赤ちゃんとカイロプラクティック

こんにちは、秋澤順一です。

 

出産の為、2ヶ月程お休みを頂きありがとうございました。

 

その間、ご不便をおかけした方も多々いらっしゃったかと思います。ご協力いただき本当にありがとうございました。

 

整体院の方は今月から無事に営業を再開する事が出来ました。とりあえず、営業を再開できたことに安心し、感謝をしております。

 

子供の方はというと、おかげ様で、5月のGW明けすぐに元気な女の子が生まれました。

 

 

カイロプラクティックで体を整えている健康な夫婦の子供というだけあって、とっても元気な子供です。

 

今の所、成長も早いようで、2ヶ月経たないうちに首も座った感じ。普通は首が座るのは3、4ヶ月くらいらしいので結構早いんじゃないかな。

 

大人がベロを出すと、子供もまねをして、ベロを出してくれます。頭の良さも相当早いんじゃない!?

 

さすが、カイロプラクターの娘!と親ばかぶりを発揮しておりますが。

 

そして、生まれて間もないのですが、早速今月から保育園に預けています。

 

大声で泣く子なので、整体院でおんぶしながら仕事をするなんて不可能な子です。

 

だから保育園が決まって本当によかった。

 

去年までは、国分寺市の待機児童が90人ぐらいいたので、保育園はあきらめていました。

 

それが、今年の4月になって、新たな保育園が出来たり。

 

今年10月から実施予定の教育無償化の影響で、認証保育から認可保育に移る子供がいたりで、運よく認証保育園に0歳時の空きが出たみたい。

 

でも、認証保育も無償化になるんじゃないかな!?まだはっきりしていないようですが。

 

ただし、保育園に行くと、かぜや病気をもらってくるんじゃないかと心配しています。

 

健康診断に行った時、病院の先生からは「1週間のうち3日は熱を出していると思いなさい。」と脅され、ちょっと不安になりましたが。

 

でも知り合いから聞いた話だと、「0歳児はかぜ引かないよ」とか。

 

母乳を飲んでいるうちは免疫が強いので風邪をひかないとか。予防接種を受けるまでは風邪をひかないが、受けてからは抵抗が弱くなって風邪をひくとか。

 

色々な情報を頂いております。

 

何が本当で、どうなるのでしょうか!?

 

カイロプラクターの娘だけあって、風邪も病気もしないという、無敵ちゃんになってもらいたいものです。

 

生まれた時から首のズレがない状態で育ったら、どのような健康的な人間になるのか、どのような体力を持つ人間になるのか、これから楽しみではあります。

 

そして、せっかくなのでここからはカイロプラクティックと赤ちゃんについてのお話です。

 

 

カイロプラクティックでは首のズレ、特に第一頚椎のズレが全ての病の原因ととらえられています。

 

流派によって様々でしょうが、本来のカイロプラクティックでは首のズレが病の原因なんです。

 

首の第一頚椎がズレると、そこを通っている神経が圧迫され、神経の流が悪くなります。すると、神経を伝わる脳の命令が器官や臓器に届かなくなり不調を起こして病となるわけです。

 

では、この首のズレはどのような事をした時に起こるのでしょうか?

 

例えば、首や体に強い衝撃を受けた時になります。転んでしまったとか、交通事故にあったとか、ラグビーをやっていたとか。

 

他に軽い衝撃でも歪んでしまうことがあります。首のマッサージを受けたとか、ヨガで首に負担の掛かる無理な姿勢をとってしまったとか。

 

あとは、寝違えとかですかね。合わない枕で寝てしまったとか、ソファーの上で寝てしまったとか。

 

他にも様々な事がきっかけで首はズレてしまい、首がズレると体が歪んできてしまい、そして、その人の弱い部分に病が出るのです。

 

そして、赤ちゃんも生まれてくる時に首がズレてしまう事があるそうです。

 

私も赤ちゃんを何人も見たことがないので、本当なのかな?という疑問もあるのですが。カイロプラクティックを世に広めたBJパーマーによると、赤やんが産道を通って生まれてくる時に、首がズレてしまう事があるんだそうです。

確かに、あの狭い産道を通って、頭を引っ張られもしたら首もおかしくなりますよね。

だから、もしかしたら生まれた時から病のあるという赤ちゃんは、首のズレが原因で生まれた時からおかしいのかもしれませんね。

 

もちろん遺伝子に異常があった場合は首のズレうんぬんではないですが。

 

生まれつき耳が聞こえないという赤ちゃんなんかはどうなんでしょうね?

 

首のズレが原因で耳が聞こえない子も結構いるのではないでしょうか。もちろん、遺伝的なものが原因の子もいるでしょうが。

 

こりばっかりは、施術をしてみないと解らないですね。

 

今回は、赤ちゃんは生まれた時に首がズレてしい、それが原因で病になっている子もいるというお話でした。

 

ではでは。

 

 

 

 

2019年7月7日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : akisawa11

内臓、頭部などの改善事例

千葉県からお越しの50代、主婦の方です。

 

当院へ初めて来られたのは3年ほど前。それから、1年に1回ぐらいのペースで来て頂いています。

 

最初は、色々な病気と症状で大変でした。IgA腎症、うつ病、不眠症、頭痛、便秘、自律神経失調症、突発性難聴、手のしびれ、冷え性など。

 

これだけあると生きているだけでも辛いですよね。。

 

それが、施術を2回ほど受けてから、全てが改善したそうです。

 

IgA腎症は、症状として体のだるさがあるのですが、それがなくなり、腎臓の数値も良くなったとの事。

 

しかし、今年の4月頃交通事故に合ってしまい、調子が悪くなったそうです。腎臓の数値も悪くなってしまったと。。

 

それが、先月久しぶりにお越しになり、施術を受けてからはだいぶ調子が良くなったそうです。IgA腎症による体のだるさもなくなったので、腎臓の数値が良くなっていると思うとのことでした。

 

今回は交通事故で大きく歪んでしまっていたので、2回ほど続けて来て頂きましたが、今回でまた当分歪まないで調子のよい状態が続くと思います。

 


 

次は神奈川県からお越しの40代の女性です。

 

首のこりと痛みで、そこから頭痛や肩こりになる事でお悩みでした。他に喘息も。

 

2週間ほど前に初めてお越しになり、1回目の施術を受けられました。

 

すると。首の痛みやこりはすっかりなくなり、頭痛も肩こりもなくなったそうです。

 

喘息も良くなり、施術の後から吸引機を1回も使っていないとの事。

 

いや~良かったですね~

 

前回、体の歪みが大きすぎたので、念の為に今回2回目の施術にお越しになりました。

 

例え症状がなくても、体が歪んでいたら早めに施術を受けた方がいいのですよ。悪くなる前に体の歪みを取っておく事が重要!

 


 

次は府中市からお越しの30代の女性です。

 

初めて来て頂いたのは5年ほど前。それから1年に1度ぐらいのペースで来て頂いてます。

 

最初に来た時はパニック症でお悩みでお越しになりました。

 

8年ほど前に発症したパニック症で、一人での外出は不可。外に出ると発作の恐怖があり外出できず、いつ発作が来るのかと怯えながら生活をしていました。

そして、5年前に初めて当院の施術を受け1回でパニック症が良くなりました。それ以来発作は一度もでていないそうで。

 

その後、カカトのしびれ、顎の痛み、舌の違和感、喉のつまりなど、1年に1回ほど体の不調が起こるようで、その度に当院へお越しになり、1回で改善しております。

 

毎年、いろいろな不調に掛かるんですよね。普通はパニック症ならパニック症と同じ不調が現れると思うのですが。

 

今回は、骨盤を痛めたということでお越しになりました。

 

骨盤の痛みは3週間ほど前に1度来て頂いていて、一旦は改善したようですが、卓球をしたら再発してしまったそうです。

 

もう卓球をやめて、骨盤の治療に専念するそうです。でしたら、骨盤もすぐに良くなるでしょう。

 


 

次は東京都内からお越しの20代の男性です。

 

5年ほど前から、ストレスから来る吐き気にお悩みだそうです。

 

何でも、慣れない場所や知らない人と長時間ると、吐き気がして気持ち悪くなってしまうそう。

 

とくに、仕事で会社の別の工場に出張したりすると、吐き気がして気持ち悪くなってしまうんだとか。

 

まあ、多少は誰でもそのようなことはあるかもしれませんよね。でも、彼の場合はかなり重症なよう。

 

うつ病とか、パニック症とかと同じ精神的な病なんでしょうね。このような患者さんは初めてみました。

 

他にも、肩こり、首こり、背中痛などがありました。

 

1回目、2回目ぐらいの施術で、肩こり、首こり、背中痛などは良くなったそうです。そして、3回目の施術後からはストレスから来る吐き気もなくなったそう。

 

ということで、ストレスにも強くなり会社でも元気に働けるようになりました。

 


 

次は神奈川県からお越しの50代の女性です。

首から肩甲骨にかけてのコリでお悩みで半年ほど前に初めてお越しになりました。他にも腰痛や花粉症、冷え性なども。

 

その後、2週間に1回ぐらいのペースで3回ほど来て頂いてからは、首こり、肩こり、背中痛、腰痛、はすっかり良くなったそうです。

 

そして、今回5カ月ぶりにお越しになりました。

 

長い間調子が良かったそうで、春になって花粉症はどうなったのか聞くと。

 

花粉症もかなり改善したとの事。例年だったら薬を飲まないと鼻がグシャグシャになってしまうようですが、今年は薬を飲まなくても鼻は平気だそうです。

 

しいていえば、多少、目がかゆいぐらいとの事。まぁ今年は花粉が多かったみたいですからね。

 

花粉症も改善して本当によかったです。結構みなさん。花粉症が改善される方は多いですよ。

 


 

次は都内からお越しの20代の女性。

 

便秘でお悩みで、3年ほど前に1度お越しになりました。

 

3年前の施術の後、1週間ほど時間をかけて徐々に便秘は解消し、全く問題なくなったそうです。

 

いや~よかった。実は1回だけしか来てくれない方って結構多いのですが、治ってしまって来てくれないのか、治らないからこんな所もう行かないと思って、来てくれないのか分からないんですよね。

 

3年越しに、治ったから来てくれなかったというのが判明し、本当にうれしいです。

 

便秘以外にも、首こりと肩こり、O脚がありましたが、多分改善したんだと思います。ちゃんと聞くのを忘れました。。

 

ということで、今回は便秘がまた戻ってしまい、首こり、肩こりも出てきたそうです。また、1回でよくなって、1年、2年持つといいですね。

 


