腰椎ヘルニア

最近寒い日が続きますね~

水戸の偕楽園では梅の開花が遅れたそうで、もう少し春は先になるようです。今年は桜の開花も遅いのかな~

 

そういえば昨年の年末大変な事があったので今更ながら紹介します。

 

昨年の11月頃、妻が突然腰椎ヘルニアになりました。。

 

首がズレている事は分っていたのですが、チョップをする時間がなく、だらだらと日にちばかりが立っていき、気が付くと腰が痛くて動けない状態になってしまいました。

 

腰が痛いとか何の前ぶれもなく突然痛くなり、最初はギックリ腰かと思ったのですが、病院へ行って見ると腰椎ヘルニアと診断されてしまいました。

 

これが相当腰が痛いらしく、一人ではベットから起きられないし、家事も仕事もままならない状態で、要介護となってしまいました。

 

しかし、カイロプラクティックを経営しているのに腰椎ヘルニアになるとは何ともお恥ずかしいお話で。。

 

当然ながら腰を良くすべくチョップをしたわけです。

 

これがどうにもこうにもうまくいかなかった。

 

チョップをすれば、とりあえず体の歪みも取れてまっすぐなるんですが、翌日会社に行ったり、ちょっと駅まで買い物に行っただけで歪んで帰ってくるんです。

 

チョップもそう立て続けに何回もしてはいけないので、1週間ほどあけて次のチョップ、また1週間ほどあけて次のチョップと3回ほど行ったのですが、いずれも翌日すぐにズレてしまい、腰が良くなる気配は一向にありませんでした。

 

さすがにこれはおかしいと思い、原因は何か考えたところ、靴下を3枚履きしている事が原因ではないかと気が付きました。

 

早速く、4回目のチョップのあとからは靴下を1枚しか履かせないようにしたところ、首がズレることもなくなり、1ヶ月ほどで腰椎ヘルニアは完全に良くなり、飛んだり跳ねたり、後ろでんぐり返しを出来るぐらいになっていました。

 

とりあえず、年末年始を腰の痛みがないまま迎えられたので良かった良かった。

 

結局、チョップで改善しなかった原因は靴下の重ね履きだったようです。

 

この靴下の重ね履きは冷え取り健康法といって、寝る時でも夏でも靴下を3枚履くというものでした。

 

そういえば妻が靴下の重ね履きを始めたのはちょうど1年ほど前からで、1年ほど前から首が良くズレる状態が続いているなぁとは思っていました。

 

それまでは2年間も首がズレない状態が続いていたのに、去年は腰椎ヘルニアになるまで4回もチョップをしていました。

 

しかも、首がズレているのと、ズレていない中間の状態続いていて、あまり良くない状態が続いていて何でかな~と頭を悩ませていました。

 

当然、今までにはない病気や症状も出てきて、昨年の4月頃には顔にボツボツがいっぱい出てきたり、9月、10月は頭痛がする日が多くあったようです。

 

これもそれも全ては靴下の3枚履きで、足元が不安定になっていた為に首が安定しない為だったようです。

 

まったく、カイロプラクティックをやっていれば他の健康法なんて何もいらないのに、妻はいつも新しい健康法を試しては具合が悪くなって馬鹿だな~という結果になるんです(毒)。

 

困ったもんです。

 

そういえば以前、顔にあてるスチームの器械を買ってきてルンルン気分で使っていたら、お肌が綺麗になるどころか顔がボツボツになって泣いていた事もありました。。

 

首がズレてる人だったらそういった健康法もいいのでしょうが、首のズレがなく歪んでいない人には他の健康法は全く必要ありませんし、逆効果になってしまう事もありますので注意して下さい。

 

当院で施術をされた方は、靴下の重ね履きだけはしないように!!

 


 

桜咲く季節になりました。

 

チョップ整体院も今日でちょうど開業一年目。

 

関係者の皆様、来て頂ける患者様のおかげで何とか一周年を迎える事が出来ました、ありがとうございます。

 

この調子で、10周年、20周年、30周年と末長く整体院を続けていけたらいいなと思っております。

 

あれ、30周年って!?私はいくつになるんだろう?無理か??

 

今回は前回の妻の腰椎ヘルニアの続編です。

 

何とか妻の腰椎ヘルニアが良くなった所までは前回お話した通りです。

 

その後、整形外科に行ってレントゲンを撮ってきたのでレントゲンの画像を紹介します。

 

こちらが腰椎ヘルニアになったばかりの時に撮った11月末頃の画像です。

 

2012年11月
画像①

こちらが腰椎ヘルニアが改善して、今年の2月に撮影した画像です。

 

2013年2月
画像②

これらは体の正面から撮影した画像で、画像①では腰椎の4番、5番の間が狭くなっているのが分かると思います。

 

ちょっとレントゲンを見慣れた人ではないと解りずらいと思いますが。。

 

また、画像①では腰椎から胸椎にかけて段々左側に背骨が曲がって行くのが分かると思います。これは誰でも解りますよね。

 

それが腰椎ヘルニアが良くなった後の画像②を見ると、腰椎の4番、5番の間が広くなって、左に曲がっていた背骨が真っ直ぐになった事が解かると思います。

 

整形外科のお医者さんからも腰椎の4番、5番の間が広くなったとお墨付きを頂いたそうです。

 

腰椎ヘルニアになった時は腰から上が左の方にものすごく傾いてしまって、とんでもない格好をしていたのですが(写真を撮っておけばよかった)チョップの後はその傾きもすぐに良くなって、まっすぐ立てるようになっていました。

 

妻が腰痛ヘルニアになってもただでは起きない、職人魂といったところでしょうか!?こんな画像が撮影できて大ラッキーでした!!

 

コメントを残す