院長の病気3

チョップを受けて、1週間。

 

頭痛はなくなったのですが、首の痛みがとまらず、会社を休職する事になりました。

 

もう、この頃には15分も起きていると首が痛く耐えられない状態だったので、1日のほとんどをベットで過ごしていました。

 

起き上がるのは食事を取るときぐらいだったなぁ。

 

そして、相変わらず、痛み止め、睡眠薬、酒を飲む生活をしていました。

 

痛み止めは毎日飲んでいたが、ほとんど効かない状態になっていました。

 

本などを読むと痛み止めは体を冷やすと書いてあり、確かに足が冷え切っていました。

 

今まで冷え性なんて感じた事がなかったのに、夏でも足が冷たいし、温泉に入っても足が温まった感覚がなかったり、冷え性のつらさを体感しました。

 

薬は良くないし、どうせ痛み止めを飲んでも効かないんだったらもう薬を止めよう、会社を休職しているんだから痛かったら寝てればいいかなと思い、まずは痛み止めの薬を飲む事をやめました。

 

すると、2、3週間ほどで、首が少し楽になってきた!

 

試しに、一ヶ月ぶりぐらいに久々に痛み止めを飲んでみると、首の痛みを感じなくなり、頭がフラフラする感覚になりました。

 

そして、そのまま車を運転すると、車を壁にぶつけるはめに><

 

今までだったら痛み止めぐらいで、フラフラする事なんてなかったんですけどね。

 

やっぱり、痛み止めの飲み過ぎで体が麻痺していたんでしょうね。

 

だから痛み止めを飲んでも効かないし、注射をうっても効かないし。

 

薬って本当に怖いですね~

 

一ヶ月ぐらい薬を止めれば、体から薬が抜けるという事なんでしょうね。

 

頚椎ヘルニアで会社を休職して1ヶ月ほど経った頃、ふと気が付いた。

 

歩いている時の左右の足の運び方が違うことに。

 

そういえば師匠は患者の歩いている足音を聞いただけで、首がズレているかズレていないか解るといっていたのに、首のズレがなくなったのに自分の歩き方がおかしいな?と思った。

 

手に荷物をもっているからかな?

 

と思い手ぶらで歩いてみた。

 

でもやっぱり左右の足の出し方がおかしい。

 

おしりのポッケに入れた財布かな?

 

と思い財布をお尻のポケットから出して歩いてみると、おおっ、左右の足の出し方が一緒になった!!

 

この日からお財布はお尻のポッケではなく、ズボンの前のポッケに入れる事となったのです。

 

お尻のポッケだと布に余裕が無いのでズボンがきつく引っ張られるが、前のポッケだと布に余裕があるのでズボンが引っ張られる事がないみたいです。

 

ズボンがきつくなり、圧迫が出来ると、神経の通りを妨害して、足の動きがおかしくなるようです。

 

そういえば妻が腰ではくきついジーンズをはいていたら、師匠に怒られていたな、圧迫が出来るから良くないって。

そして、財布をお尻のポケットに入れるのをやめて4、5日ほど経った頃、今度は骨盤の右側に激しい痛みが出てきた。

 

専門用語で言うと、仙腸関節と股関節の辺りがめちゃめちゃ痛い。

 

そうか、チョップを受けて、首以外の腰や肩などの痛みはなくなったけど、お尻の右のポッケに財布を入れた状態でいつも座っていたので、体がお尻に財布の厚さを足した分が正しい位置だと思って、骨盤がずれていたのね。

 

それが、財布を入れるのを止めた事で、骨盤が正しい位置に戻ろうとして動き出し痛みが出てきてしまったみたい。

 

チョップで首のズレを正すと、寝ている間に体の骨や筋肉が正しい位置に動こうとして悪い部分に痛みが出る。

 

確かに私も、起きている時はそれほど骨盤の痛みを感じなかったが、寝ていると朝方骨盤に激しい痛みを感じて目が覚めてしまった。

 

不眠症なのに早朝に痛みで起きるのはつらかった><

 

そんな骨盤の痛みも、1、2ヶ月ほどするといつの間にか無くなっていたのであった。

 

骨盤が正しい位置に戻ったということね!