 

次は東京都内からお越しの50代の男性。

 

当院に初めてお越しになったのは、4年ほど前。中学の時に頭をぶつけて、それからず――――と、頭がボートした感じがあり、常に疲れているということでした。

 

他にも、頭痛、首こり、肩こり、背中痛などもありました。

 

1回目ので施術で、頭がボーとした感じ、頭痛、首こり、肩こり、背中痛などはすっかりよくなり、今でも調子はよいそうそうです。

 

それからは、1年に1回ぐらいのペースでお越し頂いています。

 

今回お見えになったのは、血圧が高いのが気になるという事でした。

 

数値は上が170、下が120ぐらいだそう。

 

これはちょっと高いですね。

 

そして、前回1回目の施術をすると。一番いい時で上が144、下が100までに下がったとのこと。

 

これならいいんじゃないかな。

 


 

次は茨城県からお越しの20代の男性です。

 

 

1年ほど前に交通事故にあったそうです。それから、体の不調が始まりました。

 

ムチ打ちによる首の痛みと、毎朝、朝になると嘔吐しまうようになったそうです。そして、吐き気で夜もまともに眠れない。

 

首の痛みは、都内にある当院と同じように首を1回調整するだけのカイロプラクティック院に何度か通ってよくなったそう。

 

しかし、毎朝起きる嘔吐だけは改善しませんでした。

 

そこで、インターネットで検索し、当院を知り、お越し下さいました。

 

1回目の施術で、1年間毎日続いていた朝の嘔吐は3日ほどなくなったそうです。しかし、4日目から戻ってしまったみたい。

 

4日目に体が歪んでしまったんですね。

 

そして、1週間後に2回目の施術。

 

その後は、9日間んで、2回ほど嘔吐してしまったそうですが、あとは吐かなかったそうです。

 

まずますよかったですね。

 

本当は1回もはかないでもらいたかったのですが、もうちょっと時間がかかりますかね。

 

枕の調整の仕方もいまひとつ解らないながらも、毎日調整してくれているみたい。毎日調整していれば、そのうち解るようになるでしょう。

 

そしたら、体も歪まず長持ちします。そしたら、嘔吐もしなくなるでしょう。

 

そして、今回3回目の施術。

 

これで、完全に良くなってくれるといいのですが。

 

彼は今、大学を卒業するそうで、4月から社会人になるんだそうです。

 

いや~よかった。働くようになっても朝、毎日嘔吐していたら、本当に大変だと思います。学生だったから何とかなったんでしょうが。

 

そうそう、不眠はよくなったのかな?聞くのを忘れてしまった。吐き気もなくなったから眠れるようになったんだと思います。

 


 

次は神奈川県からお越しの30代の主婦の方。

耳鳴り、めまい、歯の食いしばり(歯ぎしり)でお悩みでお越しになりました。他にも、首こり、肩こり、頭痛、腰痛、のどの違和感なども。

 

前回、2週間ほど前に来て頂いて、体がとっても楽になったそうです。めまい、歯の食いしばり、頭痛はなくなり。耳鳴りは少し改善、首こり、肩こり、腰痛も楽になったがまだ少し残っているぐらいだそうです。

 

体の歪みも今回はそれほど大きくなかったので、今回の施術で全て解消してくれるといいですね。

 


 

次は東京都練馬区からお越しの20代の女性です。

 

 

1年ほど前に何回か来て頂いたのですが、そのあと来なくなったな~と思っていたら、久しぶりにご来院いただきました。

 

頭痛、眼底痛、のどの違和感、飛蚊症を改善したくて1年ほど前に初めてお越しいただきました。

 

それから1回の施術で、頭痛とのどの違和感はなくなり。

 

3回目の施術で眼底痛もなくなったそうです。

 

その後、飛蚊症だけはまだ少しあるとのこと。

 

飛蚊症は結構時間がかかるんですよね~

 

妻も昔は飛蚊症でしたが、治るまで1年ぐらいかかったのかな。

 

体が歪んでいない状態をずーーと続けていると、半年とか1年ぐらいで飛蚊症も良くなると思います。

 


 

次は埼玉県からお越しになった40代の男性です。

 

主訴は20年来続くせき。

喘息ではないそうなのですが、毎日原因不明のせきが出て苦しんでいたそうです。

他には腰痛などもありました。

それが、先月1回目の施術を受けた後、風邪を引いてしまいせきは出ていたそうですが、風邪が治ると同時にせきも無くなったそうです。

さらに腰痛も無くなったとの事。

20年も続いたせきが止まって本当に良かったですね。

 


 

次は40代女性、当院の副院長、かずみさんです。

 

 

当院のカイロプラクティックで体が歪んだらすぐに施術をし、かれこれ8年ぐらいは体の歪んでいない状態を続けているかずみさん。

 

所が4年ほど前の婦人科検診で卵巣に皮様嚢腫(ひようのうしゅ)が見つかりました。皮様嚢腫とは卵巣に出来る良性の腫瘍で、歯とか髪の毛のようなものが卵巣の中に出来てしまうんだそうです。

 

「カイロプラクティックで体を整えているのに何でこんな病気にかかってしまうんだろう?」という思いもありましたが、当の本人には思い当たる節もありました。それは、会社の廊下でスッてんと転んで、尻もちをついたこと。この時は、転んだ衝撃で古傷の腰痛ヘルニアも再発し、尾てい骨が体の内側に90度曲がってしまうほどに。

 

腰痛や尾てい骨の曲がりは良くなったのですが、その時の転んだ衝撃が卵巣に影響を与え、細胞のDNAが変異をきたし皮様嚢腫が出来たのかもと思っています。

 

皮様嚢腫を発見した当時は大きさが約1.5cmほどでした。病院の先生が言うには「このぐらいの大きさなら手術の必要がない、様子を見てこれ以上大きくなるようだったら手術をしましょう」ということに。

 

それから1年後、カイロプラクティックで体を整えているので、皮様嚢腫も自然に消えるだろうと思いながら、病院で検査を受けると、なんと腫瘍の大きさが4.7cmと大きくなっていたのです。そして、半年後に手術をする事が決定。

 

何で、カイロプラクティックで皮様嚢腫が治らないの?ガン以外だったらカイロプラクティックで治るはずなのに?

 

そんな時、ヒントをくれたのがカイロプラクティックの教科書。そこには体の歪みがないのに病気が治っていかない場合、アルコール、カフェイン、タバコ、薬が原因であると書かれていたのです。

 

もちろん、もともとタバコは吸わないし、アルコールやカフェイン抜きは既にやっていました。でもそれだけでは足りなかったのです。

 

必要だったのは料理に入っているアルコールも取らない事。みりんや料理酒を使った料理、沸騰させればアルコールが飛ぶと言われていますが、完全にはなくならず微量に残っています。お醤油にもアルコールが入っているのでお醤油もアルコールが入っていないものに変えました。

 

こうした徹底した、アルコール、カフェイン、タバコ抜きを2週間連続で続ける。そうする事で体が劇的にスッキリする。これを2週間毒出しプログラムとして、手術までの半年の間に何回かやった。

 

そして、半年が経過し、手術当日。入院の準備をして病院へ行くと、前日に撮影した卵巣のMRIの写真を見せてくれました。

 

すると、何と4cmあった皮様嚢腫が1.5cmほどに小さくなっていたのです。もちろん手術もしなくて良くなりました。手術直前まで行って、何もせず無事に帰ってきたのです。

 

ところが、それから2年ほど経過した昨日。婦人科検診に行くと何と、卵巣にあった皮様嚢腫が全くなくなっていたのでした。

 

いや~嬉しい一日となりました。

 


 

次は都内からお越しの50代の女性です。

当院に初めてこられたのは5年ほど前、私が開業して1年経たない頃に来て頂きました。

 

今はアクチベーターという治具で調整を行っていますが、当時はまだ手を使って施術を行っていた頃。手で施術を行っていたのを知っている数少ない方です。

 

それから時が流れ、久しぶりになんと5年ぶりにお越しになりました。

 

当時は肩こり、腰痛、膝痛、アトピー、冷え性、便秘、難聴、O脚などがありましたが、1回の施術で、肩こり、腰痛、膝痛、アトピー、冷え性は良くなったそうです。

 

O脚は治ったのかな??聞くのを忘れました。

 

それからしばらく長い間、調子は良かったそうです。

 

そして、久しぶりに肩や腰も痛くなってきていたので、施術を受けにいらっしゃいました。

 

今日は体の歪みがちょっと大きかったので、もう1回近いうちに来た方がいいかな。そのうち難聴も改善すると思いますので、しっかり体の歪みを整えちゃいましょう。

 


 

次は神奈川県からお越しの40代の男性です。

 

 

つらい腰痛でお悩みで、当院にお越しになりました。

 

4月から2週間に1回のペースで来て頂き、今回で3回目の施術となります。

 

腰の方はというと、だいぶ改善したそうで、もう1歩という所まで来たようです。

 

また、喘息をお持ちでしたが、施術を受けた4月から1度も喘息の発作が出ていないそう。

 

さらに不整脈もありましたが、病院へ行っていないので治ったのかは解らないが何となく調子はよさそうとのこと。

 

今までほとんど汗をかかない体質だったそうですが、汗をかけるようになったと喜んでいらっしゃいました。

 

自律神経が整えば、汗もかけるし、不整脈もなくなります。自律神経が開通したようでよかったです。

 

今日は3回目の施術ですが、まだちょっと歪みが大きかったので、もしかしたらもう1回ぐらいは近いうちに来た方がいいかな。

 


 

次は千葉県からお越しの40代の女性。

頭痛とめまいがあって、頭痛がひどい時は吐いてしまうということで2年前に初めて当院へお越し頂きました。

 

結構歪みが大きかったので1回では治らないかな~と思っていたのですが、なんと1回で頭痛、めいまい、吐き気が治ったとの事。

 

いや~よかったです、うれしいです。

 

ところが、1年ほど前に交通事故に遭ってしまい、首の調子が悪くなったとの事。

 

あらま~

 

しかも、すぐにうちに来てくれればすぐに良くなったのでしょうが、首が痛すぎて、千葉からは遠い当院まではこれなかったとの事でした。

 

今回は首の痛みが多少引いたので来れるようになったそうです。

 


 


次は神奈川よりお越し頂きました30代の女性です。

 

 

不眠が悩みでお越しいただきました。寝つきが悪いとの事。

 

前回1回目の施術を行い、寝つきが良くなったそうでせす!

 

やったね!

