和(あきさわかず)望(み)さんにうかがいました。

 

心身に大切な、睡眠の時間

 

 一日の理想の睡眠時間は、八時間くらいとされている。それほど長い時間を、できれば快適に過ごし、心地よい目覚めを迎えたいものだ。しかし、2013年の厚生労働省の調査では、日本人のじつに四割近くが、睡眠の質に満足していないという。

「質はもちろん、量も重要です。最低でも六~七時間は必要だと私は感じます」

 そう語るカイロプラクターの秋澤さんは、不調を抱える多くの人に接し、仕事を通して、睡眠の重要性を感じている。

「睡眠は、一日の疲れを癒します。心身を休め、体に本来備わっている自然治癒力を高めてくれるのです。ただ、時間的に十分かつ、質のいい睡眠がとれなければ、疲れは蓄積し、自然治癒力があまり機能しなくなり、体調を崩しやすくなる危険性があります」

しかし、寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚める、早朝に目が覚めてしまうなど、睡眠に関するさまざまな悩みが存在する。現代社会では、テレビやゲーム、スマートフォンなど、昼夜を問わず刺激が多い。加えて、仕事や家事、人間関係などによる過剰なストレスも、安眠を妨げる。

秋澤さんは、そうした要因だけではなく、睡眠環境そのものが悪い人が多いと指摘する。

「治療院を開業してからの六年間で、二〇〇〇人以上のお客様の健康づくりのお手伝いをしてきました。そこで強く感じてきたのは、睡眠環境、中でも特に『枕』が合っていない人がすごく多いということなのです」

秋澤さんが夫の順一さんと経営するアキサワ東京カイロプラクティックでは、主に首の骨(頸椎、中でも主に第一頸椎)の歪みやズレを、特殊な機械で加圧・矯正する。強い衝撃はなく、痛みもほとんどないそうだ。

「施術のあとは、みなさん、ベッドに横になっていただきます。当院の特徴は、施術後に四時間から六時間と、長い時間休んでいただくことです」

理由は、頸椎の正しい位置を固定し、再びズレるのを防止するため。もうひとつは、施術によって本来あるべき位置に骨や筋肉が戻ると、代謝が活性化する。すると体が治ろうとして、熱や軽い痛みを伴うので、横になっていたほうがよいという。

「そこで、ベッドに寝るみなさんの枕の調整を何度もするうちに、枕の重要性を再確認し、普段、みなさんがいかに合っていない枕で寝ているかに気づくようになりました」

 

首は、神経や血管、呼吸器などの通路

 

 なぜ、枕が安眠、質のいい睡眠のためにそれほど重要なのだろうか。その答えは、首の安定にある。

「首には、脳から全身に広がる中枢神経が脊椎(頸椎)に守られて通っています。そして、心臓から脳に大量の血液を運ぶ大動脈・静脈、さらに、首の気管を通して肺の中に空気を送り込む通路でもあります」

 つまり、全身の司令塔である脳と体を結ぶ、非常に重要な部位といえる。しかし、頭の重みや姿勢の影響などで歪んだり、ズレたりしやすい。だから、多くのカイロプラクティックや整体などでは、首の歪みやズレにアプローチし、歪みやズレをとって、阻害されていた神経などの流れをよくし、自然治癒力を引き出すことに重きを置く。

 この首を安定させ、正常な状態に保つのに有用なのが枕である。枕は単純に頭をのせるものではない。

「首が自然な位置で固定されるよい枕には、首の歪みやズレさえも元に戻す効果があると私は思っています。正しい姿勢で、首の負担をなくして長時間過ごすことで、頸椎の歪みやズレを、徐々に戻していく。実際に、自分に合った枕に変えただけで不眠が解消した、肩こりがほぼ治った、などという声もいただきます」

 個人個人に合った枕の重要性を訴えるため、秋澤さんは、不定期の「枕セミナー」を、治療院などで開催している。

「参加者の方に実際に枕を合わせて寝てもらいます。すると、三〇秒ほどの短い時間ですが、本当に寝てしまう人が多いんです(笑)」

 それだけ、自分に合った枕に寝れば、心地がよいということなのだろう。

 ところで、人間は一晩に何度も寝返りをうつが、仰向けで寝るときと、横向きのときでは首の安定する位置が違う。中央が低く、横向きになったとき用に端の高い市販の枕もある。

「私自身がそうなのですが、自分に合った枕を使っていれば、仰向けのままほぼ寝返りを打つこともないと思っています。もちろん、個人差がありますし、横向きでなければ寝つけない人もいます。ですから、できれば『仰向け用』と『横向き用』の二つの枕があればベストです。いつもは仰向け用で寝て、横に横向き用の枕を置くことを勧めています」

