春は不眠症の季節

東京は明日から雨が続くそうでいよいよ梅雨が始まりますね。

 

5月も半分以上雨だったような気がするのでとっくに梅雨に入っているものだとばかり思っていました。

 

でも明日からがジメジメとした本格的な梅雨入りのようです。

 

この季節体調を崩している人が多いのではないでしょうか?

 

暑かったり寒かったり、雨が降って気圧の変化も激しいので体調を崩して持病が再発したなんて方も多いのかと思います。

 

また、春になってからよく眠れない。不眠症になってしまったなんていう方も多いのではないでしょうか。

 

春は不眠症を発症する季節

 

冬が終わり春になり、日照時間が長くなります。日の出の時間が早くなると、自然と目の覚める時間も早くなったり、寝る時間が遅くなったりしてしまいます。

 

あとは、寝苦しさのせいもありますけどね。エアコンをつけて寝ると寒すぎて起きてしまうし、エアコンをつけて寝ないと暑くて寝苦しいし。

 

だから、冬に比べて夏は睡眠時間が1時間ぐらい少なくなってしまうのが当たり前のようです。

 

当整体でも最近、眠れなくなったとか調子が悪くなったという方がチラホラお越しになります。

 

これも春になって日照時間が長くなってきてから、自立神経のバランスが崩れ体がうまく対応出来なくなったせいなんですよね。

 

このまま不眠をほおっておくと、睡眠薬に手を出さなければいけなくなる。一度睡眠薬に手を出したら、今度は睡眠薬が手放せなくなってしまう。

 

だから、最近調子が悪いな~とか眠れないな~という方は最悪の状態になる前に早めに当整体にお越しくださいませ。

 

あと、夏場の睡眠はエアコンをつけっぱなしで寝ましょうね。

 

エアコンを寝る前だけつけるとか、タイマーにして途中で切れるようにするというのもダメです。エアコンが切れたとたん暑くて寝苦しくなり睡眠の質が落ちてしまいます。

 

WHOなんかも寝ている間はエアコンをつけっぱなしにして寝ることを推奨していますので、エアコンを朝までつけて寝ましょう。

 

エアコンをつけっぱなしで寝ると、逆に寒さで起きてしまうという方もいるかのしれませんが、その場合は厚手の毛布や布団をかければ大丈夫です。私は夏でも羽毛布団をかけて寝てますよ。

 

そういえば、今年の夏は暑くなるような予報が出ていたので、体調管理も大変でしょうね。

 

私は夏が大好きなんですよね。しかも、暑ければ暑いほどいいです。冷夏なんて絶対いやだ。だから、今年は暑い夏になるようで今から本当に楽しみです。

 

ではでは。