 

ただ、前回は歪みが大きかったので今回2回目の施術に来て頂きました。

 

今回で当分は体が歪まずに持つと思いますので、また体調がおかしくなったらお越し下さいませ。

 


 

次は小平市から来て頂いた30代の男性です。

主訴はつらい首と肩こりでした。

他にも背中痛、腰痛、ひざの痛み、花粉症などがありました。

それが1回目の施術を受けたあと、首と肩こり、ひざの痛みはなくなったそうです。

さらに初めて来て頂いた時はマスクをして来院され、ひどい花粉症なんですよ~と言っていたのに、今回2回目の施術に来た時にはマスクをせずに来院され、「多分花粉症は治った」と。

「ニュースを見ると今日も花粉がいっぱい飛んでいるみたいなんですけどね、全然花粉を感じないんです」と言っていました。

いや~それはよかった!

 


 

次はご近所からお越しになった、30代の男性です。

主訴は喘息、肩こり、疲れやすい

他にも、頭痛、顎関節症、背中痛、花粉症などでお越しになりました。

当院へ来たのは3年前、その時1回施術をしたあとは、喘息、肩こり、疲れやすい、頭痛、顎関節症、背中痛は無くなり、3年間ずうーーーと調子がよかったそうです。

なんか、3年ぶりの来て頂けてしかもずうーーと調子がよかったと言ってもらえるとうれしいですね。

また3年後お会いしましょう!

 


 

次は東京都内からいらっしゃた30代の女性です。

 

肩こり、首こり、腰痛ヘルニア、喘息、不眠症、背中痛、花粉症、膝関節痛、自律神経失調症(低血圧、動悸)、めまいがありました。
 
大変ですね、これだけ症状があるとつらかったと思います。
 
昨年の8月、9月と2回来ていただいて、そのあとは調子が良かったそうです。
 
症状がありすぎてお話を全部聞けなかったのですが、治ったものは、肩こり、首こり、腰痛ヘルニア、喘息、不眠症、背中痛、自律神経失調症、うつ病、めまいは無くなったそうです。
 
低血圧で朝起きられず朝食も食べれなかったのが、今は血圧が正常値になって、朝も起きれるし朝食も食べれるようになったそうです。
 
また、睡眠薬も飲んでいましたが、今はもう飲んでいないとの事。
 
いや~本当に良かったです。

 

次は千葉から1年ぶりに来て頂いた患者さんです。

 

 

初めて来て頂いたのは今年の1月、約一年前。肩こり、腰痛、耳鳴り、冷え性にお悩みでお越しいただきました。

 

施術後は肩こりと腰痛、冷え性はほとんどなく良くなったそうです。

 

耳鳴りはまだあるそうですが、だいぶ静かになったとの事。

 

本日は五十肩になってしまい、肩が上がらなくなったのでお越しになりました。

 

今日の施術でだいぶ肩は上がるようになりましたが、もう1、2回かかりそうです。

 


 

次は国分寺からお越しの50代の女性です。

 

 

4ヶ月ほど前に1度お越しいただき、今日は2回目の来院でした。

 

首こり、腰痛、股関節痛、ひざ痛、顎関節症、冷え

 

でお悩みでしたが、前回1回目の施術で全て良くなったそうです!

 

1回の施術で良くなったことに大変驚かれていました。

 


 

次は多摩市からお越しの30代の女性です。

 

頭痛、目の痛み、吐き気、腰痛で3週間ほど前にお越しいただきました。

 

お仕事は自宅でガラス工芸のお仕事をしていて、とってもきれいなガラスを作ります。

 

でも仕事がハードなんですよね。

 

何百度にも熱したガラスを、サングラス越しに見ながら長時間の肉体労働。

 

そりゃー目も痛くなりますし、頭痛や吐き気だってします。

 

有害物質もいっぱい浮遊するでしょうから体調だって悪くなるでしょう。

 

あまりにも体調が悪いので、お仕事の引退も検討しているとの事でした。

 

ですが、前回1回目の施術で頭痛、肩こり、吐き気、腰痛はほとんどおさまり、たまに目が痛む程度になったそうです。

 

おかげで、仕事も引退せず、順調に作品作りが進んでいるとの事でした。

 


 

次は調布市からお越しの男性です。

 

 

一年以続く首の痛みと、両ひざの痛み、股関節の痛み、肩こり、腰痛などにお悩みで当院へお越しいただきました。

9月、10月と2回ほど施術を行い、首、両ひざ、股関節の痛み、肩こりは全くなくなったそうです!

さらに冷え性も気づいたらなくなっていたと。

後は首が少し気になるとのこと。

今回3回目の施術で、もう首も大丈夫でしょう!

 


 

次は東京都にお住いの40代の女性です。

 

首こり、肩こりがお悩みでお越しになりました。

 

他にも、花粉症、腰痛なども。

 

前回1回目の施術の後、花粉症と腰痛がよくなったそうです!

 

花粉症は、毎年2月になると鼻が詰まり、口を開けて寝るので、のどを痛めて病院へ行っていたとの事でした。

 

病院へ行くと「去年も同じ時期に来ましたね~」と言われるろうで。

 

所が今年は2月になっても花粉症にはならず鼻も快調だとの事。

 

「病院へ行かなくて済んだと」お喜びでした。

 


 

次は小金井市からのお越しの50代の女性です。

 

こちらの方、なんと2年半ぶりの来院となりました。

 

主訴は首の痛み。

他にも、頭痛、肩こり、花粉症などがありました。

 

2年ほど前に施術は2回ほど受けて頂き、首痛、頭痛、肩こり、花粉症の全てが良くなったそうです。

 

そして、ずーーと調子が良かったそうですが、去年の春にかたいものを噛んだ時、アゴがおかしくなったとの事。

 

それまで、1年半は調子が良い状態が続いたそうです。

 


 

次は都内からお越しの40代の女性です

 

舌痛症と吐き気にお悩みで1ヶ月ほど前に初めてお越しになりました。

 

舌痛症って知ってます?普通の人はあまり聞いたことないですよね。読んで字のごとく、舌が痛い病気なのですが。

 

舌痛症の治療って、病院でもほとんどやりようがないんですよね。舌痛症を見てくれる病院も都内に一ヶ所ぐらいしかないんじゃないかな。

 

私もこの仕事を始めて、舌痛症を初めて知りました。

 

で、話を元に戻して。

吐き気と舌痛症の他に、動悸、ホットフラッシュ、頭痛、首こり、腰痛、不眠症、顎関節症、胃の疾患、腸の疾患、耳鳴り、目のかすみ、下半身の脱力感、うつ病などでお悩みでした。

 

とくに吐き気は、会社で働いていると、夕方にかけて段々はきけを催してきて、トイレに駆け込んでいたそう。それが毎日続いているんだとか。

 

そして、1回目の施術の後、それまで毎日続いていた吐き気がすっかり良くなったそう。

 

そして、2回目の施術の後はホットフラッシュと動悸がほとんどなくなったそうです。

 

でも、吐き気は最近になって少し戻ってしまったみたい。。舌痛症もまだ痛いみたい。他の病気はどうなったのか詳しく聞かないでしまった。。

 

でも、全体的にだいぶよくなっているようです。

 

舌痛症の方はいままで何人も来られていますが、よくなるまでは時間がかかりますね。

 

今回3回目の施術をうけ、舌痛症も少しずつ改善していくと思います。

 


 

次は東京都内からお越しの20代の女性。

中学校時代から続く肩こりにお悩みで、昨年の9月頃に2回ほど来て頂きました。

 

他にも首コリや顎関節症などがあり、生理不順で生理が数ヶ月来ないこともあるのだとか。

 

そして、昨年の2回の施術。その後からは生理が定期的に来るようになったそう。肩こりや首こりもよくなったそうです。

 

顎関節症は良くなったのかな?忘れてしまった。多分良くなったんだけど、最近になってまた痛くなり、今回9カ月ぶりに来院されたんだと思います。ブログを書くのをさぼっていたら忘れてしまった。。

 

最近の若い子は子供の頃から肩こりや腰痛を持っているんですよね~不思議。我々の子供のころには肩こりや腰痛何てなかったと思うけどね。

 

とりあえず、半年は調子が良かったようで何よりです。またしばらくは調子がいいと思うので、次回も半年後かな。

 


 

次は東京都内からお越しの30代の女性です。

顔の歪みと猫背でお悩みで1ヶ月ほど前に初めて当院へお越しになりました。

 

前回1回目の施術が終わった後、家で顔の写真を撮ってみたが、顔の歪みは変わらなかったそうです。それから1週間後、もういちど顔の写真を撮って見てみると、なんと顔の歪みがなくなっていたそうです!やったね!!

 

猫背もよくなって背筋が伸びていましたね。

 

他にも、腰痛などがありましたが施術後から全くなくなったそうです。

 

さらにプチうつ気味でプチパニックになる事もあったそうですが、施術後から1ヶ月、1度もパニックはなかったとのこと。いや~よかった、よかった。色々改善しましたね。

 


 

次は千葉県からお越しの20代の男性です。

 

腰のヘルニアが原因の坐骨神経痛で、右足の裏のしびれや痛みが主訴で4ヶ月ほど前に初めてお越しになりました。

 

他にも、顎関節症やアトピーなどもあるとの事。

 

4カ月前から月に1~2回のペースで通って頂いたのですが、体の歪みを取ってもすぐに体が歪んでしまうということで、気が付けば6回目の施術となっていました。

 

当院の施術は完璧な施術を行って、体の歪みを1mmの狂いもなく取り除きます。

 

その後、体の歪みが大きい人でも4、5回施術をすれば安定して、体が歪まなくなるんですよね~

 

だから5回やっても歪んでいるという事は本人の生活に問題があるわけです。

 

そこで、本人に体が歪んでしまう原因で何か思い当たらないか聞いてみると。

 

すると、毎日家で体操をしているとのこと。テレビか雑誌で健康にいいと言われた健康体操を続けているんだそうです。

 

多分、それが原因だと3、4回目の施術の時に本人に伝えました。

 

しかし、その体操をすぐには止めなかったんですよね~

 

やっぱり、本人も言っていたのですが、今まで自分が正しいと思っていた知識を否定されると、そんなはずはないと思って行動を変えれないそうです。

 

運動は体に良いというのは世の中の常識ですからね。でも当院では運動は体に悪いからやめろと言うわけです。

 

そんな非常識な事を言われたって、すぐには生活を変えられないですよね。

 

そして、6回目の施術のあと、健康体操を止めた方がいいという話をやっと聞き入れ、体操を止めてみると。

 

