頚椎ヘルニアから来る頭痛が止まらない

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

FC2からアメブロに院長ブログを引っ越してきて2ヶ月弱。そういえば、アメブロ時代から読者になられた方は私の事をよく知らないよね!?古い記事なんかよまないでしょ!?と思い。

 

ちょっと自己紹介がてら私や妻のいままでの病気やカイロプラクティックの事についてしばらくの間書いて行こうかと思います。

 

私は大学を出てから会社に勤めていました。

 

そして、30歳の時結婚し、35歳の時首の頸椎ヘルニアになってしまったのです。

 

首は数年前から痛かったのですが、35歳の時にはもう、首は動かないし、痛いし。ひどい時は首から頭が痛くなり、吐いてしまう状態。

 

毎日痛み止めを朝と夜飲んで過ごしていました。

 

そんなある日、朝起きると頭がどうにもならないくらい痛い!

 

普段だったら痛み止めを飲めば治るのに、その日は痛み止めを飲んでも治らない、2つ目、3つ目と飲んでも全く痛みが引いて行かない。

 

朝から昼過ぎまでベッドで苦しんでいました。

 

そして、このままではラチがあかないと思い、病院へ行ったのです。

 

病院では首に痛み止めの注射を打ってくれました。これによってだいぶ頭痛は取れましたが完全に痛みが無くなる事はありませんでした。

 

この当時私はひどい不眠症でもありました。

 

薬がなかったら1時間も寝れないぐらい。

 

だから夜は痛み止めを飲み、そのあと夕飯を食べお酒も飲む。そして寝る時に睡眠薬を飲んでから寝酒を飲む。という生活をしていました。

 

睡眠薬だけでは眠れないので、お酒も一緒に飲んでいたんですよ。今思うとひどい事をしていたな~と思います。

 

そして、痛み止めを毎日飲んでいたので、痛み止めに対する抵抗が出来てしまい、頭痛になっても痛み止めが効かない体になってしまったんでしょうね。

 

もちろん、睡眠薬も毎日飲んでいたので睡眠薬も効かない体になっていたのでした。

 

そして、病院の注射で少しは良くなった頭痛も翌日にはまた痛みがぶり返しどうにもならない状態となったのでした。。

 

長くなってきたので次回へ続きます。

およよ


 

こんにちは、カイロプラクターの秋澤です。

 

前回の続きで私の頸椎ヘルニアのお話です。

 

私は頸椎ヘルニアから来る頭痛で、どうにもこうにもならなくなっていました。

 

病院の注射で少しは痛みがおさまったもの、翌日からまた頭痛がひどくなり、痛み止めを飲んでもほとんど効かない状態。

 

仕方なく病院へ行くのですが、この時はちょうど九月のシルバーウィークの時期。しかも、このシルバーウィークの後半は仙台旅行を計画していたのでした。

 

シルバーウィークの初日、近くの当番医院へ行き、首に痛み止めの注射をうってもらいました。

 

これで、少しは楽になったので、仙台旅行を決行する事になったのです。

 

しかし、これが失敗でした。旅行中は常に首痛みと頭痛があり、どうにもならない感じ。2泊3日の旅行で、毎日仙台市内の当番病院を探しては、注射をうってもらっていたのです。

 

しかも、祝日で他の病院が営業していないので、待ち時間が3時間ぐらいかかっていたかな。

 

ばかだなぁ~

 

しかし、病院で痛み止めの注射を受けるのですが、その注射もだんだん効かなくなっていくのです。。

 

次の日もまた違う病院へ行き、注射を打ってもらう。それでも全然痛みは引いて行かない。

 

もう一生このままかと思いました。

 

そして、頭痛がおさまらない状態で一週間がたった頃。妻が昔噂で聞いたことがあるカイロプラクティック院へ行くのでした。

 

そこは首を1回だけ押して、あとは8時間寝るという施術をするカイロプラクティック院でした。

 

何だか聞いたことない施術だけど、もうわらをもすがる気持ち。

 

ところが、そこで治療を受けると首を1回押しただけで、頭痛がすーーとなくなったのです。

 

一週間続いて、医者も何もできなかった頭痛がたった1回でなくなるなんて。

 

私は救われました。

 

この時どれほど安心した事か、このまま一生頭痛が続くの方思い不安だった心が、ここで治ると確信出来たのでした。

 

頭痛はこの時すぐに治ったのですが、頸椎ヘルニアの首の痛さが引くのには時間がかかりました。

 

この日から1ヶ月半ぐらい会社を休職し、安静にしていたら首の痛みも人並の痛みにおさまり。会社へ復帰する事が出来たのです。

 

施術を1回してもらっただけで、頸椎ヘルニアもなおりました。

 

本当にありがたいし、助かったし、感謝感謝です。

 

 

そんな私を治してくれたカイロプラクティックの先生が、もう高齢なのに後継者がいないという事がわかり。

 

先生がいなくなったら私達はどうなってしまうの?ということで妻と私とでカイロプラクティックを教えてっもらうことになったのです。

およよ

コメントを残す