 とはいえ、覚醒せずに寝返りを打ったり、横向きになることもある。

「その場合は、仕方がないですね。枕が合っていなくて、呼吸がスムーズにできなかったり、寝苦しくなるため、必要以上に寝返りを打つのだと私は思っています。でも、本来は仰向けに寝るのが自然です。横向きになっても短い時間なら問題ありません」

 

自分に合った枕の作り方

 

 では、正しい枕を選ぶにはどうしたらよいのだろう。オーダーメイドの枕を作って買うのもいいが、数万するものもあり、高価でなかなか手が出ない。そこで、家にあるバスタオル数枚を使って簡単に自作のオーダーメイド枕をご紹介しよう。

「体の大きさ、頭の形、首の形状やネコ背がどうかなど、人それぞれに合う枕は違います。自分だけの枕を作ることができれば、質のよい睡眠を得ることができるはず。簡単なのでぜひ、試してみていただきたいと思います」

 枕は壁に後ろをつけて直立したときの隙間の高さになる。ネコ背の人は枕も高くしなければならない。

 詳しい作り方は、〇ページのコラムにゆずるのでチェックしてほしい。ただ、最初はコツをつかみにくいかもしれないので、できれば二人で確認しながら作るといいと秋澤さん。

「枕を首の付け根までしっかりのせてください。ただし、肩までのせてはダメです。それから、敷き布団もやや固めのほうが枕調整をしやすいでしょう。肝心なのは、日によって体の疲れ具合(筋肉の緊張)が違うということを覚えておいてください。さらに敷き布団を変えた場合も同様です。ですから、布団を変えた場合はもちろん、できるだけ毎日、枕合わせをしていただきたいと思います」

 そして、秋澤さんは、ご自身のこんなエピソードを紹介してくれた。

「誰も信じてくれませんが(笑)、私は子どもの頃からぎっくり腰など不調が多く、成人しても病気のデパート状態。さまざまな心身の病に悩まされてきました。カイロプラクティックとの出合いも大きいのですが、同時に自分に合ったよい枕で寝ることで、病気や不調と無縁の生活を送っています。人によって効果の差があったり、首以外の原因で不調のある方には効果が出ないこともありますが、ぜひ、多くの人に試していただきたいと願っています。大げさかもしれませんが、〝枕ひとつで人生が変わる〟と私は提唱してます」

 ちなみに、ネコ背の人も毎日正しい枕を使っていれば、体がリラックスしゆるみ、寝ている間に自然と本来の形に戻ると秋澤さんはいう。その場合、ネコ背が改善するため、日に日に枕も低くなっていくわけだ。

 最後に、快適な睡眠のためのコツをうかがった。

「まず、寝る前にコップ一杯のお水を飲むようにしてください。白湯ならなおよいです。水分が不足すると体液の巡りが滞るので安眠できません。夜中にトイレに一度行くことになっても、水分は摂ったほうがいいと考えます。また、必ず布団かベッドで寝ること。ソファーやコタツで寝るのはNGです。不眠気味の方は、お茶・コーヒーなどのカフェインやアルコールを避けましょう」

 自分に合ったよい枕を使って、心地よい睡眠を得、朝を気持ちよく迎える。熟睡できることは健康の証でもある。確かに、枕で人生は変わるのかもしれない。

            (文=吉田恒夫)

 

 

(プロフィール)

あきさわ・かずみ●神奈川県横浜生まれ。カイロプラクターとして、夫の順一氏とアキサワ東京カイロプラクティックを運営。大学卒業後、企業に勤務するが幼少からの頭痛や腰痛などに悩まされる。夫の開業に合わせ、自身も経験を積み、枕調整や、触診の技術では夫を超えるほどに。現在では、都心や治療院で「枕セミナー」を開催する。

 

※欄外 アキサワ東京カイロプラクティック

公式HP=http://chopseitai.com/

 

自分に合った枕を正しくあてた姿勢

 

  • 仰向けの場合

あごがベッドに平行になるようにする。枕が低過ぎると下を向き、高過ぎると上向いてしまう。

  • 横向きの場合

顔の中央、鼻のラインがベッドに平行になるようにする。

 

作ってみよう!