その後は見事に体が歪まなくなったのでした。そして、坐骨神経痛もだいぶ改善してきたとの事。あとはこの状態を続けていれば、完全に坐骨神経痛はなくなるでしょう。

 

顎関節症はすぐにアゴが鳴らなくなり、アトピーもまだ残ってはいますがだいぶ改善したようです。

 


 

次は埼玉県からお越しの20代の男性です。

主訴は首から肩にかけてのコリ。他にも頭痛、腰痛、股関節痛、足のしびれ、耳鳴り、アトピーなどがありました。

 

1回目の施術で、頭痛、腰痛、股関節痛、足のしびれ、耳鳴りはなくなりました。

 

今回は首から肩にかけてのこりがだいぶ良くなったけど、あと一歩ということでお越しになりました。

 

アトピーは良くなったのか聞き忘れました。。

 

今回で首も肩もよくなると思いますよ。

 


 

次は東京都内からお越しの60代の女性です。

 

猫背にお悩みで当院へお越しになりました。

 

他にも背中の痛みや足がツルのが気になるとの事。

 

最初お越しになった時は、60代にしては背中が曲がってしまったなという印象でした。

 

それが1回目、2回目と施術を行っていくうちに猫背が徐々に良くなり、3回目で猫背はほとんどなくなりました。

 

さらに、背中の痛みもなくなり、足がツル事もなくなったそうです。

 

本人も姿勢が良くなったことに喜んでいました。

 

今回でとりあえず、卒業ですね。

 

肉を食べないと病気は治らない

こんにちは、秋澤順一です。

 

肉を食べないベジタリアンの人って結構世の中にいるんですよね。

 

うちの患者さんの中にも肉や魚を食べない方って本当に多いんです。

 

年配の方なんかは、肉を食べる事に罪悪感があるみたい。

 

コレステロール値が上がってしまうとか、中性脂肪があがってしまうとか。

 

でも、お肉も体を作るのに重要な栄養素なんですよね。

 

開業したての頃、千葉から来てくれる、70歳前後のご夫婦がいらっしゃいました。

 

千葉でも、南の方にお住まいだったので、当院に来るまでは電車で3、4時間かかる距離でした。

 

かなり遠くから来て頂いたのですが、月に1回ぐらいきて、4回ぐらい通っていただいたかな。

 

でも、肩こりだったり、腰痛だったり、少しは変化したかなぐらいで、ほとんど良くならなかったんですよね。

 

そしたら、4回目の帰りに突然怒り出したんです。「もう何回も通っているのに一向によくならない!」って。

 

物腰の柔らかいご夫婦だったのに、突然文句を言われたことにビックリしましたが。

 

でも、なんで良くならなかったのか原因を探らなければいけない。施術は完璧で問題はない。他に問題があるはず、だからご夫婦の食生活を聞いたのです。

 

すると、二人とも肉は全く食べないそう。魚も週に1回ぐらいお寿司を食べる程度。タンパク質と呼べるものは豆腐や納豆を食べる程度なんだそう。

 

この時は、腰痛や肩こりが良くなっていかない原因が肉や魚を食べない事だとは思ってもいませんでした。

 

しかし、この日を境に痩せている人には食生活を聞いて、肉を食べていないようだったら肉を食べるように進めるようにしたのです。

 

すると、効果はてきめん。うちに通っていた年配のお父さんや、高校生、主婦など単に施術を受けるだけより、顔色がよくなり、肌につやが出て、症状が一気によくなったのでした。

 

肩や腰の痛みだって、たんぱく質が足りなかったら治っていかないのです。

 

なぜなら、傷んだ細胞が生まれ変わって、新しい細胞が作られてこなかったら痛みもなくならないから。新しい細胞を作るのに大量のたんぱく質が必要なのです。

 

摂取するたんぱく質は肉系の物がよいと言われています。それは植物系に比べてすぐに筋肉になるから。

 

しかも、魚より肉の方がいいそうです。

 

NHKの放送でも、もう何度も放送しています。肉を取らないで、魚をメインにしている高齢者に骨粗しょう症が多いという話。もう、膝が痛くなって歩けない人がいっぱいいるんだそう。

 

みんなテレビを見たりしないのかな、本当にお肉を食べない人が多いです。

 

最近の本なんかでは、体に必要な一日のお肉の量は200gという人もいます。

 

200gとは肉を食べない人には結構な量でしょうね。

 

魚だったら、サンマを5匹食べなければいけないんだそうです。こっちの方がもっと厳しんじゃないかな。

 

お肉は苦手だよ~と言う人は、玉子でも構いません。一日に玉子1個、もしくは2個食べても構いません。

 

私は2個食べるようにしています。

 

故森光子さんなんかは、玉子を1日3個食べていたなんて話もありました。

 

玉子の食べ過ぎがコレステロールを上げるという話は過去の話。最近の研究では玉子を毎日食べても大丈夫となっています。

 

ベジタリアンの人、肉を食べない人、食べても量が足りていない人、こういった方達は本当に具合が悪いです。

 

肩こり腰痛、内臓系の病気、精神的な病気。全ての病気の元がたんぱく質不足といっても過言ではないくらい。

 

体に不調を抱えている方は、まずは食生活を見直して見てはいかがでしょうか?

 

ではでは。

 


 

肉を食べないベジタリアンの人というのは、独特の体臭がするんですよね。

 

何の臭いと言うのかな?ちょと言葉では言い現わせないのですが、とにかく臭いです。そして、みんな同じ匂いです。

 

その臭いは、長年、肉や魚を食べていない人の方がにおいが強くでますね。

 

そのような強烈な方が当院にこられると、家じゅう全体が臭くなってしまいます。

 

本当にすみません、失礼なことを書いているかもしれないですが。なかなか、本人に面等を向かっては言えないので、文書で書いてベジタリアンは良くないという事に気づいてもらおうと思っています。

 

肉や魚は、細胞を作り出します。骨や筋肉、皮膚などを作るわけですね。

 

でも、この細胞を作り出す、肉や魚を食べないわけですから、細胞が生まれ変わっていかないわけですよね。

 

細胞が酸化するなんて事も言われます。

 

細胞が新しくならず、古いままの細胞だからどんどん臭いが出てきてしまうのです。

 

やっぱり、細胞の新陳代謝は大切なんですよね。

 

うちに来る患者さんでも、臭いだけでこの人はベジタリアンだな~というのがわかるようになりました。

 

でも、そのような方に肉や魚を食べないと、痛みや病が治らないよ、と説明すると、肉や魚を食べてくれるようになります。

 

すると、数週間かな、1、2ヶ月経過したぐらいかな、に来て頂くと、ベジタリアン特有の臭いがなくなっているんですよね。

 

だから、ベジタリアンは絶対やめた方がいいです。

 

体ん痛みは多少あっても我慢できるでしょうが、自分の体が臭くなるといったら、ベジタリアンを止めたいと思いませんか??

 

ではでは。

 

カイロで痩せて、花粉症も改善

こんにちは、秋澤順一です。

 

肩が痛かったり、腰が痛かったりしてくるうちのお客さんですが、施術を受けてから半年後ぐらいに、たまにある報告を頂く事があるんですよね。

 

その報告というのが、「ダイエットをしたわけではないのに自然とやせた。」という。

 

いままでに自然にやせたという方が結構いるんですよね。そうなんです、カイロプラクティックってダイエットにも効果があるんです。

逆に、うちに来てから太ったという方も結構いるんですよね。はて?どういうこと?やせたり、太ったり?

 

実はカイロプラクティックを受けると、太っている人はやせて、やせている人は太っていくんです。

 

ようは、適正な体重になるんですよね。

 

では、なんでカイロプラクティックで体重が変化していくのですしょうか??

 

人のあらゆる病の原因は首の第一頸椎にあります。第一頚椎は脳と体をつなぐ関所のようなもの。

 

この第一頚椎がズレてしまうと、頚椎の中を通っている神経(脊髄)が押しつぶされて、脳と体を行き来する神経の流れが悪くなってしまうのです。

 

神経の流れが悪くなってしまうと様々な病気を引き起こすわけ。

 

例えば肥満なんかもそう。

 

脳と胃は神経でつながっています。

 

ご飯を食べて、胃がいっぱいになると、胃から脳に、「もう胃の中が食物でいっぱい」という信号が神経を伝わって脳に届く。すると脳にある満腹中枢が刺激され「お腹がいっぱい」という満足感を得る。

 

そして、食べる事を止めるわけです。

 

しかし、第一頸椎のズレによって神経の流れが悪くなると、胃からの信号が、第一頸椎の所で止まってしまい、脳まで届かない。

 

すると、胃には十分な食物で満たされているにも関わらず、脳がまだお腹がすいていると判断し、通常よりも多く食べてしまう。そして肥満となるのです。

 

ですから、第一頸椎のズレを取って、神経が100%流れるようになれば、通常の食事量で、胃から脳に正常な信号が届き、満腹感を得られるようになる。

 

肥満の人が通常の食事量になれば、自然とやせていくのです。

 

なぜなら、肥満の人は、体重が重い分、通常の人に比べ多くのカロリーを必要とする。だから通常の食事量になるとカロリーが足りないので自然とやせていくのです。

 

カイロプラクティックで第一頸椎のズレを取ったら、食事制限をしたり、炭水化物を抜いたりする必要は全くありません。

 

自分の食べたい物を、食べたい料だけ食べればいいのです。それが通常の量になる。そしてやせて行く。

 

適正体重までやせたら、そこでストップ。通常量の食事を取っていれば体重維持となるのです。

 

 

ただし、カイロプラクティックを受けても、やせない人たちもいます。というか、やせない人たちの方が多いかな。

 

なぜなら、お酒を飲む人は痩せません。せっかく、第一頸椎のズレを取って神経が流れるようにしても、アルコールが脳や神経を妨害して、いくら食べても満腹にならない。だから、たくさん食べて太ってしまう。

 

お酒を飲む人は痩せて行かないですね。私もそうですが。。逆に私の場合は禁酒をすれば自然とやせて行きます。

 

そして、もう一つの原因がストレス。やっぱり、ストレスがあると、脳や神経の働きを妨害してしまい、食事量が増えてしまい、やせられない。

 

逆に食事量が減る人もいますけれどね。

 

第一頚椎のズレを取り、お酒とストレスがなければ、やせられます。

 

ではでは

 


 

肩や腰やが痛くてカイロプラクティックに来たのに、いつの間にか痩せていたという話はたまに聞きますが、もっと多く聞くのは、いつのまにか花粉症がなくなったという話です。

 

花粉症も、まさかカイロプラクティックで良くなるとは誰も思ってはいないのではないでしょうか?

