花粉症の原因は排気ガス

4月になったのに寒い日が続きますね。

 

最近は雨やら風やら寒くてさんざんな天気ですが、かろうじて桜が残っている感じです。

 

花粉症は排気ガスが原因

 

雨の日は花粉が少なくて助かっていたのですが、雨が上がると大量の花粉で私もかなり苦しいです。

 

私も去年からとうとう花粉症になってしまいました。それまでは、多少目がかゆいかなと思う日が多少あるぐらいで、鼻とかは全然大丈夫でした。

 

それが、去年の春から、鼻水は延々と出るは、目はかゆくて赤く腫れあがっているはで大騒ぎです。

 

当整体のお客様も花粉症が改善された方が結構いるので、カイロプラクティックは花粉症にも効果があり、私はもう花粉症にならないものだとばかり思っていました。

 

ところが去年突然発症してしまったんですよね。でも私が花粉症になってしまった原因は多分、車の排気ガスの問題ではないかと思っています。

 

3年ほど前に今の賃貸マンションに引っ越したのですが、今までの環境と違って、車通りの多い道路沿いのマンションで排気ガスがすごいんですよね。

 

以前のブログにも書きましたが、排気ガスのせいで喉が常に痛い状態。最初は3階に住んでいましたが、あまりに空気が悪いので半年ほどで9階に引っ越したぐらいです。

 

9階に引っ越して普段の生活は何とかなるのですが、春になった時の排気ガスと花粉が混ざった空気がダメなようです。

 

私の花粉症はただの花粉症ではない、排気ガスが原因だという根拠もあります。

 

去年も今年も3月に長野の友人と山梨県で落ち合ってゴルフに行きました。花粉症なのにこの時期に山の中の花粉の巣に行くのは嫌だな~という気持ちもあるのですが、日程的に3月しか都合が付かなかったので2年続けて山梨県でゴルフをしました。

 

ところが、いざ山梨にいってみると全く鼻水が出ないんですよね。目もかゆくないし。今日は花粉が少ないのかなラッキーと思っていましたが、長野の友人は花粉症で目はかゆいし、鼻水は出るし、でくしゃみをしている。

 

私だけ花粉症の症状がでないんですよね。しかも2年連続で。

 

そして、ゴルフが終わって中央道を車で帰ってくると、国立インターを降りたとたんに鼻水が出てくる。花粉症の症状があらわれるんですよね。2年連続で。

 

国立インターを降りて、甲州街道へ向かう道がダメですね。あの大渋滞の車の排気ガスが、窓を閉め切った車の中にいてもダメ見たい。完全に私の場合はただの花粉症というより花粉に排気ガスがまざった状態が原因見たいです。

 

カイロプラクティックは自然治癒療法なので、自然界のものには適応出来るはずなんですよね。だから花粉も適応出来るはずなんです。

 

人間は誕生してから数十万年経過しています。その進化の過程の中でも人間は常に花粉と生活してきたわけですから、その花粉に適応できる体になているはずなんです。だからカイロプラクティックで自然治癒力を高めてあげれば花粉症は克服できるはずなんです。

 

対して、排気ガスはここ100年以内に誕生したばかりのもの。人間が進化する時間もないわけですから、排気ガスに自然治癒力で対応できるはずがないんですよね。

 

私の花粉症は車通りの少ない場所に引っ越せばすぐに解決しそうです。次に引っ越すときはきれいな空気のところにしよっと。

 

ではでは。