カフェイン・アルコール抜き実験2

いぇいいー、わーいいい、おおーー、今月でチョップ整体院も4周年目を迎える事が出来ました。

 

これもひとえに皆様方のおかげです、ありがとうございました。パチパチパチ

 

昨年夏のテレビ出演の影響で、一時は予約9ヶ月待ちとなっておりましたが、現在は5ヶ月待ちまで減り、今年中には正常な状態に戻りそうです。

 

近いうちに、院を大きくして、一日の施術人数を増やす計画もあります、もうちょっと予約の取りやすい状況を作っていきますのでもうしばらくお待ち下さい。

 

今回もカフェイン、アルコール抜き大実験の続きです。

 

まず、カフェインやアルコールの摂取をやめても、体からカフェインやアルコールが抜けるのには時間がかかってしまいます。

 

私の経験から、体からカフェインやアルコールの毒素が抜けるまでには約2週間ほどかかると思っています。

 

しかし、これらの毒素をすぐに抜く方法を発見しました!

 

それは岩盤浴です!!

 

今まで岩盤浴は冷え切った体を芯から温める為に利用するものだと思っていました。

 

しかし、岩盤浴の前日からアルコールとカフェインを抜いて、岩盤浴に行ってみると、岩盤浴の翌日、または翌々日に首がだいぶ柔らかくなって、体がスッキリした感覚を味わえます。

 

そうです、体から毒素が抜けたーーという感覚になります。

 

例えば、私は昔から赤ら顔で、常に顔が赤い状態でした。集合写真などを見ると、一人だけ顔が赤いので恥ずかしいな~という気持ちもありました。

 

それが、カフェインとアルコールを抜いて岩盤浴へ行くと、あれまた不思議、顔の赤いのが引いているではありませんか。

 

そうなんです、顔が赤いのはカフェインとアルコールが原因だったんです。

 

カフェインとアルコールには筋肉を固くする作用があります。

 

これはお医者さんが読む生理学の本にも書かれているので確かな事です。

 

私の場合はそのカフェインとアルコールが首の筋肉を固くしているので、常に首を絞められているような状態になり、顔が赤くなっていたようです。

 

それが、岩盤浴をしてアルコールとカフェインが抜けると、首が柔らかくなり、首を絞めつけれれている状態がなくなり、顔の赤みが引くようになりました。

 

いや~うれしい!顔の赤いのは生まれつきで、これを病気と思ったこともなかったですし、まさか良くなるるとも思っていませんでした。

 

今まで、顔が赤い病気、「酒さ」が良くなったという患者さんはいましたが、私は酒さほどではないので、顔が赤いのはこおいいうもんだと思っていました。

 

それが良くなるなんて、感激!!

 

首はだいぶ柔らかくなりましたが、もっともっと柔らかい状態になるはず、あとはノンアルコール、ノンカフェイン生活を2週間続けるだけです。

 

よーし、がんばろー!

 

さて、岩盤浴へ行って、カフェインとアルコールが抜けたところで、あとは2週間カフェインとアルコールを飲まないようにがんばるだけとなりました。

 

しかし、これがほんとーーーに難しかった。

 

岩盤浴へ行った2日後、嫁と二人でやぼ用で、原宿へ行きました。嫁が前々から行きたいといっていたクッキーやさんがあったので、クキーを買おうとお店の中をのぞいてみると、チョコチップが入っているクッキーが沢山並んでいるはあ~りませんか。

 

チョコレートにもカフェインが入っていることはインターネットで調査済みだったので、クッキーを買うのはやめたら~などともじもじしていると、店員さんが試食用に親指の爪ぐらいの大きさにわったチョコチップ入りの小さなクッキーを勧めてくれました。

 

何となくタイミング的にも断りずらく、小っちゃいチョコチップがさらに砕けて、小っちゃくなっているので、少しぐらい食べても大丈夫!と思い試食をしてみると。

 

1分もたたないうちに、あれ?だんだん首が固くなってきたけど。

 

あれ??顔もだんだん赤くなってきたけど。あれれ???古傷の足首が痛くなってきたけどーーー!

 

とチョコをほんの少し食べただけで、体のあちこちが痛くなるやら、何やらで、ほんとビックリ。せっかく岩盤浴へ入ってカフェインとアルコールを抜いてきたのに、ほんの一瞬で全て無駄になってしまったのでした。。

 

しかたなく数日後、再度岩盤浴へ行く事となるのでした。

 

気を取り直して、カフェイン・アルコール抜きを今度こそ2週間続けるぞーー!と意気込んで臨んだ2日後。

 

今度はお昼を食べようと、吉祥寺の食事処に嫁と行ったのでした。お店に入って席へ案内されると、しばらくして店員さんが、お冷とおしぼりを持ってくれました。

 

このお冷、茶色い色をしています、私の頭の中では、冷たいお茶は麦茶だろうと思いこみがありました。

 

ほうじ茶だったら、温かいものをだすのではないか、季節はまだ2月の寒い頃、冷たいほうじ茶を出すところなんてないはず!

 

一か八かそのお茶を飲んでみる事にしました。そして一口飲んでみると、この苦味、この味、ぎえぇぇーほうじ茶じゃじゃないかーー

 

それを聞いた嫁はちょうど口にお茶を含んだところだったが、べぇーーとコップにはきだしているし。

 

あなたやる事が大胆ね。。

 

そして、1分ぐらいすると、あれ?だんだん首が固くなってきたけど。あれ??顔もだんだん赤くなってきたけど。あれれ???古傷の足首が痛くなってきたけどーーー!

 

と結局カフェインを取ってしまい、いつもの症状が出てくるのでした。嫁はお茶を飲まずに口の中に入れただけでしたが、私と同じく首が固くなり、顔が赤くなり、嫁の場合は腰も痛くなるのでした。

 

カフェインは飲まなくてもほんの少し舌に触っただけで体に影響を及ぼすようです。

 

そういえばテレビで、ニッカウイスキーのブレンダ―の方がアルコールは舌に触っただけで酔っぱらってしまうので、香りだけを嗅いでウイスキーを調合しているといっていました。

 

液体は舌に触っただけで、体に取り入れてしまうんですね。気体や個体はどうなんでしょうね?

 

ということで、2回目の2週間カフェイン・アルコールを抜こう大実験も失敗となってしまったのでした。

 

つづく

 

コメントを残す