 

カイロプラクティックで治っていかない病気として、アレルギーがあります。食物アレルギーとかはやっぱり治りませんね。

 

これは、持って生まれたものなので、ダメなのかなと思っています。

 

しかし、カイロプラクティックの本には治らない病気として「アレルギー」としか書いていないんですよね。

 

花粉症だってアレルギーですよね。だから開業した当初は花粉症は治らないんだろうなと思っていました。

 

しかし、営業を始めて数年経過する頃には、花粉症が改善したという話をちょこちょこ聞くようになりました。

 

速い人だと、施術をした翌日から花粉を感じなくなったと言いう人もいますし、今年は花粉症を発症しなかったと、数ヶ月経過してから気が付く人もいます。

 

だから、今ではカイロで花粉症も改善するんだなという認識になりました。

 

教科書に書いてあったのは食物アレルギーの事なんでしょうね。

 

私が使っている教科書は、1900年初期にアメリカで書かれた英語の教科書を使っているもので、教えてくれる人もいないし、質問して聞ける人もいないし、自分で解読していくしかないのでした。。

 

ではでは

 

 

 

妻がうつ病を改善した方法

こんにちは、秋澤順一です。

 

前回、私がうつ病を改善した方法を書きました。私は、パキシルなど、うつ病の薬を飲んでいましたが、それを徐々に飲む量を減らして行く事で、うつ病をなおした。

 

詳しくは前回のブログを読んでね。

 

一方、妻もうつ病を改善しましたが、私とは違う方法でうつ病を改善したのです。今回はその方法を紹介しましょう。

 

妻は結婚してすぐぐらいだったかな、うつ病を発症し、薬を飲むようになりました。

 

まだOLをしていて、品川の天王洲まで通っていました。

 

天王洲までは実家からだと40分ぐらい、結婚して国分寺に住むようになってからは1時間半ぐらい通勤にかかりました。

 

この通勤時間が長くなったことが、うつ病になったきっかけでした。

 

でも、今になってよくよく考えてみると、20歳ぐらいからうつ病だったんじゃないかなと思います。でも、薬を飲むようになったのは結婚してから、28ぐらいの頃からですかね。

 

妻は通勤時間の長さで、完全にうつ病になってしまいました。あるときは、会社から電車に乗って帰ってくることが出来ず、途中の駅で下車してホームで泣いていたこともあったようです。

 

あるときは、途中の駅で保護されて、医務室で寝ている所を私が車で迎えに行ったこともありました。

 

そして、さすがにこれは可哀そうだということになり、会社を辞めて家で専業主婦を始めたのです。

 

専業主婦の仕事だけでも、うつ病のときはつらそうでしたね。

 

私が会社から帰ると、「料理が作れない」と言って、包丁を握りしめたまま、台所でしゃがみこんで泣いている時もありました。

 

あるときは、パソコンのメールが使えないと、泣いて電話が掛かってきたりして、もうメチャメチャでした。

 

そんな時、私は首の痛みで会社を休職し、二人で家に引き込まる事になったのです。

 

そして、首だけを1回調整するカイロプラクティックを受けたのでした。

 

私の首は何とか改善し、会社へ復帰する事が出来ました。

 

妻も肩こりや腰痛などはある程度改善したのですが、うつ病だけはどうしても治らなかったんですよね。

 

そんなん時、カイロプラクティックはガン以外何でも治るはずなのに、何でうつ病は治らないんだろう。

 

カイロプラクティックのおかげで体は歪んでいないのに、どうして妻は治らないんだろうと考えました。3ヶ月経っても半年経っても改善しませんでした。

 

そして、考えました。きっと、うつ病の薬を飲んでいるから治らないのではないかと。

 

ある時、医者に相談することもなく、うつ病の薬を飲むのを止めることにしました。

 

すると、翌日から大変なことに。

 

頭は痛いは、めまいはするは、薬を止めた事による解脱症状が激しく出たのです。

 

幻覚は見るし、悪夢も見るし、寝ているあいだも、大騒ぎ。夜中に突然起きて、壁に向かって話している事が何度もありました。

 

妻を隣で見ていて、本当に苦しそうでしたね。

 

でも、薬を再び飲むことをしませんでした。頭が痛かったり、めまいがしたり、具合が悪いのでただひたすら寝込んでいました。

 

そして、2週間が経過した頃、突然、うつ病がパッタっとなくなったのです。

 

頭痛やめまいも一切なくなりました。幻覚や悪夢も見ることもない。2週間で気分がスカッとしたのでした。

 

それからはすっかり体調が良くなり、しばらくしてOLに戻りました。

 

結局、うつ病の薬が原因でうつ病が治らなかったということ。

 

カイロプラクティックを受けて治らなかった場合は、薬が原因という事なのです。

 

私は、うつ病の薬を徐々に減らして行く方法で、最終的には薬を止めました。

 

一方妻は、薬を突然止めるという方法をとりました。

 

どちらの方法を選ぶにしても薬を止めるのは本当に大変です。

 

でもどのような方法でもいいので、薬を止めないとうつ病は治らないということがはっきりわかりました。

 

当院へ来たあるうつ病の患者さんも、妻をマネして薬を突然止めた事があります。

 

その方も大変でした、具合が悪くなって大変だったみたいです。うちが休みの日の朝の5時に電話が掛かってきて、「具合が悪いから今から見てくれ!」と言ってきたこともありました。

 

もう、頭は痛いし、目まいはするし、幻覚も見たりで解脱症状で頭がおかしくなっているんでしょうね。こっちの都合何て関係ない、もう大騒ぎでした。

 

でも、2週間後にうちに来ると、うつ病がすっかり良くなったと報告をいただいたのです。

 

この方も、薬を止めてからピッタリ2週間で良くなったとおっしゃっていました。

 

もう一人か二人いたかな、薬をいきなり止めた人。その方もピッタリ2週間で良くなったそうです。

 

この件があってから、患者さんに薬をやめるように言うのは控えるようにしています。うつ病の薬を突然止めると本当に大変なことになりますので。

 

睡眠薬だったらいいですけれどね、眠れないだけで死ぬことはないですし。うつ病の薬は解脱症状がきつ過ぎるので、お医者さんに任せるようにしています。

 

うつ病で悩んでいる方は、お医者さんに相談して、徐々に薬を減らして行く事をお勧めします。

 

ではでは。

 

院長がうつ病を治した方法

こんにちは、秋澤順一です。

 

私も、十数年前うつ病を患った事がありました。まだそのころはカイロプラクティックに出会っていなかった会社員時代のこと。

 

うつ病になったのは会社を転職した事がきっかけでした。

 

前職は外資系の会社で、転職したのはコテコテの日本企業。これが自分には全く合わなかった。

 

社風と言うか、仕事のやり方と言うかが全然違うんですよね。とにかく日本企業は仕事のスピードが遅い、だから大した仕事もしていないのに残業だけが増える。これが耐えられなかった。

 

さらに顧客からのクレームを処理する部署だったので、仕事が面白くなくてストレスになっていた。

 

そして、転職して半年ぐらい経過した頃にうつ病となったのです。

 

もうその時は会社が地獄でしかなかった。会社を辞めたいけど、転職したばかりだし。働かないと給料もらえないし。

 

その時、確か妻もうつ病で会社を辞めて家にいたんですよね。それもあって自分が働かなきゃという金銭的な危機感もあって。

 

病院へ行って、パキシルとかうつ病の薬をもらって飲んでいました。

 

うつ病の薬は確かに飲むと、心が少し安らぐんですよね。つらい気持ちが落ち着くというか。

 

ですので、薬のおかげで会社を休むこともなく、何とか仕事を続けられるようになりました。

 

薬を飲み始めて、4、5ヶ月後ぐらいだったかな。うつ病の症状はいっこうによくならず、薬が切れるととってもつらくなり、薬に頼る生活になっていました。

 

2週間おきに病院へ行き、うつ病の薬をもらう。朝、昼、晩だったか、朝晩だったか、1日2、3回薬を飲む。

 

そんな生活を続けていると。

 

これじゃあ麻薬と一緒じゃない?

 

薬が切れたら、また薬をが欲しくなるって??

 

このままだったら一生薬を飲まなきゃいけないのでは???

 

病院の先生は、私が苦しいといえば薬の量を増やしてくれるし、効きが悪いといえば、違う薬を出してくれる。

 

別に先生の指示じゃなくて、薬を飲むか飲まないかは自分の意思なんだなと思いました。先生が私を治してくれるわけではない。自分でうつ病を治すしかないんだと思うようになりました。

 

そこで、自分の考え方を変えたのです、このままではダメだと。

 

とりあえず、仕事はいつかは止めるけど、今は苦しいなんて言っている場合じゃない、今の仕事をとりあえず頑張ろう!と気持ちを切り替えた。

 

 

そして、とにかくまずは薬を止めよう!ということで、うつ病の薬を徐々に減らして行ったのです。

 

最初は一回に飲む量を半分にしてみる。

 

次に1週間ぐらい経ったら、今度は朝晩飲んでいた薬を朝だけにしてみる。

 

そして、さらに1週間ぐらい経ったら、2日に1回に減らす。さらに3日に1回に減らす。

 

こんな感じで1ヶ月くらいかけて薬を抜いて行きました。

 

その途中はやっぱり苦しかったですね。気持ちが苦しくて、薬を飲みたくてしょうがない時もありました。

 

でも我慢して薬を減らしていくと、1ヶ月か2ヶ月ですっかり元気になったのでした。

 

そういえば、うつ病を改善したくて、当院の施術を受けに来た病院の先生が来た事があります。

 

しかも、専門がうつ病で、精神科のお医者さんです。

 

ひぇ~とうとう本職が来てしまったよ。と妻と二人で驚くというか、ビックリと言うか、なんなんでしょうね。

 

ついにこの日が来たか。といった感じでした。

 

その先生に症状について話を聞くと。

 

1ヶ月ちょっと前あたりからうつ病の症状が発症してしまい悩んでいたそうです。

 

当然、うつ病の薬も飲んだそうですが、2週間ほど飲んで効かなかったので飲むのをやめたそうです。

 

そして、数週間前から休職をして、今に至っているとの事。

 

そうなんです、うつ病の薬って全員が全員効果があるわけではないんですよね。

 

昔読んだ本によると、うつ病の薬が効くのは全体の2割程度の方しか効果がないんだそうです。

 

残りの8割は薬が効かないんだそう。

 