 

教訓、お財布をお尻のポッケに入れるのはやめよう!

 

そのまま座っていると骨盤がズレてしまうよ!!

 

お財布はズボンの前のポッケにいれよう。

 

そういえば財布を持ち歩くようになった高校生ぐらいから10数年、ずーーと右のお尻のポッケに財布を入れていたな~

 

頸椎ヘルニアで、チョップを受けてから6ヶ月程経過しが、首の痛みが少なくなったとはいえ、まだまだ痛みを感じる日々が続いた。

 

師匠にチェックしてもらっても首のズレはないようなので、まだまだ時間がかかるのかな~と思っていた。

 

そういえば、チョップで不眠症も改善するんだろうに一向に良くならないな~とも思っていた。

 

しかし、仕事が忙しくなってきたせいか、首の痛みがだんだん大きくなっていた。

 

痛み止めを飲んでも効かないし、参ったな~と思っていると、睡眠薬を飲むと痛みが消え、首もグラングランに柔らかくなる事を発見した!

 

その日から、会社のお昼休みに睡眠薬を飲んで痛みを取る生活が始まった。

 

もともと、極度の不眠症なので睡眠薬を1錠飲んだぐらいでは眠くならなかったので普通に仕事も出来ていた。

 

そんな生活を2週間ほど続けたが、睡眠薬が切れた時の痛みがだんだん日増しに大きくなっていった。

 

いよいよ無理かな、もう一回仕事を休職しなければいけないかな~と思うほどの限界が来た。

 

師匠に見てもらっても首はズレていないし、チョップを受けてからもう半年も経っているし、痛みの原因が他に何かあるはずと考えた。

 

当然、真っ先に睡眠薬が原因だと思った。

 

カイロプラクティックの本にも薬はダメだって書かれてあるし。

 

しかし、師匠に薬はダメだよねと聞いても「自分の体が欲しがっていたら飲めばいいんじゃない、いやがっていたら止めればいいんじゃない」と薬を止めろとは言ってくれなかった。

 

まぁ、医者と薬剤師にしか薬を止めろという権利はないですからね、カイロプラクターなど代替え医療従事者には薬を止めろとは言えないですよね。。

 

自分の体は睡眠薬を欲しがっていた、だから睡眠薬を止めなかった。

 

でも、もう首の痛みは限界で、痛みの原因は睡眠薬しかないと確信した。

 

そして、睡眠薬をピッタと止めた。

 

すると、やっぱり、初日は睡眠薬無しでは1時間しか寝る事が出来なかった。

 

そして、2日目、3日目、段々寝る時間が増えてきて3時間ぐらい寝られるようになった。

 

そして、4日目、5日目、さらに寝られる時間が増えて行き、5時間ぐらい寝られるようになっていった。

 

そしてついに7日目、睡眠薬無しで8時間寝られるようになっていた!

 

ヤフォーーついに不眠症を完全克服、つらいつらい不眠症が良くなった瞬間だった。

 

結局、不眠症の原因は不眠症の薬という事だったのね。。

 

うつ病の原因がうつ病の薬だったのと一緒か。。。

 

そして、首の方はというと、この日から徐々に徐々に楽になっていき、1ヶ月ぐらいで仕事に差し支えのないぐらいの痛さになっていた。

 

そして、半年ぐらいで、あと少し痛いかな~ぐらいの状態になり、1年ぐらいで痛みはほとんどなくなった。

 

結局、首が良くならなかった原因は睡眠薬だったみたい。

 

カイロプラクティックでは毎日寝るたびに脳から神経が流れ、体の疲労を取り、悪い部分を修正していく事で体が修復して行きます。

 

しかし、睡眠薬は脳に働き、脳から出る神経を切断してしまう為に、夜寝ても体の修正が行われず、首が良くならなかったと解釈しています。

 

コメントを残す