簡単、自作オーダー枕

 

【用意するもの】

  • 平たい枕(綿や化学繊維のもので適度に固いもの。高さは5センチ程度)
  • 大きめのバスタオル3枚~5枚

※平たい枕がない場合は、バスタオルを重ねて代用してもOKです。これも高さを5センチほどに調整してください。

 

  • バスタオルを二回折って、四枚構造にする
  • 枕の上に折ったタオルを一枚から二枚置いて高さを調整する
  • やや高めに設定し、一枚ずつめくって低くする
  • ちょうどいい位置になったら、少し待つ。体がリラックスして無駄な力が抜けるので枕の高さはやや下がってくる。15分くらいで一枚から二枚分くらい下がる。

※枕が正しくフィットした「ちょうどいい状態」の確かめ方

 

・首の横を左右に走る胸鎖乳突筋がやわらかくなる(右は左手で、左は右手で、クロスして触ること)

・奥歯に力が入っていない状態

・あごが水平であること

・足首をぐるぐる動かすとスムーズに回る

 

「枕が合っていない状態」の場合は上記の逆のことが起きます。

 

 

2017年7月1日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

土日の予約枠増加について

こんにちは、秋澤順一です。

 

6月に入り、梅雨らしくない良い天気が続いておりましたが、ここ1週間ほどは梅雨らしく、雨とムシムシした湿度になってまいりました。

 

水不足になってしまっても困るので、ほどほどに雨も降ってくれるといいですね。

 

さて、ここ数ヶ月、おかげさまで土日の予約枠が毎回すべて埋まっている状況が続いております。

 

そのおかげで、「もっと早く来たかったんだけど予約が取れず来られなかった」という声も度々耳にするようになりました。

 

そこで、7月より土日の午後に2つの予約枠をもうけました。

今までは午前のみの予約となっておりましたが、今後は土日のみ午後も予約が可能となります。

 

お時間は14:00~と14:30~の2枠。お帰りはおよそ18:30~19:00となります。

 

ネットでも予約可能となりますので、どうぞご利用下さいませ。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

2017年6月24日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

ラジオ出演時の動画

こんにちは、秋澤順一です。

 

先月、副院長、秋澤かずみが出演した、FMラジオの動画がYouTubeにアップされました。

 

今どきのラジオは音だけでなく、動画もYoutubeで流してしまうんですね。Youtubeすごいな~

 

本人が出演していた部分のみを私の方で編集して、同じくYoutubeにアップしましたのでご覧くださいませ。

 

 

 

ラジオ出演しました!

こんにちは、秋澤順一です。

 

副院長!?嫁が先週、渋谷クロスFMのラジオ番組に出演しました。

 

番組のタイトルは「ザ・エミリーの世界につなげよう・JOIN US」という番組で、毎週火曜夜8時の放送。

 

嫁含めゲストの方4人とDJのエミリーさーんでトークをしたそうです。

 

 

ちなみに私はラジオを聞いていないのですが。何かちゃんと喋れるのか不安で、聞いてられなかったもので。。

 

結構小心者なんです。

 

後から嫁から聞いた話だと、「ちゃんと喋れたよ」「いっぱいしゃべった」との事でした。

 

立派‼

 

放送は生放送で、事前に打ち合わせをしてから本番に入ったそうです。

 

生放送とか良く出来るね、緊張しないのかな~

 

放送内容は2週間後にユーチューブにアップされるようですので、アップされましたらこちらにも掲載させていただきます。

 

ではでは。

 

2017年5月30日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

月刊誌 清流の取材を受けました

こんにちは秋澤順一です。

 

昨日、久しぶりに雑誌の取材を受けました。

 

開業して1、2年目の頃はよく雑誌やテレビの取材を受けていたのですが、店名をまともな店名に代えたからは雑誌やテレビの取材を受ける事がなくなっていたので、本当に嬉しいですね^^

 

取材に来て頂いたのは清流出版株式会社さん、社名と同じ清流という雑誌の取材でお越しになりました。

 

 

こちらは女性の生き方、心のあり方を考える中高年の主婦向け雑誌だそうです。

 

写真にある雑誌をいただいちゃいました。

 

取材の目的はというと、当院がお勧めいているバスタオル枕の作り方に関する取材でした。

 

取材の前半はバスタオル枕や睡眠、健康についての質問をいろいろ受け、お答えし。

 

後半はバスタオル枕の作り方を実際に記者の方に体験して頂きました。

 

バスタオル枕のセミナーは受けた方の反響がものすごいのですが、記者の方もだいぶ感動してくれたようです。

 

バスタオル枕のセミナーを受けると、目からウロコ的な事がいっぱいなんですよ^^

 

この取材の記事は6月だか、7月だか発売の月刊誌清流に掲載されるそうです。

 

正確な発売日が分かりましたら、またお伝えしますね。

 

ちなみにこの本は書店では取り扱っていないそうです。

 

購入するには清流社のホームページから買えます。

 

http://www.seiryupub.co.jp/

 

基本的には定期購読で買っている人が多い雑誌ですが、1冊だけでも買えるようなので当院が紹介されたら是非買ってみて下さい。

 

ではでは