でも、なんでうつ病の患者さんが病院へ行ったら薬を処方されるのかと言うと、効果のある2割の方だけでも治せれれば十分意義があるということなんだそうです。

 

多分、この話をうちに来て頂いた精神科の先生も知っているので、2週間だけ薬を飲んで効果がなかったので、止めたのではないかと想像しています。

 

今となっては、なんで薬を止めたのか先生に聞いてみればよかったな。せっかく医学に関する知見を広められるチャンスだったんですけどね。

 

残念。

 

でも、うつ病が治らないで、半年とか、1年とか、下手したら何年もうつ病の薬を飲んでいる人っているんですよね。

 

そのような方達に対して、病院の先生も薬を止める方向でアドバイスしてあげられるといいんですけどね。

 

でも、患者さん本人も薬を飲みたいから飲んでいるような部分も大きいんでしょうね。

 

薬に関しては本当に難しい問題だと思います。

 

 

 

 

 

 

不眠症の原因は睡眠薬

こんにちは、秋澤順一です。 

前回の続きから行きますね。

 

私は頚椎ヘルニアと不眠症に悩んでいました。

 

カイロの施術を受け痛みが半分程度になった。休職していた会社へも復帰し3ヶ月程経過した頃。

 

首の痛みが徐々に強くなっていく感じがありました。もちろん、カイロの施術を受け体の歪みがない状態をキープしていましたが、それでも痛みが日に日に増している感じ。

 

痛みをこらえて、何とか会社には行きますが、休日は首の痛みで外出する気にもならない。休日は家でぐったり、横になっていました。

カイロプラクティックの施術を受けて、だいぶ楽にはなったのですが、まだまだ痛みは残っていて、「なんでもっとよくならないのかな~」と思うようになりました。

 

「仕事をして疲れているから、治らないのかな~」、「また休職をして寝ていなければ治らないのかな~」と考えるようになっていました。

 

カイロプラクティックは全ての病を改善するもの。そういえば、施術から3ヶ月も経過しているのに不眠症が全く改善されていない。これはおかしい、どうして、なんで!?

 

体の歪みのない状態を3ヶ月も続けていのに治らないなんて。きっと自分の生活が悪いのではないかと思うように。

 

毎日、お酒と睡眠薬を飲んで寝ているが、これが悪いのかな?

 

お酒と睡眠薬を飲まなかったらどうなるんだろう?ずーと眠れないで何日も起きたままなのかな?

 

たしか、眠れないでずーと起きているというギネス記録もあるし。

 

もしかしたら、自分が眠らないギネス記録を更新できたりして。たしか、1週間ぐらい眠らなければギネス更新だったかな。

 

じゃあ一旦、お酒と睡眠薬を止める実験をしよう!と。

 

そして、土、日、月曜と会社が3連休になる前日、金曜日の夜から薬とお酒を止める事にしたのです。

 

休みの日に眠らない実験をするのだったら、眠れなくて頭がフラフラしていても家にいればいいだけですからね。

 

第一日目。金曜の夜。案の定、薬とお酒を止めると、全く眠れませんでした。横になっても目がギラギラしている感じ。眠くなる気配は全くない。

 

でも、最後の最後、朝方になって1時間ぐらい眠った感じはありました。頭はボーとしてるけど、会社は休みだから、家でゴロゴロして過ごす。

 

そして、第2日目。やっぱりほとんど眠れませんでした。でも、横になっている事が首にもよいので、ただただひたすら、眠れもしないのに布団の中で目を閉じてすごす。

 

でも、途中2時間ぐらいは寝れました。

 

そして、第3日目。今度は3時間ぐらい眠れるようになりました。

 

そして、4日目。次の日から会社だからもう少し眠りたい。すると、4時間ぐらい眠れたのです。

 

5日目、5時間。

6日目、6時間。

7日目、7時間と。

 

薬とお酒を止めて、1週間で7時間寝れるようになったのでした。

 

 

いや~、カイロプラクティックを受けても不眠症が改善しなかったのはお酒と睡眠薬のせいだったんですね。

 

最後は薬が邪魔をするという事がよくわかりました。

 

それからは、普通に夜も寝れるようになったのです。

 

今までは、電車や車で寝ることなんて全くできなかったのに、今では眠れるようになった。お昼寝だって出来るようになった。

 

眠れることって本当にありがたい事だと思います。やっぱり、眠れないって苦しいですよ。

 

そして、首の方はと言うと。不眠症が改善していくのと同じように、薬とお酒を止めてから、徐々に痛みが引いて行き楽になっていきました。

 

期間にしてどのくらいかな?ちょっと忘れてしまったのですが、睡眠薬を止めてから1、2ヶ月経過したぐらいかな、一番痛い時の痛みを10とすると1ぐらいに首の痛みがなりました。

 

その最後の1を取るのがまた大変だったのですが、その話はまたいつかお話しますね。(勘のいい方ならわかると思いますが、本に書いた2週間毒出しプログラムで治したのですが。)

 

こうして、再び会社を休職することなく普通の生活をおくれるようになったのです。

 

首の痛みの原因も、結局は睡眠薬だったということです。もしくは、ロキソニンやお酒も原因ということ。

 

原因が複数個あると、原因を特定するのはすごく難しいんですよね。

 

それまでも、お酒だけを1ヶ月止めてみた事もあるし、睡眠薬だけを1ヶ月止めてみた事もある。

 

でも首の痛みはほとんどかわらなかったし、不眠症もなおらなかった。だから、お酒も睡眠薬も飲んでいても構わないと思ってしまっていたんです。

 

本当はお酒も睡眠薬も両方やめなければいけなかったんですね。

 

不眠症を治すには、治る前に睡眠薬を止めなければいけない。不眠症が治ったから睡眠薬を止めるのではない。ということです。

 

不眠症を改善するには、治る前に睡眠薬を止めるという事が大事になります。

 

私は、頚椎ヘルニアからくる首の痛みと、不眠症になやんでいました。

 

カイロプラクティックで首の痛みは少しはよくなりましたが、まだまだ痛く。不眠症も全く治りませんでした。

 

そして、毎日飲んでいた睡眠薬を止めると、首の痛みも不眠症もあっという間に改善して行ったのでした。(詳しくは前回のブログを見てね!)

 

この話は8年前の開業した頃、ブログにこっそり書いたことがあるんですよね。

 

それを読んでくれた患者さんが来てくれたことがありました。

 

その方は山梨県の甲府に住んでいる方で、私と同じように頸椎ヘルニアで首が痛いのと、不眠症で悩んでいました。

 

眠れないので睡眠薬も毎日飲んでいたそうです。

 

そんな時、うちのホームページを見つけ、ブログを読み、早速、睡眠薬を止めてみたそうです。

 

すると、私と同じように最初の数日間はあまり眠れなかったそうですが、日増しに眠れる時間が長くなっていき、1週間ぐらい経過するとある程度眠れるようになったと。

 

完璧に8時日間ぐっすり眠れるまでにはならなかったそうですが、あるていど眠れるようになったと驚いていました。

 

この山梨の方のおかげで、カイロプラクティックの施術を受けなくても、睡眠薬を止めれば不眠がある程度は改善されることがわかりました。

 

もちろん、この後、カイロプラクティックの施術を受けていただいたので、その後は完全に不眠は改善したそうです。

 

睡眠薬に手を出すのは最初は軽い気持ちなのかもしれません。多少、夜寝付きが悪いからというだけで、薬を飲み始めてしまう人もいると思います。

 

私もそうでした。最初は寝付きが悪いぐらいの軽い症状でしたが、薬を飲めばすぐに眠れるので、ついつ睡眠薬に頼ってしまいました。

 

それが、薬を飲み続けていると、どんどん不眠がひどくなっていくんですよね。いつの日か薬なしでは1時間も眠れないようになっていたのです。

 

結局、睡眠薬を長く飲んでいれば長いほど、不眠の症状もどんどんひどくなってい。睡眠薬が原因で不眠症になっていくという事なんです。

 

うちの患者さんでも、仕事を引退した年配の方で睡眠薬を飲んでいる方が多いですね。

 

不眠症を改善したくて当院に来ていただいた年配の方に話を聞くと、「それは不眠症ではないでしょ!」ということがよくあります。

 

何でも、仕事をしていないので家にいる事が多く、昼間に2、3時間ぐらい昼寝をしてしまうんだそうです。

 

そして、夜になると12時過ぎても眠れない。眠れないから睡眠薬を使って寝るんだそう。

 

朝も早く目が覚めてしまい、5時や6時には目が覚めてしまうんだとか。

 

おいおい!それは不眠症ではないでしょ!昼寝もたせば7、8時間寝てるじゃないですか!

 

本当の不眠症だったら昼寝だってできないの!

 

昼寝を止めれば夜寝れますよ!というのですが、話が全く通じないんですよね。困ったものです。

 

こおいう年配の方、今まで何人かいましたね。

 

病院も薬を出すのが仕事だから、患者さんが睡眠薬が欲しいといえばすぐ出してくれますもんね。詳しい生活態度何て全然聞かないでしょうし。

 

こうやって、必要のない薬を出して、国の医療費はどんどん増えて行っているんでしょう。困ったものです。

 

薬を使わないで健康になる知識がもっと知れ渡ったらいいなと思います。

 

ではでは。

 

 

 

 

ではでは

 

 

 

 

頚椎ヘルニアの原因はロキソニン

こんにちは、秋澤順一です。

 

私はカイロプラクティックを始めて、今年で8年目になりますが、それ以前は様々な病気で苦しみました。

 

うつ病、不眠症、頚椎ヘルニア、潰瘍性大腸炎、他にもいっぱい、体中痛いところがありました。

 

今では、全ての病を改善したのですが、その中でも、私が頚椎ヘルニアと不眠症を改善した方法を今回はご紹介しましょう。

 

それは、10年ちょっと前ですかね、私はサラリーマンをやっていました。

 

頚椎ヘルニアを患って、首が痛くて痛くてどうにもならなくなっていました。そして同時に、夜も睡眠薬なしでは眠れなくなっており、毎日睡眠薬を飲んで寝ていたのです。

 

そんな時、近所のカイロプラクティック院に通うようになりました。

 

全身をバキバキやってもらい体を整え、マッサージで筋肉をほぐしてもらう。そして最後の仕上げに、頭を持って、首を急激にグキっとひねってもらう。

 

これをやってもらうと気持ちよくて、週に2、3回は通うようになっていました。

 

でも、最初のうちは気持ちいいな、と思うのですが、10回やっても、20回やっても、全然治る気配がないんですよね。

 

そして、よくよく考えてみると、最初の頃より首が痛くなっているし、首が動かなくなっている。逆に悪化している!

 

で、金額で20万か30万円ぐらい使ったところで、ここでは治らないと思い行くのをやめました。

 

すると、会社で仕事をするのが、ものすごく大変になっていったんですよね。

 

首が詰まっている感じで頭に血がのぼってこないから、頭が回らない、メールを処理する時間が1通に付き30分ぐらいかかるし、時には1時間ぐらいメールと向き合っている事も。

 

口を開けるとその振動で首が痛くなるから、出来るだけしゃべらないようにしようして、会社では下を向いて、誰からも話しかけられないようにして仕事をしていました。

 

私は普段からあまりしゃべらない方ですが、当時の会社の人間から見ると、私は今以上に本当に感じが悪かったでしょうね。。

 

そんなある年、9月にシルバーウィークと呼ばれる大型連休がありました。妻と私は2泊3日で仙台、気仙沼と宮城県を車で旅行することにしていたのです。

 

そして、会社が終わり、連休に突入。連休初日に、朝起きると、首の痛みからくる激しい頭痛にみまわれました。

 

普段だったら、病院からもらっている、ロキソニンを飲めば1、2時間ぐらいで治るのですが、2錠飲んでも、3錠飲んでも治らない。

 

もう、朝から6時間も経過してお昼を過ぎているのに治らない。仕方なく、新聞で調べて休日でも空いている近所の整形外科へ行ったのです。

 

そこでは、首に痛み止めの注射を打ってもらいました。すると、頭痛は半分ぐらいの痛さにおさまったのです。

 

今振り返れば、当時の私はロキソニンを朝と夜の2回、毎日飲んでしました。もしかしたら、ロキソニンより強い痛み止めに変えてたかもしれませんが。

 

そんな状態を半年だか1年続けていたのですが、もう薬に体が慣れてしまい、薬が効かない状態になっていたんでしょうね。

 

そこへ今までで一番きつい頭痛、もう薬では止めることの出来ない状態。そして、痛み止めの注射も効かない状況になっていました。

 

 

連休初日、頭痛で一日終わってしましましたが、翌日から宮城への旅行が待っていました。

 

頭痛は半分ぐらい残っていましたが、宿をキャンセルするとキャンセル料がもったいないので、とりあえず宮城に行くだけ行って、私は宿で寝ているので、そのあいだに妻は一人で遊んでくるという戦法で、翌日から宮城旅行へ出かけたのでした。

 

しかし、その思惑は無謀なものとなりまりた。宮城への旅行中、私の首の痛みと頭痛はさらに悪化。

 

ホテルで寝ていることもままならず、毎日、祝日に営業している整形外科を探しては、注射を打ってもらっていたのです。

 

宮城まで来て観光に来たのか、病院巡りにきたのだか。祝日の病院は激込みで、待ち時間が3、4時間はかかる。ほとんど観光をすることなく、2泊3日の半分は病院で待ち時間を過ごしたのでした。

 

宮城からの帰りは妻がずうーと運転をしてくれました。私は助手席でただただ死んでいました。

 

体調を考慮して、旅行をキャンセルする決断も重要ですね。本当にこの時ばかりは反省をしました。

 

そして、体調の方はと言うと、注射を打っても、頭痛は多少良くなる程度で、翌日にはまた激痛になる。そんな状況でシルバーウィークの1週間を過ごしていました。

 

そして、連休明けも、そのまま会社を休職。もう完全に働ける状況にはありませんでした。

 

そんな時に出会ったのが、師匠のカイロプラクティック。そこで、首を1回調整してもらうと、1週間続いた頭痛が一瞬ですーと抜けたのでした。

 

話は変わって、10年ほど前、私は頚椎ヘルニアと不眠症に苦しんでいました。

 

ロキソニンを朝と夜、毎日飲んで、眠れないので睡眠薬も飲む。そんな生活を一年以上続けていました。

 

そんな、ある日。とうとう痛み止めのロキソニンが効かない体になってしまい、首からくる頭痛が治らなくなってしまったのです。

 

頭痛は1週間続きました。そして、当時サラリーマンだった私は会社を休職したのです。

 

その1週間続いた頭痛を治してくれたのが、私の師匠。師匠のカイロプラクティックで首を1度調節してもらうと、一瞬にして頭痛がなくなったのでした。

 

痛み止めを飲んでも、注射を打っても治らなかった頭痛が1回で良くなったのです。その時の「助かった」という安心感は今でも忘れません。

 

もし、師匠に出会わなかったら、一生頭痛を抱えたまま生きていかなければいけない所でした。

 

しかし、頭痛は良くなったのですが、肝心の頚椎ヘルニアから来る、首の痛みは多少良くなった程度だったんですよね。

 

会社を休職し、カイロの施術を受けて、1ヶ月半ほどで会社に復帰しました。

 

その間、首の痛みは最初を10とすると、5ぐらいにはなりました。極限の痛みはなくなって、やっと人並の痛みになったといった感じですかね。

 

会社には復帰しましたが、まだまだ首は痛かったのです。毎日飲んでいたロキソニンは、飲んでも痛みが取れないので飲むのを止めました。

 

もしかしたらロキソニンを飲んでいるから、カイロの施術を受けても首の痛みが取れないのかなという思いもあり。

 

しかし、ロキソニンを止めて、1週間、2週間と経過してもそれほど首の痛みは減少していかなかった。もちろん施術を受けた後、体の歪みのない状態をずーとキープしていたにも関わらずダメでした。

 

そして、ある時、睡眠薬であるマイスリーを飲むと、固かった首が柔らかくなり、首の痛みが無くなることを発見したのです。

 

今まで1人か2人、睡眠薬を飲むと首の痛みが取れると、同じ事をいうお客さんがいましたね。

 

それからは、夜寝る前に睡眠薬を飲むだけでなく、会社でお昼休みに睡眠導入剤を飲むようになったのです。

 

会社へ行くと、午前中は何とか痛みをこらえて、仕事をこなします。しかし、午後になって疲れてくると、首の痛みを耐えられなくなってくる。だから昼休みに睡眠薬を飲んで、首の痛みを取っていたのです。

 

睡眠薬も私には全然効かなくなっていました。夜寝る時も睡眠薬だけでは眠れないので、お酒と一緒に睡眠薬を飲んで寝ていたのです。

 

だから、会社でも睡眠薬を飲んで眠くなることはありませんでした。

 

今考えると、恐ろしい事をしていたというか、普通会社から怒られるだろうとも思いますが。当時はこれがベストでした。

 

お酒も首の痛みを忘れさせてくれるんですよね。飲んで酔っ払っている間は首の痛みがだいぶ緩和される。

 

体が楽になるから、毎晩お酒を飲む。

 

ただし、お酒だけだと意識を失うぐらい飲まないと、眠れないから、お酒をある程度飲んで睡眠薬も一緒に飲む。

 

夕飯にビールや焼酎を5杯ぐらい飲んで、寝る時に焼酎を2杯ぐらい飲み、睡眠薬も飲む。

 

こんな生活を1年以上続けていました。

 

今思えば、こんな生活をしていたら、いくらカイロプラクティックの施術を受けたって、治るわけがないですよね。

 

でも、当時の私にはこれが一番楽だったんです。

 

カイロプラクティックで治すには時間がかかるから、半年もすればそのうち治るだろうと思っていました。

 

続きはまた次回!

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

食物アレルギーとアトピーの改善

こんにちは、秋澤順一です。

 

今回も食物アレルギーのお話で、アレルギーを改善した男の子についてです。

 

最近というか、ここ数年、いやここ十数年、小学生で食物アレルギーの子が多くなりましたよね。

 

給食なんかも食べれなくて1人だけお弁当持参だったりして、本当に子供も親御さんも大変ですよね。

 

そういえば、半年ぐらい前に以前に当院にお越しになった大阪の女性から妻に相談のメールが来ました。

 

 

うちのHPに写真の掲載をOKしてもらっている方なのですが。

 

何でも小学校2年生の息子の食物アレルギーがとんでもなくひどくなってしまったんだとか。

 

何の食物にアレルギー反応があるのかテストをしたそうですが、30種類以上の食物にアレルギー反応を示したんだそう。

 

そんな数があったら何にも食べれないですよね。。

 

そして、アレルギーが原因の副鼻腔炎が悪化して、滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)になってしまったとか。

 

しかし、耳に痛みがなかったので中耳炎になたことにしばらくの間気が付かなかったんだって。

 

名前を呼んでも返事をしない事が多くなり、話しかけても良く解っていないよう。あれ?もしかして耳が聞こえていないのかな?と思い病院へ連れて行ったところ、滲出性中耳炎と診断されたのでした。

 

病院では手術を勧められ、手術をしても改善するまでには2、3ヶ月かかると言われました。

 

でも、出来る事なら手術はしたくないし、改善するまで2、3ヶ月って結構長い。ということで、妻に相談したのでしょうね。

 

妻からのアドバイスは、料理に料理酒などのアルコールを使うのを止め、小麦粉を止め、毎日、酵母くんかノニジュースを飲みましょうということを伝えました。

 

こちらの家庭は、タバコも吸わないし、カフェインも取っていない。あとは料理酒などのアルコールを取らないようにすればOK。

 

小麦粉はこれが悪さをしている事例が本当に多いので、治るまでの間はやめてもらいました。

 

すると、彼女は酵母くんをネットで購入して、男の子に毎日飲ませるようにしたのです。

 

すると1ヶ月程で滲出性中耳炎はすっかり改善し、食物アレルギーもすっかりなくなったのでした。

 

手術をしないで滲出性中耳炎が改善したのです。

 

病院の先生も本当に驚いていたそう。

 

今では何でも普通に食べられるようになったそうで。これが一番うれしいんじゃないかな。

 

大阪に住んでいるのにお好み焼きやたこ焼きが食べれなかったらツライよね。

 

こんな感じで食物アレルギーは改善しますので、近くに困っている方がいたら、教えてあげて下さいね。

 

食物アレルギーを改善する方法の詳細は前回のブログで読んで見て下さい。

 


 

ここからはアトピーを改善する方法についてのお話です。

 

当院にも、アトピーの患者さんて開業当初からちょこちょこといらっしゃるんですよね。

 

首のズレを取って、神経が100%全身に流れるようになると、皮膚にも100%神経が流れるようになり、あとは脳が神経を通して、自然にアトピーを改善していってくれる。

 

と言うのがうちの施術方法なんですけどね。

 

だから、腰痛や肩こりだけでなく、アトピーも施術の対象になるわけです。

 

でも、うちにくる前にアトピーで悩んでいる方に1つ試して欲しい方法があるのです。

 

それが、砂糖を控えること。

 

 

結構、アトピーの原因って、砂糖だったりすることがあるんですよ。

 

料理に使われている砂糖ぐらいの量だったら大丈夫ですが。

 

お菓子だったり、ジュースだったりに入っている量だとダメですかね。

 

以前患者さんで、毎日コーラを1本飲んでいるというアトピーの方がいらっしゃいました。

 

その方にコーラを飲むのを止めてもらうと、2週間後ぐらいからアトピーの改善がみられ、1ヶ月、2ヶ月と経過していくうちに見る見るアトピーが改善されていきました。

 

他にも、毎日甘い菓子パンを食べているとか、甘いお菓子を食べているという人も、甘いものを止めるとアトピーが改善されていきました。

 

私の中学生の姪っ子も、アトピーではないのですが、腕に赤いボツボツがあって、女の子なのに肌が汚くて可哀そうだな~と思っていました。

 

話を聞くと、案の定、甘いお菓子を毎日食べていました。何だったかな、ふるさと納税で届いたマカロンを毎日食べているって言ってたかな。

 

そんな彼女も、甘いものを控えるように伝えると、ちゃんと言う事を聞いてくれて、肌のブツブツも2週間後くらいから見る見るきれいになっていきました。

 

砂糖という物質が取り過ぎると体にとって毒になるんですよね。口に入れる物だったら何でもそうなんでしょうけど、食べ過ぎはダメということ。

 

体にとって毒となってしまった砂糖は、どうにかして体から出したいわけです。

 

大量過ぎて出て行くところがないから、皮膚からブツブツになって毒を排出している、というイメージですかね。

 

アトピーでお悩みの方は、まずは砂糖を控える事からはじめて見て下さい。それでも改善しなかったら、当院に来て頂けたらと思います。

 

ではでは。

 

 

 

 

小麦粉アレルギーの治し方

こんにちは、秋澤順一です。

 

首のズレを取れば、ガンと骨折と虫歯以外、どのような症状も改善します!と言っているのですが、それだけでは病が改善して行かない人も中にはいるんですよね。

 

原因は色々あるのですが、例えば食べるものが良くなかったら当然病が改善して行かない場合があるんですよね。

 

もしくは、特定の食料に対して食物アレルギーがあったら、首のズレを取っても病が改善しない場合が時々あるんです。

 

例えば、小麦アレルギー。

小麦粉なんて、小さい頃から食べているわけだから、まさか自分が小麦粉アレルギーだなんて思ってもいない人がいるのではないでしょうか。

 

例えば妻も小麦粉アレルギーを持っていました。しかも、それに気づいたのはここ数年のこと。

 

自分達の施術で首のズレを取り、体の歪みのない状態を数年間続けていたのですが、どうしても妻は時々頭痛がでていたんですよね。

 

治るまでには時間がかかるから、そのうち改善すると思っていたのですが、1年経っても2年経っても時々頭痛を発症する。

 

何で改善しないんだろう、何で頭痛が起こるんだろと悩んでいると、ある時ふと気づいたのです。

 

そう、パンやパスタなど、小麦粉を食べたあとに頭痛が起こっていることを。

 

試しに1ヶ月ぐらい小麦粉を食べない生活をしてみました。すると見事に頭痛はおきなかった。

 

そして、試しにパンを食べてみるとすぐに頭痛がすぐに起こりました。こうして、小麦粉が原因で頭痛が起こっていたことがわったのです。

 

いや~何で今まで気づかなかったんだろう??不思議だ。

 

どうも妻は小さい頃から小麦粉アレルギーだったようです。

小さい頃から頭痛もちで、病院で精密検査をしても何も異常はなかった。

 

だから根本的に治す方法もなく、頭痛がひどい時は痛み止めを飲むぐらい。

 

子供の頃はずーと頭が痛かったようです。なぜなら実家での朝食は毎日必ず食パンだったから。。

 

何かつらい幼少期でしたね。両親も頭痛の原因がまさか小麦粉だなんて思いもしなかったでしょう。

 

普通小麦粉アレルギーと言ったら、体にブツブツが出来るとか、そういう話だと思いますよね。でも小麦アレルギーも人によって色々な症状が出るみたいですね。

 

そういえば、患者さんの中にも小麦粉がダメだった方が何人かいました。

 

例えばある患者さんが喉の詰まりというか違和感のようなものを訴えていました。

 

うちの施術を受けると肩こりや腰痛など色々なところは改善したんですけど、なぜかのどだけは多少は良くなるんですけど、すっきりしなかったんですよね。

 

そこで、もしかしたら小麦粉かもと思い、2週間ぐらい小麦粉を止めてみてもらうと、すっかり喉の詰まりがなくなったのです。

 

それからは、喉の詰まりを訴える方には小麦粉を2週間ぐらい取らない事をすすめています。

 

もちろん、小麦粉が原因ではない人も沢山いますので誤解のないように。こればっかりは小麦断食を試して見るしかわからないのです。

 

でも、小麦粉アレルギーだと判明してもそれはそれで辛いですよね。

 

パンも食べたいし、ラーメンも食べたい。私なんかは大好物のお好み焼きが食べれなくなったらいじけてしまいます。

 

まあ、ちょっと具合の悪くなるのを我慢して食べればいいのですが、それもなんだかね~

 

妻も小麦粉アレルギーで、小麦粉を食べると頭痛を起こしていました。

 

ですから小麦粉を使った料理を長い間、食べないようにしていたのです。

 

でもいつの日からか、小麦粉を食べても頭痛が起きなくなっていたのです。

 

その方法とは2週間毒出しプログラム。

 

2週間毒出しプログラムを詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

2週間毒出しプログラム

 

2週間毒出しプログラムのやり方を簡単に説明すると、アルコール、カフェイン、タバコを2週間避けて、毎日万能酵母を飲むと体が劇的によくなります。というもの。

 

その時に使うお勧めしているのが「酵母くん」という商品。

アマゾンでも楽天でも買えるので欲しい方は検索して見て下さい。

 

ただし、2週間毒出しプログラムを実行するのはかなりハードルが高くなります。毎日飲んでいるお茶を止めなければいけないのはもちろん、料理に使われている、料理酒やみりんも避けなければいけないから。

 

ですが、小麦粉アレルギーを治すぐらいでしたらそこまでストイックにやらなくても大丈夫。

 

万能酵母くんを毎日飲んで、そのあいだ小麦粉を使った料理を食べなければいいだけ。

 

期間はどのくらいだろうな~多分2週間ぐらいやれば効果が出てくると思うけど、念の為1ヶ月ぐらいやってみたらいいんじゃないかな。

 

酵母くんを飲む量は、1本のボトルの5分の1の量を夜寝る前に飲みます。

 

酵母くんは1箱に6本入っているので、30日分になります。1箱で約1ヶ月。

 

1箱2千600円ぐらい。

 

これで小麦粉アレルギーは解決出来るでしょう。

 

もちろん、他のアレルギーも解決出来ます。その事例は次回にしましょう。

 

あと妻はお刺身アレルギーと、牛乳アレルギーも持っていました。

 

お刺身を食べると体中にじん麻疹ができ、牛乳を飲むとお腹が痛くなったんです。

 

これも首のズレを取り、体の歪みを整えても治りませんでした。

 

このお刺身と牛乳アレルギーも酵母くんを毎日飲んでいるうちにいつの間にか治ったんですよね。

 

だから酵母くんは様々なアレルギーに効果があると思います。

 

しかし、1点だけ注意しなければいけない事があるんですよ。

 

それは、酵母くんを飲み続けていると、いつの日か効果がなくなってしまうということ。

 

妻も小麦粉、お刺身、牛乳のアレルギーがなくなって、しばらくの間はよかったのですが、いつの日かまたこれれらの物質にアレルギー反応を示すようになっちゃったんですよね。

 

ようは酵母くんを飲み続けると、毒素が酵母くんになれてしまって、効かなくなってしまうということ。

 

そんな時は、また別のサプリを使います。私たちの場合は「タヒチアンノニジュース」を使います。

これも楽天やアマゾンで買えるので欲しい方は検索して見て下さい。

 

ただ、ノニジュースは値段が高いんですよね。1本5千円ぐらい、1箱4本入っていて2万円弱ぐらい。

 

1回に飲む量はおちょこ2杯分ぐらい。

 

夫婦二人で1ヶ月で4本ぐらいになります。本当は一人で1ヶ月に4本飲むのが理想なんだと思いますが、値段が高いからね。うちでは結構ケチっています。

 

でも、このノニジュース。解毒の効果は酵母くんより断然高いんですよ。体感が全く違う。値段が高いだけのことはあります。

 

もちろん、このノニジュースも酵母くんと同じで、ずーと飲み続けていると効果がなくなってしまうんですよね。だから何ヶ月にいく日かは摂取しない日を作った方がいいんです。

 

その日数がまだよくわかんないんですけどね。

 

例えば、酵母くんを4ヶ月続けたら、ノニジュースを2ヶ月続けるとか。そんな感じで交互に飲むのがいいのではないでしょうか。

 

もしくはもう少し節約したかったら、酵母くんを5ヶ月続けてノニジュースを1ヶ月にするとか。

 

逆にお金持ちの方はノニジュースを4ヶ月続けて、酵母くんを2ヶ月にするとか。

 

アレルギーというのはアレルギーの毒素がその人の保持できる限界量を超えた時に症状がでるのだと思います。

 

だから例えば牛乳なら、牛乳がいままでは大丈夫だったのに、長い間飲んでいて、牛乳の毒素が溜まるタンクがいっぱいになって限界値を超えた時に発作がでる。

 

こんなイメージではないでしょうか。

 

それを解毒するサプリを使って一回体の中の毒素を全て排出する。すると毒を保有するタンクが空になって、そこからタンクがいっぱいになるまではアレルギーの症状がでなくなるのです。

 

そういえば、カイロプラクティックの教科書にアレルギーは治せないと書いてあったんですよね。。

 

でも、花粉症とかアトピーとかの人は改善していくのでアレルギーも治せるじゃん!と思っていたのですが。

 

花粉症もアトピーもアレルギーですよね。

 

教科書に書かれているカイロプラクティックで治せないアレルギーというのは食物アレルギー限定のことなのかな??まだまだ私たちの研究は続くようです。

 

次回はお客さんで食物アレルギーを改善した人の事例を紹介します。

 

ではでは。